大阪 甘泉堂
2020.05.19

第16回 魅惑の“ふるふる&もちもち”食感! 子どもと一緒におうちで楽しめる!〈大阪・甘泉堂〉の「ふるふるミルクわらびもち」をお取り寄せ。

おうち時間が長くなるにつれ、そろそろおやつもマンネリ化していませんか?そこで、お子さまでも楽しめるちょっと変わったデザートとしておすすめしたいのが、今回お取り寄せした〈菓子香房 大阪・甘泉堂〉の「ふるふるミルクわらびもち」。わらびもちの材料である水の代わりに「牛乳」を使った、新感覚の和スイーツなんです。その気になる“ふるふる&もちもち食感”を、おうちで体験してみました!

高級感のある専用ボックスを冷凍便でお届け!

大阪の商店街にたたずむ〈菓子香房 大阪・甘泉堂〉は、毎日のおやつタイムを楽しく彩ってくれる個性豊かなスイーツを販売しています。今回は、“洋菓子みたいな和菓子”の「ふるふるミルクわらびもち」をお取り寄せしてみました!

高級感のある箱を開けると……
高級感のある箱を開けると……
ころんとした可愛らしい容器がお目見え!
ころんとした可愛らしい容器がお目見え!

私が頼んだのは、一箱に3種類のフレーバーが2個ずつ入った「ふるふるミルクわらびもち 6個入り」( 2,750円、税込・送料別)。冷凍便で届くため、発送日を含めて2週間保存しておけます。箱を開けると、カプセル型の可愛らしい容器が!これだけでテンションが上がってしまいますよね。

ふるふる&もちもち食感のわらびもちを3種類のソースで。

左から、「いちごミルク味」「マンゴープリン味」「カフェオレ味」。
左から、「いちごミルク味」「マンゴープリン味」「カフェオレ味」。
わらびもちにはソースがたっぷり絡まっています!
わらびもちにはソースがたっぷり絡まっています!

フレーバーは、「いちごミルク味」「マンゴープリン味」「カフェオレ味」の3種類。わらび粉、砂糖、新鮮なミルクをあわせて作られたもちもち食感のわらびもちに、フルーツソースやコーヒーフレッシュがたっぷりと絡めてあります。食べるには、冷蔵庫で12時間以上かけてじっくり解凍するんだそう。寝る前に次の日の食べる分を解凍しておけば、起きるのが楽しみになりますね!

楽しいデザートタイムの始まり!

大阪 甘泉堂
大阪 甘泉堂

まずは「いちごミルク味」からいただいてみます!わらびもちにたっぷりとかかった、とろとろのソースを絡めて一口。まずは、冷凍で届いたとは思えないほどぷるっぷる&もちもちの食感にびっくり!正直、見た目から牛乳プリンのような食感を想像していたのですが、きちんと“わらびもち”特有のもちもち食感。続いて、いちごのツブツブ感もありつつ、どこか懐かしさのあるソースの味わいも口の中に広がります。

大阪 甘泉堂
大阪 甘泉堂

次は、鮮やかな黄色が美しい「マンゴープリン味」。こちらは、マンゴーの王様「アルフォンソマンゴー」を贅沢に使った、マンゴープリンとわらびもちの融合スイーツ。マンゴーとパッションフルーツをあわせたソースは、果実感たっぷりの本格的な味わいです。噛みごたえのあるわらびもちと絡まることで、まるで本物の果実を食べているかのよう。おうちにいながら南国気分に浸れます!

大阪 甘泉堂
大阪 甘泉堂

最後は「カフェオレ味」を。わらび粉、牛乳、コーヒーで練り上げられたわらびもちに、コーヒーフレッシュでアクセントをつけています。カフェオレのまろやかで優しい甘さと、わらびもちのもちもち食感を同時に体験できるなんて、まさに新感覚!しっかりと食べ応えがあるので、コーヒーやカフェオレ好きの方には本当に食べてほしいデザートです。

新感覚の和スイーツでおうち時間を楽しもう!

大阪 甘泉堂

和菓子と洋菓子のいいとこどりをした「ふるふるミルクわらびもち」は、子どもから大人まで愛されるおやつだと感じました。もちもち&ふるふるの食感は、一度食べたら忘れられないかも……!これから徐々に暑くなるので、涼し気なわらびもちは、贈り物にもきっと喜ばれると思いますよ!

〈菓子香房 大阪・甘泉堂〉
■大阪府大阪市西成区花園南1-4-22 サンスーク商店街内
■06-6661-5403
■8:00~19:30、木8:30~19:00
■年始3日間休
公式サイト

稲垣恵美
稲垣恵美 / フリーライター

「北海道出身。食、お散歩、ゆるいもの、ライブなどが好きです」

稲垣恵美さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る