びっくりドンキー
2021.07.01

第103回 なっとう娘の「ねばログ」 気分はバイキング!?〈びっくりドンキー〉のハンバーグを納豆カスタム

鈴木真由子25歳。納豆が好きでライブ配信を趣味で始めたところから始まり、今の「なっとう娘」という活動を仕事にすることを決める。納豆のより幅広い楽しみ方を一人でも多くの方に届けたいという想いで始めたコラム、ぜひ覗いてみてください♪ 今回は〈びっくりドンキー〉のメニューを〈Uber Eats〉でデリバリーしました。

いつまでもわんぱくでいたい!〈びっくりドンキー〉@全国

びっくりドンキー

わんぱく納豆グルメを求め、〈びっくりドンキー〉のメニューを〈Uber Eats〉で注文。ポテトの黄色、ブロッコリーの緑、トマトの赤ほど心くすぐられる食べ物の配置ってあるのだろうか。

びっくりドンキー
びっくりドンキー
びっくりドンキー
びっくりドンキー

今回、一緒にハンバーグをより楽しませてくれる納豆はこちら。〈京都牛若納豆〉の「すずまる 極小粒 納豆」。ツヤっとした豆たちをひとしきり眺めて楽しんだら、ハンバーグに合わせる前に軽くほぐしていく。

びっくりドンキー

一気に納豆をかけると、ハンバーグと白米の喜びがこちらにも伝わってくるよう。これでこそ、ニッポンのハンバーグなのではないのだろうか。

びっくりドンキー

ジューシーな肉汁と納豆のまろやかなとろみ、コク深い味が混ざり合い、ひき肉と納豆の最高なコラボレーションが口の中で繰り広げられる。

びっくりドンキー

そこで欲しくなるのが、白米。この三者が口の中で織りなす旨味のセッションは、脳に直で轟かせるようなインパクトがある。ぺろっと1人前を平らげた私は、今度はハンバーグ白米共に増量して注文しようと心に誓ったのであった。

※納豆アレンジは筆者が独自に考案したもので、お店がおすすめしているものではありません。味についても個人の感想です。

〈びっくりドンキー〉

【なっとう娘から一言】
全国各地で愛される納豆を取り扱う、納豆専門ECサイト〈納豆天国〉がリリース!ぜひ、のぞいて見てもらえるとうれしいです♪

鈴木真由子
鈴木真由子 / 納豆インフルエンサー

「『納豆をもっと自由に!』をモットーに”納豆を食べることが仕事”のフリーランス。納豆に関するコラム執筆や納豆会社のSNS運用、飲食店のメニュー開発、大学機関との商品共同開発を手がける。活動の詳細はこちら。」

鈴木真由子さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る