写真1
2022.11.16

さあ、行くわよ? きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」第40回〜『旅慣れたLADYになったわよ』〜

きゃりーぱみゅぱみゅが「大人なLADY」を目指す日々を綴る連載。おかげさまで、話題沸騰です。第40回は「マイ枕」のお話。

『旅慣れたLADYになったわよ』

皆さま、ごきげんよう。旅に出るときは必ず“マイ枕”を持っていく、きゃりーぱみゅぱみゅです。かさばります。

写真1

でもね、これがあるかないかで全然違うんですよ。

以前、こちらの連載でも軽く触れたことがあると思うんですけど、私はかなり寝付きが悪いタイプです。何か気になってしまうと眠れなくなって、次の日に響いてしまいます。

なので、家で使っている枕もけっこうこだわっています。寝具屋さんに行っていろいろ試してみたら、高さは低めでわりと硬めのものが自分にはいい感じにフィットすることがわかって、厳選に厳選を重ねた結果、今はテンピュールの枕を使っています。

ただ、その枕に慣れてしまったせいで、新たな問題が起きてしまったんですね。ツアーやフェスで地方に行ったときに、ホテルの枕がいつもの枕と違いすぎて眠れなくなってしまったんです。

写真2

うちのテンピュールはツアー先に持っていくにはちょっと大きすぎるし、持ち運びのできるマイ枕がほしいなあ…。

そんなことをちょうど思っていたタイミングで、関西のテレビ番組『ごぶごぶ』から出演オファーがありました。

なんでもMCのダウンタウン浜田さんとゲームをして、それがクリアできたら、浜田さんから枕を買ってもらえるそうで、これは自分にとってまさに運命的企画! そう思って、ガチで挑ませていただきましたw

おかげさまで見事ゲームをクリア。それで関西の大型寝具屋さんで選びぬいた理想の持ち運び用枕を買ってもらいました…といっても、実際に浜ちゃんがその代金を払っている姿を目視してはいないので、“推定浜ちゃんが買ってくれた枕”という感じです。

写真3

今は、それをマイ枕として旅先で使っています。

マニフレックスというブランドの枕で、枕しか入らないトートバッグに入れて全国30公演回りましたし、アメリカのコーチェラフェスにも行きましたし、ついこないだのサンフランシスコも一緒に行きました。バリバリの一軍です。

ちなみに私は、マイ枕とシャンプー、ボディーソープ、化粧水、替えのコンタクトといった、いつも使うものをあらかじめセットにまとめて、それをキャリーケースにドスンと入れるだけで荷造り完了です。

そうしておくと、ほんとパッキングが楽になるんですよ~。ひとつひとつのセットはかさばってゴツくなるんですけど、基本的にそれを移し替えたり、組み合わせを変えるだけでOK。あとは、日数分の下着とか靴下を揃えるだけです。

いや~、我ながら旅慣れました。昔はツアー先のコンビニで、いちいち下着とか調達してましたからね。つくづく大人になったなあと思います。

それに最近ではマイ枕以外に、“マイパジャマ”も旅先に持っていってます。寝付き悪い勢にとって肌触りは超重要なので、ガーゼみたいな素材でできた、みんな大好き無印良品のパジャマを使っているんですけど、どこに行っても包まれてるかのような安心感があるんですよ。

それを3泊ごとに、もう1枚追加するという感じでキャリーケースに詰め込みます。性格上、どうしても3日以上同じパジャマを着続けるのは嫌なので、このやり方をしています。

写真4

そして、忘れちゃいけない“マイナイトキャップ”。『赤ずきん』で、おばあさんのフリをした狼がかぶってるやつです。これも私は普段使いとは別に、旅行用のものを先ほどのセットの中に入れています。

これがめっちゃいいんですよ~。私はブリーチのせいで髪の毛が切れやすくて、特に寝てるときに後頭部の髪が枕との摩擦で切れてしまうことが多いんですけど、ナイトキャップをかぶって寝ると、それがなくなるばかりか翌朝うるうるでしっとりした髪になります。

もちろんブリーチしていない髪でも、めっちゃサラサラになります。おまけに寝癖もつかなくなるし、朝の準備も時短できるのでまじでLADYにおすすめ。シルク素材なのに1200円くらいで買えるものもあります。

あとは、こいつらをホテルから無事回収できるか…ですね。今のところ大丈夫なんですけど、それがいつも不安です。海外だとなかなか回収することができなくなるので…。

特にマイ枕は、白い枕に白いトートバッグですからね。ベッドの上に置いておくと背景となじんでしまって、チェックアウトで部屋を出るときに忘れてしまう可能性が高いので、まずはこれを一番目立つところにかけてから、帰りの荷造りをするようにしています。

写真5
写真6
写真5
写真6

ほんと大人になるって、段取りができるようになるってことなんだなあと思います。どこにいても普段の力を出せる環境を自分で作る。その段取り超重要。

でもそれを言ったら、今回のサンフランシスコ遠征中にバッグを失くしかけてしまった私は、まだまだ子どもということなのかもしれません。

“マイ”たちが入ったキャリーケースはちゃんと持ち歩いていたのに、パスポートとかクレカとか財布とか全部入ってる肝心のバッグのほうを、うっかり置き忘れてしまったんですよね…。しかも2回。マネージャーさんにガチめで怒られました。

ほんと私の海外あるあるなので、次はこれをなんとかしたいです。

過去の連載はこちら

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る