IMG_7814
2021.09.11

極厚のおあげが食べたい! まるでステーキのような食べ応え!福井の老舗〈谷口屋〉の「太白おあげ」をお取り寄せ。〜眞鍋かをりの『即決!2,000円で美味しいお取り寄せ』~

予算は即決価格の2,000円以内!眞鍋かをりさんがネットで見つけた美味しいお取り寄せ商品を紹介する本連載。今回は〈谷口屋〉の「太白おあげ」です。

IMG_7797
IMG_7799
IMG_7800
IMG_7797
IMG_7799
IMG_7800

今回は、私が福井に仕事で行った際に購入して、惚れ込んでしまった一品をおとりよせしました。福井って、美味しいものの宝庫ですよね。日本海の幸も最高だし、お米もお酒も美味しい…行くたびに、お土産をずっしり抱えて帰ることになります。中でも私が惚れ込んだのが、地元で古くから「竹田のおあげ」として親しまれている、〈谷口屋〉さんのおあげです。いくつか種類があるのですが、九鬼太白胡麻油という高級胡麻油100パーセントで揚げた「太白おあげ」は、なんとも言えず上品で香ばしい味わいなのです。

IMG_7803
IMG_7805
IMG_7803
IMG_7805

一枚650円。おあげにしてはお高いですが、とにかく大きくて分厚い!持った感じもずっしりしています。油抜きをする必要はなく、袋から出したらオーブントースターかフライパンで焼くだけ。実物のを見ると、その大きさに圧倒されます!一辺が約15センチほどもあり、厚さは3.5センチ以上。油をしかずに、そのままフライパンで両面を焼いていきます。

それではいただきます。

IMG_7806
IMG_7808
IMG_7806
IMG_7808

表面がカリッとしたら、お好みで大根おろしや薬味をのせ、醤油を少したらして出来上がり。外はカリッと中はふわふわ。しっかりとした大豆の旨みと、太白胡麻油の香りがたまりません。食べ応えも抜群です。

IMG_7814

醤油もいいですが、ポン酢でサッパリといただくのも最高です。ビールのおともにもピッタリ。ボリュームがあるので、これひとつでメインディッシュ級の満足感。こんなおあげ、食べたことない…!これを食べたら、もう普通のおあげに戻れないかも。福井ではその辺のスーパーでも売ってたりするんでしょうか?こんな美味しいおあげがいつでも買えるなんて、福井県民が羨ましくなってしまう極上のおとりよせでした。

[#Beginning of Shooting Data Section]
画像サイズ:L (4928 x 3280), FX
2017/10/04 11:00:23.59
地域と日時:UTC+9, 夏時間の設定:しない
ロスレス圧縮RAW (14-bit)
Nikon D4S
レンズ:VR 70-200mm f/2.8G
焦点距離:135mm
フォーカスモード:AF-C
AFエリアモード:シングル
手ブレ補正:OFF
AF微調節:する(0)
絞り値:f/4.5
シャッタースピード:1/250秒
露出モード:マニュアル
露出補正:0段
露出調節:
測光モード:スポット測光
ISO感度設定:ISO 400
フラッシュ名:
ホワイトバランス:色温度(5000K), 0, 0
色空間:Adobe RGB
高感度ノイズ低減:しない
長秒時ノイズ低減:しない
アクティブD-ライティング:しない
ヴィネットコントロール:標準
自動ゆがみ補正:しない
ピクチャーコントロール:[NL] ニュートラル
ベース:[NL] ニュートラル
クイック調整:-
輪郭強調:2
コントラスト:0
明るさ:0
色の濃さ(彩度):0
色合い(色相):0
フィルター効果:
調色:
仕上がり設定:
カラー設定:
階調補正:
色合い調整:
彩度設定:
輪郭強調:
緯度:
経度:
標高:
高度の基準:
方位:
UTC:
測地系:
[#End of Shooting Data Section]
眞鍋 かをり / タレント

「1980年生まれ。横浜国立大学在学中からタレント活動を始め、ブログ執筆が話題となり「元祖・ブログの女王」と呼ばれる。現在はタレント活動と子育ての充実した毎日を送る。一人旅とチーズとワインが好きで、チーズについては「C.P.A チーズプロフェッショナル」という資格も持っているほど。眞鍋かをりオフィシャルブログ http://blog.livedoor.jp/kaworimanabe/

眞鍋 かをりさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る