cafeandbaroku5
2021.05.08

第89回 インスタグラマーきょんさんの京都カフェ案内! ホテル併設カフェ〈cafe&bar oku〉へ。和の空間美に包まれたカフェ時間を過ごそう。~カフェノハナシ in KYOTO〜

いつもどこかのカフェで過ごしているという、インスタグラマーきょんさんが、京都のカフェ&喫茶店をご案内。そこで見つけた「ここにきたらぜひオーダーしたい一皿!」を、ピックアップ。今回は、4月20日に開業した〈hotel tou nishinotoin kyoto〉併設の〈cafe&bar oku(カフェ&バー オク)〉を訪れました。

4月20日に開業した〈hotel tou nishinotoin kyoto〉。併設の〈cafe&bar oku(カフェ&バー オク)〉では老舗茶屋の抹茶や、京都では初の取り扱いとなるスペシャルティコーヒーロースターの豆を使って淹れる珈琲が楽しめます。また、ホテル利用者以外も利用できる朝食や、卵サンドなどの軽食メニューもあり。併設感を微塵も感じさせない奥ゆかしい空間でひとときを過ごすことができます。

cafeandbaroku1
cafeandbaroku2
cafeandbaroku3
cafeandbaroku4
cafeandbaroku1
cafeandbaroku2
cafeandbaroku3
cafeandbaroku4

光と影が演出する"奥ゆかしい"カフェ空間。日本庭園が眺められる座敷もあり。

専門と専門が奏でる味わいを、和の空間美に包まれて楽しむ。

「フラットホワイト」660円「抹茶ラテ」770円
「フラットホワイト」660円「抹茶ラテ」770円

ニュージーランド発のロースター〈Allpress Espresso(オールプレス・エスプレッソ)〉のスペシャルティコーヒーが味わえるのもここならでは。京都では初のショップインショップとなるそうで、フラットホワイトやロングブラックといった味わい方も。また、京都の老舗日本茶専門店〈一保堂茶舗(いっぽどうちゃほ)〉の"京銘茶"と共演した抹茶ラテもあり。

「大栄製玉 だし巻き卵サンドイッチ」990円
「大栄製玉 だし巻き卵サンドイッチ」990円

だし巻き卵と大正2年創業老舗ベーカリー〈進々堂(しんしんどう)〉のパンを合わせたオリジナル卵サンド。食感、風味、香り、それぞれの豊かさが足並みを揃えて歩み寄ってくる仲の良さ。添えられたお漬物を合わせていただくと、和テイストの塩っ気が加わり、より一層奥ゆかしい味わいが生まれます。この旨味に相乗効果を生むドリンクとして、珈琲ももちろんいいけれど、個人的には抹茶ミルクを推したいところ。

「和朝食」2,200円
「和朝食」2,200円

朝7時〜9時半までの間は朝食メニューの提供も。京の米老舗「八代目儀兵衛」の米を使用した"おかいさん"中心の和朝食は、焼き魚や汁物なども付いた理想的日本の朝ごはんと言える構成に。ホテルに宿泊された方はもちろん、ふらっと立ち寄って朝時間を楽しむ、なんて利用も可。ホテル併設のカフェと聞いて思い浮かべるイメージを、ことごとく覆されちゃいました。一言では言い表すことができない魅力が空間、空気感、食、それぞれに詰まっていて、従来の"併設"という固定概念を超えた新たな可能性を広げてもらったような気がします。取材を通して説明を受ける中で、"なるほど、そういう意図だったのか!"なんて発見もまたたくさんあったり。細部に息づく奥ゆかさに気づける感性をもっと磨いていこうと、心の中でそっと誓いました...。

〈cafe&bar oku〉

cafeandbaroku8

■京都府京都市下京区西洞院通花屋町下る西洞院町455
■モーニング 7:00〜9:30 L.O. カフェ&バー 11:30〜16:30(16:00L.O.)無休

きょん
きょん / インスタグラマー&キュレーター

「関西を中心に全国のカフェ情報をインスタグラムにて発信中。 ほぼ毎日どこかのカフェで過ごしてます。」

きょんさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る