名称未設定 1のコピー
2019.06.27

第4回 コンビニスイーツとのペアリング Vol.3 〜洋菓子編〜【バーボン連載第4回】 バーボン×コンビニスイーツの絶品ペアリング!ウイスキーと洋菓子のペアリングをご紹介。

コンビニで手軽に買えるバーボンとスイーツのペアリングを検証する本企画、第3弾は「洋菓子」編。「間違いなく合うのでは?」と考えていた私でしたが、予想を裏切る意外な結果に...!

使用するバーボンはこちら!

スクリーンショット 2019-06-17 17.59.06

使用するバーボンは、前回同様「メーカーズマーク」「ジムビーム」の2種類。(■前回の記事はこちらから。)
※違いをわかりやすくするため、同じアメリカンウイスキーに分類されますが、バーボンとは異なる産地・製法のテネシー・ウイスキー「ジャックダニエル」も番外編としてラインナップに加えています。

1.〈ファミリーマート〉の「スフレ・プリン」×「バーボン&テネシーウイスキー」

「スフレ・プリン」(278円・税込)
「スフレ・プリン」(278円・税込)

「スフレ・プリン」は、ふんわり食感のスフレとプリンが楽しめるハイブリッドスイーツ。中層のキャラメルソースがアクセント!

スクリーンショット 2019-06-24 19.09.51

カスタードプリンのコク深い甘さとスフレの酸味、カラメルのビターな香ばしさが「ジャックダニエル」の甘みやキャラメルの香りとちょうどよくマッチ!一方、「ジムビーム」はカラメル部分単体とは合うものの、全体としてはあまりバランスが取れていない印象。「メーカーズマーク」はウイスキーの主張が強くなってしまい、△でした。

2.〈ローソン〉の「バスク風チーズケーキ」×「バーボン&テネシーウイスキー」

「バスチー(バスク風チーズケーキ)」(215円・税込)
「バスチー(バスク風チーズケーキ)」(215円・税込)

「バスチー(バスク風チーズケーキ)」は、クリームチーズと牛乳に北海道産生クリームを加え、なめらかで濃厚な仕上がりを実現したチーズケーキです。表面と底面の焦がしカラメルが好相性。

スクリーンショット 2019-06-24 19.10.33

濃厚なチーズの余韻を、「ジムビーム」がさらに彩る...まさに、今まで試してきた中でも最高のマリアージュでした。カラメルやバニラの香味が相性抜群です。「メーカーズマーク」も合いました。「ジャックダニエル」は、ウイスキーの主張が強くなってしまい△。

3.〈セブンイレブン〉の「ガトーショコラの生チョコ包み」×「バーボン&テネシーウイスキー」

「ガトーショコラの生チョコ包み」(115円・税込)
「ガトーショコラの生チョコ包み」(115円・税込)

「ガトーショコラの生チョコ包み」は、もっちりしたチョコ生地になめらかな生チョコを包んで焼き上げたスイーツ。

スクリーンショット 2019-06-24 19.11.27

ガトーショコラの優しく、ほろ苦い甘さと「ジムビーム」の香味やまろやかさが抜群に合います。「ジャックダニエル」、「メーカーズマーク」とも相性がよかったので、『まずはじめに試してみたい!』というビギナーの方にもオススメの組み合わせです。

☆前回の「バーボンとコンビニスイーツが絶品!ウイスキーと和スイーツのペアリングをご紹介。」はこちらから
☆連載『バーボン大好き!バーボン女子がお手伝い!おいしいバーボン、事始め』のまとめページはこちらから

高橋まりな
高橋まりな / ライター

「3年前からバーボンに夢中!日夜バーボンのおいしい飲み方を研究中。一人でも多くの人と乾杯するための我が人生。」

高橋まりなさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る