食パントースト400円。イートインメニュー。
2021.05.02

第1回 「まだ見ぬパン屋さんへ。」by Hanako1192 小学校教員を辞め、パン屋の道へ。大都会エリアに現れた、薪窯パン屋〈パン屋 塩見〉。

パンラボ・池田浩明さんによる、Hanako本誌連載「まだ見ぬパン屋さんへ。」を掲載。2020年11月、東京23区内では珍しい薪窯を備えた〈パン屋 塩見〉が誕生しました。薪窯パンの味は通常のオーブンとはちがう格別なものです。開店までにかけた歳月はなんと4年。店主は薪窯の何に突き動かされたのでしょう。

薪窯でパンを焼く理由は”楽しいから”です。

店主の塩見聡史さん。修業先である沖縄の薪窯パン屋〈宗像堂〉で卒業記念にもらったピールを手に。
店主の塩見聡史さん。修業先である沖縄の薪窯パン屋〈宗像堂〉で卒業記念にもらったピールを手に。

小学校教員を辞め、向かった沖縄。塩見聡史さんはそこで運命的に薪窯に出会った。日本中にその名を轟かせる〈宗像堂(むなかたどう)〉で火に向かい、沖縄の菌で醸した生地に触れる日々は「楽しいことしかなかった」という。東京での修業を経て、独立しようとしたが迷走。物件が見つからない。薪が入手できない。近隣の理解を得られない。自分が焼きたい自家製発酵種のハード系を買ってもらえる自信もなくなり、鬱状態に。沖縄や地元・小田原などを探しつづけて4年。薪窯といえばへき地が普通なのに、探し当てた物件は大都会エリア。薪窯も自分で作った。大型トラックも入れない都会の路地裏に作るのは難事業。耐火煉瓦10tを、軽トラックを運転して運び込むこと、1日2往復2日間。人海戦術で荷台から下ろし、そのあとは自分で1個1個手積み。窯の扉やハンドルは30軒もの鉄工所に電話し、作ってもらえるところを探した。

カンパーニュ1,600円、食パン850円、そのほか不定期商品が出ることもある。
カンパーニュ1,600円、食パン850円、そのほか不定期商品が出ることもある。
食パントースト400円。イートインメニュー。
食パントースト400円。イートインメニュー。
カンパーニュ1,600円、食パン850円、そのほか不定期商品が出ることもある。
食パントースト400円。イートインメニュー。

ようやくオープン。朝からたったひとり薪をくべ、火をつけ、100キロもの生地を手でこねる。パンの発酵に窯の温度が追いつかないことに焦ったり(電気オーブンならボタンひとつ)。接客に、窯に、仕込みにと、一日があっというまに過ぎる。なぜそこまでして薪窯を?熱がしっかり、生地の中心に伝わることなどメリットはさまざまだが、「自分も考えてみるんですけど、結局楽しいからなんですよね」。その甲斐あって、このトースト。ざっくざっくと耳が奏でる音楽。おもちみたいな中身のトランポリン。薪窯でなければ、この味、この食感にはならない。彼方の山の中からお取り寄せするのではなく、ほかほかの熱が冷めやらないのを手渡しされる薪窯パン。塩見さんの熱までいっしょに受け取って。大都会の薪窯パン屋、最高じゃないか。

〈パン屋 塩見〉

〈パン屋 塩見〉

高層ビル街のそばにある薪窯パン屋。カンパーニュと食パンがメイン。自家製ルヴァン種、無農薬の小麦使用。
■東京都渋谷区代々木3-9-5
■03-6276-6310
■12:00~18:00(売り切れ閉店)水木休
■4席/禁煙

池田浩明(いけだ・ひろあき)/パンラボ主宰。パンについてのエッセイ、イベントなどを柱に活動する「パンギーク」。著書に『食パンをもっとおいしくする99の魔法』『日本全国 このパンがすごい!』など。 ■パンラボblogpanlabo.jugem.jp

(Hanako1192号掲載/photo&text:Hiroaki Ikeda)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る