f67ad96f12f81f15b2a7824948722f89
2019.03.12

品川の御殿山は、知る人ぞ知る桜の名所!“大人女子流お花見”を楽しみましょ。 〈東京マリオットホテル〉で“お花見”を楽しめる『Gotenyama “Sakura” Moment』。

〈東京マリオットホテル〉では3月1日から4月26日まで、『Gotenyama “Sakura” Moment(御殿山 桜 モーメント)』をホテル1階レストランの〈ラウンジ&ダイニングG〉で提供開始。スタイリッシュな3段重に詰められたランチボックスを、屋外の「SAURA テラス」で楽しめます。美しい桜を愛でながら、優雅なランチタイムを過ごしてみませんか?

江戸時代から桜の名所として知られる御殿山。

同ホテルが立地する御殿山は、江戸時代から桜の名所として知られている。
同ホテルが立地する御殿山は、江戸時代から桜の名所として知られている。

ホテル1階レストラン〈ラウンジ&ダイニングG〉の屋外テラス席からは、歴史ある御殿山の桜や豊かな自然など、葛飾北斎や歌川広重の浮世絵の題材にもなった風光明媚な風景を眺められます。

テラス席はゆったり50席。どこの席からも桜を眺めることができる。
テラス席はゆったり50席。どこの席からも桜を眺めることができる。
『Gotenyama “Sakura” Moment(御殿山 桜 モーメント)』をテーマにした三段重ランチボックス。
『Gotenyama “Sakura” Moment(御殿山 桜 モーメント)』をテーマにした三段重ランチボックス。

桜の季節限定のランチボックスは、保温スープジャーで提供。スープは「あさりとキャベツのコンソメスープ 」。華やかな三段のお重スタイルなど、箱を開ける前からワクワク!お花見気分が楽しめます。

旬菜旬魚の彩りが美しい「一の重」。

どれから食べようかな?会話も弾むランチボックス。
どれから食べようかな?会話も弾むランチボックス。

蓋を開けるとふんわりと“春”が香る重箱の中身は、彩り豊かなひとロサイズの品々が。
いろいろなお料理やデザートをちょっとずつ食べたい女子のココロを満たす、素敵なランチボックスです。

鮮やかな色合いが春の訪れを演出。ホテルレストランならではの気品が漂う。
鮮やかな色合いが春の訪れを演出。ホテルレストランならではの気品が漂う。

まずは「一の重」。
魚貝を使ったひと口サイズの料理が詰められています。
【一の重】
・桜鯛のビーツマリネの手毬寿司 キャビアを添えて
・桜鱒のポワレ桜えびとともに
・房総ハマグリのオランデーズソース焼 木の芽香り
・オマール海老 タルタル仕立て

まず目に飛び込んでくるのが「桜鯛のビーツマリネの手毬寿司 キャビアを添えて」。
まず目に飛び込んでくるのが「桜鯛のビーツマリネの手毬寿司 キャビアを添えて」。

ビーツとマリネして、鮮やかなピンク色に染まった「桜鯛の手毬寿司」。キャビアと金箔があしらわれた贅沢な逸品。

北海道産の桜鱒は桜海老との相性がとても良い。
北海道産の桜鱒は桜海老との相性がとても良い。
オマール海老の下に、細かく切ったオマール海老のタルタルが隠れている。
オマール海老の下に、細かく切ったオマール海老のタルタルが隠れている。
「房総ハマグリのオランデーズソース焼 木の芽香り」は、お酒がすすむ逸品。
「房総ハマグリのオランデーズソース焼 木の芽香り」は、お酒がすすむ逸品。

山菜や春野菜など味覚で春が味わえる「二の重」。

青森産ブランド鶏を使用した「桜姫鶏のガランティーヌ」。
青森産ブランド鶏を使用した「桜姫鶏のガランティーヌ」。

お次は「二の重」。
お肉や山菜など、洋食を中心としたお料理が詰められています。

【二の重】
・桜姫鶏のガランティーヌ
・牛頬肉の赤ワイン煮込み
・黒樺牛の冷製ローストビーフ旬の筍グリル
・旬の山菜と春野菜

うるいや菜の花などの春野菜のサラダは、マスタードヴィネグレットドレッシングをかけて頂く。
うるいや菜の花などの春野菜のサラダは、マスタードヴィネグレットドレッシングをかけて頂く。
トロトロに煮込まれた「牛頬肉の赤ワイン煮込み」。
トロトロに煮込まれた「牛頬肉の赤ワイン煮込み」。
「旬の山菜」はタラの芽・ふきのとう・こごみのフリット。
「旬の山菜」はタラの芽・ふきのとう・こごみのフリット。

ふんわりと香る春をスイーツで味わう「三の重」。

「桜のロールケーキ」は、なんとあんこ入りで“桜餅風”に作られている。
「桜のロールケーキ」は、なんとあんこ入りで“桜餅風”に作られている。

そしてお楽しみの「三の重」はデザート。
パティシエこだわりのデザートを5種類楽しめます。
【三の重】
・日本酒と桜のジュレ
・桜のフロマージュ ブランムース
・桜餡のフィナンシェ
・桜のロールケーキ
・ライムとホワイトチョコのタルト

グリオットチェリーのコンポートが入った「桜のフロマージュ ブランムース」。
グリオットチェリーのコンポートが入った「桜のフロマージュ ブランムース」。
大吟醸を使用したジュレと、桜ジュレ。2つの食感と味が楽しめる「日本酒と桜のジュレ」。
大吟醸を使用したジュレと、桜ジュレ。2つの食感と味が楽しめる「日本酒と桜のジュレ」。
タルトの上に飾られているのは、桜の花びらを模ったゆり根のシロップ煮。
タルトの上に飾られているのは、桜の花びらを模ったゆり根のシロップ煮。

「ライムとホワイトチョコのタルト」は、桜やべリー系風味が続くのでライムで味の変化が楽しめる箸休め的なデザート。

春の味覚を「桜」のカクテルで楽しむ。

桜のをテーマにしたカクテル。
桜のをテーマにしたカクテル。

『GOTENYAMA SAKURA MOMENT』と合わせて春を楽しめる桜テイストの「SAKURA COCKTAIL」(左 / 1,800円)の他に、3月18日から、香りに関するプロダクトで人気の〈SWATi〉による“御殿山の桜をイメージして調合した香りとのコラボレーション”が楽しめる2種のオリジナルカクテルも提供。

「SAKURA COCKTAIL」1,800円。
「SAKURA COCKTAIL」1,800円。

優しい甘さの桜リキュールとレモンの酸味のバランスが爽やかなカクテルは、料理との相性もピッタリ。

「雅〜Miyabi〜」1,500円。
「雅〜Miyabi〜」1,500円。

「雅〜Miyabi〜」(1,500円)は、桜の葉をブレンドしたフレーバーティーと緑茶の味わいを日本酒にインフュ一ジョンし、クランベリージュースで割った和テイストのカクテル。添えられた穂紫蘇を浮かべて香りを楽しんで。

「Sai〜彩〜」1,500円。
「Sai〜彩〜」1,500円。

芳醇なチェリーブランデーと桜リキュールのゼリーが華やかな大人カクテルの「Sai〜彩〜」(1,500円)は、御殿山の桜をイメージして作られた桜フレーバーフルーツティーをフォームミルクにアレンジ。香り豊かな一杯です。

特別メニューと共に春らしいオリジナルカクテルを味わってみてはいかが?

『Gotenyama“SAKURA”Moment (御殿山サクラモーメント)』概要
■期 間:2019年3月1日(金)~ 4月26日(金)
■時 間:12:00~17:00(2名様より予約制)※悪天候時は室内での提供
■料金:1名様5,500円※税サ別
■予約・問い合わせ:ラウンジ&ダイニング G TEL 03-5488-3929
公式サイト

葉月 遊
葉月 遊 / フリーライター、カメラ、デザイン

「雑誌やWebで執筆。昭和レトロやアンティークなど、ノスタルジックなものが好き。」

葉月 遊さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る