大きくて、おいしくて、美しい!三拍子そろった三ツ星いちご「スカイベリー」の魅力をハナコラボが堪能してきました!!
【PR】 2019.03.06

ハレの日のいちごとして大人気! 大きくて、おいしくて、美しい!三拍子そろった三ツ星いちご「スカイベリー」の魅力をハナコラボが堪能してきました!!

「いちご王国・栃木」だけで作られている「三ツ星いちご」を知っていますか?大きくて、美しくて、おいしいと三拍子揃った品種、その名も「スカイベリー」です。今回は収穫真っ最中の栃木県に向かい、スカイベリーを贅沢に使ったフレンチを食べ、観光農園でのスカイベリー摘みやプレゼントアレンジメントまで体験できる、いちご好きにはたまらない夢のようなバスツアーに参加しました。(PR/栃木県)

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

ハナコラボを代表してスカイベリーの魅力を体験してくれたのはこのメンバー!

フリーランスPRの福本敦子さん

「三ツ星いちご・スカイベリーを味わい尽くす旅」という胸ときめくツアーに参加してくれたのは、ハナコラボメンバーの福本敦子さん。「いちごはビタミンCが豊富で美容にもいいので大好き。スカイベリーは都内でも限られた場所しか出回らないという希少品種。今回はいろいろな楽しみ方ができるそうなのでワクワクしています」と話してくれました。

旅の始まりは東京・新宿から。ここで、ラグジュアリーな女性向けバス「fufufu」のボヌール号に乗り、栃木県宇都宮市へ。

まずはスカイベリーを使ったコース料理を堪能!

あちこちに”スカイベリー”の文字が並ぶメニュー表

最初に到着したのは宇都宮市の中心部に位置する〈ホテル東日本宇都宮〉。その最上階、フランス料理店〈パルテール〉で、スカイベリーを使った贅沢なコース料理をいただきます。

シェフの石川二郎さん

ジューシーで大粒、上品な甘さとまろやかな酸味のスカイベリーをデザートとしてだけではなく、肉や魚、野菜と巧みに組み合わせてコースを構成したという石川シェフ。「どんな料理が出てくるんだろう?」と期待が高まります。

彩り豊かなスカイベリー料理が続々と!

アペリティフはスカイベリーのノンアルコールカクテル

まず運ばれてきたのは、ピンクのグラデーションが美しいスカイベリーのノンアルコールカクテル。甘酸っぱいスカイベリーソースとトニックウォーターを合わせた喉ごし爽やかな一杯です。

スライスしたスカイベリーがグラスの中で優雅に浮かぶ

収穫した6割以上が25g以上になるというスカイベリー。スライスした状態でもグラスの中で抜群の存在感を放ちます。

春の訪れを予感させる一皿

前菜はスモークしたサーモンとえび、アボカド、スカイベリーの果肉を混ぜ合わせたメリメロ。フレッシュないちごと魚介、野菜がそれぞれの旨味を引き立てあいます。

ふわふわのカプチーノが浮かぶポタージュ

栃木県産の蕪と北海道産の百合根のポタージュはスカイベリーのカプチーノ仕立て。軽やかな口当たり、まろやかな旨味が口いっぱいに広がります。真っ白なポタージュにスカイベリーのピューレが華やかな色を添えます。

メインはブランド豚のロティとフォアグラにスカイベリーのソース!

ジューシー&フレッシュな味わい

メインディッシュは、栃木県上川町にある〈黒澤牧場〉の「やんちゃ豚」のロティと分厚いフォアグラのポワレ、そこに寄り添うのはヴィネガーとスカイベリーのカストリクソース。「肉の旨味がじゅわんと広がり、その後からスカイベリーの甘酸っぱさが追いかけてくる。このコンビネーション、最高です」と福本さん。

高級食材をふんだんに使用したメインディッシュに思わず笑みがこぼれます
お待ちかねのデセールは3種盛り合わせ

スイーツ3種類を盛り合わせたプレート。爽やかなとちおとめのシャーベットはチョコレートコーンに合わせて。乾燥させたスカイベリーを合わせたパンナコッタのパフェ、ジューシーなスカイベリーが入ったプチシューが麗しく並んでいます。「凍らせたり、ドライにしたり。いちごの食べ方にもいろいろあって楽しいですね」と福本さん。

スカイベリー尽くしのコースにご満悦。

ドリンク、前菜、メインにデザートまで、さまざまな方法でスカイベリーを堪能できるフレンチのコース。大粒の状態を丸ごと食べられるだけでなく、サイコロ状にカットしたり、スライスにしたりして食感の違いも楽しめました。

農園に移動して、待望のスカイベリー摘み!

スカイベリーの生産日本随一の規模を誇る〈いちごの里〉。右はツアーに同行してくれた〈いちご研究所〉の研究員、鶴見さん。

コースを堪能した後は、お楽しみのスカイベリー摘みへ。ちなみに栃木県内でもスカイベリー狩りを実施しているところはまだ多くはありません。今回向かったのは、100棟のビニールハウスでスカイベリーを育てる〈いちごの里〉。ここで、旬を迎えたスカイベリーを30分間好きなだけ食べることができます。

大粒できれいな円すい形がスカイベリーの特長。大きく真っ赤に実ったいちごは見ているだけでうっとり!

いちごの新品種が生まれる確率は十万分の一。とちおとめよりも大粒で、食味が良く、収量性がいいものを目指して約 900の組み合わせを交配。17年かけて10万株以上の中から選抜したのがスカイベリーなんだそう。

「とびきり大きいいちごを見つけました!」
完熟いちごは見るだけでよだれが出そうです
どうですかこの大きさ!

ハレの日にピッタリ!フラワーブーケとギフトラッピングも。

お花とスカイベリーでブーケ作りに挑戦!

スカイベリー摘み放題を満喫した後は体験ハウスに移動して、スカイベリーを使ったアレンジメントワークショップに参加しました。

想いを込めて春らしいブーケに

ウエディングフラワーアレンジの第一人者として知られる渡辺俊治さんが講師として登場。バラやスイートピーなど愛らしい花々を組み合わせ、その中央に大粒のスカイベリーを配置して特製アレンジメントが完成。いちご摘みで自ら見つけ出したお気に入りのスカイベリー一粒をオリジナルBOXに詰め、大切なひとへの贈り物として持ち帰れるようラッピングも行いました。

スカイベリー、贈り物にもぴったり!

最後は、自分で作ったブーケとプレゼントBOXを抱えて、ハウス内の特設フォトブースで撮影!

スカイベリーの魅力をたっぷり味わえて大満足。持って帰ってさらに大満足。1日を通して、スカイベリーづくしのツアーを楽しんだ福本さんでした。

スカイベリー情報はこちらから

■スカイベリーの情報は公式サイトからチェック!
https://www.tochigi-skyberry.jp

編集部

大きさ、おいしさ、うつくしさの三拍子そろったスカイベリーに感動しました!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る