原宿THE FLAT〈Bean to Home by Pierre Marcolini〉
2019.01.26

甘くて濃いチョコレートをゆっくり楽しめる! 〈ピエール マルコリーニ〉初の期間限定SHOPで、巨大チョコレートブロックを試食。

〈ピエール マルコリーニ〉の世界観を体験できる、初の期間限定ショップ〈Bean to Home by Pierre Marcolini〉が原宿THE FLATにて開催!期間は1月25日(金)から27日(日)まで。その場で試食できる巨大チョコレートブロックが設置されているので、この機会にこだわりがいっぱい詰まったスペシャルなチョコレートを堪能しましょう。

期間は3日間!〈ピエール マルコリーニ〉初の限定SHOPが原宿に。

原宿THE FLAT〈Bean to Home by Pierre Marcolini〉

〈ピエール マルコリーニ〉を感じることができる期間限定SHOPが、原宿にて開催されるとのことで、一足お先にお邪魔させていただきました!

原宿THE FLAT〈Bean to Home by Pierre Marcolini〉

Bean to Barの先駆者として挑戦し走り続け、25年を迎える〈ピエールマルコリーニ〉。「Simple as Art(アートのようにシンプル)」を新たなブランドコンセプトに、創業以来使用してきたカカオポッドのロゴを、モダンで洗練された新しいロゴに一新!
五感を刺激し感動を与えるチョコレートを作りたいという、ピエール マルコリーニさんの思いが込められてます。

2階では、目黒〈Kabi〉による限定スイーツを提供。

目黒にある人気レストラン〈Kabi〉のシェフ、ソムリエ、パティシエによる、〈ピエール マルコリーニ〉のオリジナルクーベルチュールを使ったスイーツを日替わりで提供!

溶かしたクーベルチュールに生クリームや備長炭オイルを加え、ガナッシュ状にしたスイーツ「備長炭ガナッシュ」1,500円、250個 限定。
溶かしたクーベルチュールに生クリームや備長炭オイルを加え、ガナッシュ状にしたスイーツ「備長炭ガナッシュ」1,500円、250個 限定。

食べる直前に山椒をのせて、お好みでホットミルクやホットウイスキーをかけてドリンクにしてもよし。口の中で異なる温度が溶け合い、幸せいっぱいな気持ちになれそう。

「黒豆のチョコレートケーキ/柚子と焙じ茶のチョコレートクッキー/発酵ベリーのチョコレートマカロン」1,500円、250個 限定。
「黒豆のチョコレートケーキ/柚子と焙じ茶のチョコレートクッキー/発酵ベリーのチョコレートマカロン」1,500円、250個 限定。

〈kabi〉の代名詞でもある発酵をさせたベリーが入ったマカロン、柑橘とお茶の香りが和を感じさせるクッキー、ふっくらとした黒豆としっとりとした食感が新しいケーキのスペシャルな詰め合わせです。

「菊芋チョコチップス」1,200円、200個 限定。
「菊芋チョコチップス」1,200円、200個 限定。

薄くスライスした菊芋のチップスに鹿味噌を塗り、クーベルチュールをディップ!その上に発酵ポルチーニと白トリュフパウダーをのせて塩気と甘みと香りを楽しめる、やみつきになりそうなデザート!

原宿THE FLAT〈Bean to Home by Pierre Marcolini〉

こちらがメニュー表。希少価値の高いカカオから作られたクーベルチュールも販売しています。

そして1階へ。

原宿THE FLAT〈Bean to Home by Pierre Marcolini〉

一階には、高さ40cmの巨大クーベルチュール・チョコレートのブロックや、スペシャルイベントを体験できるスペースなどがあります。

クーベルチュールができる過程が、かわいいイラストに!
クーベルチュールができる過程が、かわいいイラストに!

〈ピエール マルコリーニ〉は、自ら農園に足を運び、厳選したカカオ豆を独自の製法で焙煎、精錬、調合し、作り上げられたクーベルチュールを使用しています。

原宿THE FLAT〈Bean to Home by Pierre Marcolini〉

会場内には巨大クーベルチュールチョコレートのブロックが設置されており、その場で試食できるスタイルに。

こちらの「「キューバ リミテッド エディション」は、ベネズエラ、トリニダードや他の中南米で栽培されている、トリニタリオ種のカカオ豆を使用。カカオの配合量は78%!

ぐっと強いカカオの香りの後に、ドライフルーツ、ドライウッド、ドライヘーゼルナッツなど何層にも変わる、個性を楽しめるチョコレート。

コクのある酸味が、口の中で香り高く広がります。

原宿THE FLAT〈Bean to Home by Pierre Marcolini〉

お次は、エクアドルのロスリオス地域にあるプエルトメロメロ農園のナショナル種のカカオ豆を使用した「エクアドル 低音焙煎」。こちらもカカオ78%配合。

フローラル&スパイシーな香りで、バランスのとれた酸味がはじけるチョコレートに。

原宿THE FLAT〈Bean to Home by Pierre Marcolini〉

最後は、ベネズエラ、メキシコなどで、わずかに生産されている良質で貴重な、クリオロ種のカカオ豆を使用した「「ベネズエラ チュアオ リミテッド エディション」。同じくカカオが78%配合。

ほのかな苦味の後、バランスのとれたフルーティな酸味と芳醇な木の香りが口の中でふんわりと。

個人的にはこちらのチョコレートがイチ推し!繊細でちょっぴりスパイシーで心地よい苦味が魅力的で、食べたらやめられなくなるおいしさ!

原宿THE FLAT〈Bean to Home by Pierre Marcolini〉

世界各国の農園から集まったカカオを、チョコレートの形に成形する過程が見られる展示も会場内に。いつも何気なく食べているチョコレートが、こんな風に作られているんだ!と興味津々でした。

右の写真は、早朝のカカオ農園。若いカカオの芳醇が当たり一帯を覆い、素晴らしい香りに包まれるみたい。空気の済んだ素敵な景色で、思わずうっとり。一度は訪れてみたいです!

10749894816_IMG_22121

カカオの木の実(カカオポッド)の中にある、白い果実に包まれた種子がカカオ豆。

カカオ豆は、赤道の南北緯度20度以内で高温・多湿な地方で栽培されています。

原宿THE FLAT〈Bean to Home by Pierre Marcolini〉

こちらの写真は、カカオ農園の風景。同じ農園でも、土壌によりカカオの風味が違ったり、年により出来不出来があったりするので、いくつもの農園を巡り、さまざまな条件をクリアし厳選された品質のカカオ豆を、選んでいくのだそう。

いつも何気なく食べているチョコレートに、こんなヒストリーがあるのを改めて知ると、よりチョコレートを食べるのが楽しみになります!

原宿THE FLAT〈Bean to Home by Pierre Marcolini〉

ご本人も来場。チャーミングな笑顔に、ほっこりした気持ちになりました!

会期中には、限定48名に、ピエール マルコリーニによる、今回のイベントのために考案された6つのオリジナルのメニューを届ける「スペシャル ティスティング コース」を提供するイベントも開催!気になる方は特設サイトをcheckしてみて。

「Bean to Home by Pierre Marcolini」詳細

■東京都渋谷区神宮前 5-16-13 原宿THE FLAT
■開催期間:2019年1月25日(金)12:00〜20:00
     2019年1月26日(土)12:00〜20:00
     2019年1月27日(日)12:00〜17:00
https://store.c-c-c.co.jp/beantohome/

「スペシャル ティスティング コース」
■スケジュール
1月25日(金)1回目 12:00 受付開始/2回目 13:45 受付開始/3回目 15:30 受付開始
1月26日(土)1回目 12:00 受付開始/2回目 13:45 受付開始/3回目 15:30 受付開始
1月27日(日)1回目 12:00 受付開始/2回目 14:00 受付開始
■所要時間:60分

真野 侑子
真野 侑子 / フリーライター

「美食、旅、オーガニックコスメを愛するライター。さまざまなメディアで執筆中。 その傍らWEB・コンテンツマーケティング業も。スナックが好きな呑んべえガール。」

真野 侑子さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る