鎌倉のお菓子屋さん〈鎌倉紅谷〉が新装オープン!
2018.10.29

パッケージの愛らしい「リスくん」が目印。 鎌倉のお菓子屋さん〈鎌倉紅谷〉が新装オープン!

みなさんは「クルミッ子」というお菓子をご存知ですか?作っているのは、鎌倉の地に誕生してから65年目を迎えるお菓子屋さん〈鎌倉紅谷〉。今回は、10月20日(土)のリニューアルオープンにともない、一足お先に内覧会&新商品の試食会へ行ってきました!

稲垣恵美 / フリーランス

「2017年に北海道から上京。週4で派遣をしながらライターをしています。食、かわいいもの、ライブハウスが大好きです!」

稲垣恵美
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

「クルミッ子」とは?

人気のお菓子「クルミッ子」は1個130円~

同店の看板的存在「クルミッ子」。しっとりとしたバター生地に、“自家製キャラメル”と歯ごたえばっちりの“くるみ”をはさんだ、長年愛されているお菓子です。なんといっても、鎌倉にいるリスをイメージしたというパッケージの「リスくん」が愛らしく、親しみが持てますよね。

驚きなのは、職人さんがすべて手作りで仕上げていること!『第25回神奈川県名菓展 菓子コンクール』で最優秀賞も受賞しました。

JR鎌倉駅の東口から歩くこと約7分

そんなクルミッ子を製造するのは、菓子処〈鎌倉紅谷〉。ブランドリニューアルにともない、店舗を一新しました。10月29日(月)から、2階にカフェ〈Salon de Kurumicco(サロン ド クルミッ子)〉もオープン。さっそくお邪魔してみます!

1階のショップではお菓子類を販売。

モダンで洗練されたイメージにリニューアル

一歩店内に入ると、鎌倉の歴史的なイメージをくつがえす現代風の内観に驚きました。その時代のニーズに合わせた挑戦を続ける〈鎌倉紅谷〉さんの心意気を感じます。

ショーケースには「クルミッ子」をはじめ、「あじさい」「鎌倉だより」など同店の定番商品がずらりと並んでおり、眺めているだけで心がワクワクしました!

リニューアルした新パッケージ

今回のリニューアルは店内だけでなく、ブランドを象徴するロゴや、商品のパッケージデザインもガラリと一新したそうです。

お店の方に「クルミッ子のパッケージは具体的にどこが変わったのですか?」と尋ねると、「今まではリスくんの手がブレていたんですが、今はクルミをしっかりと持っているんですよ」と。かわいすぎるぞ、リスくん。

壁のタイルは職人が一つひとつ手作りしたもの

店内も細部にまでこだわりが。壁に使われているレンガ調のタイルは、本物の「クルミッ子」の大きさとぴったり同じ!

また、1・2階の両方に“隠れリスくん”が潜んでいるそうです。お菓子の良さはもちろん、こういった遊びゴコロもファンの心をつかむ理由なんでしょう。

2階はカフェ〈Salon de Kurumicco(サロン ド クルミッ子)〉。

大きな窓からは鎌倉の景色が

今度は2階に新しくオープンした〈Salon de Kurumicco(サロン ド クルミッ子)〉へ。

“いい時間(とき)過ごそう鎌倉紅谷”というテーマのとおり、居心地のよい空間です。奥の窓からは鎌倉らしい景色が広がり、観光で歩き疲れた心を癒してくれます。

〈Salon de Kurumicco〉では、「クルミッ子」がシェフの手によって様々なデザートに大変身!試食会では、特別にブッフェスタイルで出していただきました。

まずはこちら、「デセール クルミッ子(850円)」。「クルミッ子」そっくりの見た目ですが、味わいは別物。ふんわり甘いサブレ生地とキャラメルがたまりません。

日本の伝統菓子「浮島」の作り方を用いたそう

お次は「フロマージュ 浮島(850円)」。スフレのようなチーズクリームと、うえにのった「クルミッ子」の対照的な食感が面白かったです。

チョコ×あんこの出会い

そして私のおすすめは「フォンド アン ショコラ(870円)」。濃厚なチョコレートと、つぶあんの組み合わせが以外にも喧嘩せず、お互いのよさを引き立てあっていました!

今回いただいたデザートはどれも甘さ控えめだったので、甘いものが苦手な方でも、きっと美味しく食べられると思いますよ。

「クルミッ子」のカップは購入も可能

「クルミッ子」は、店員さんいわくコーヒーと相性ぴったりなんだそう。今回は「アメリカーノ(500円)」を頼んでみました。意外と甘いワインやウイスキーとも合うそうですよ!

また、どのメニューもお手頃価格なのが嬉しいところ。“商品のファンになってもらいたい”という思いから、あえてリーズナブルな料金で設定しているみたいです。

さまざまな味が楽しめる一皿

「いっぺんに色んなデザートを楽しみたい!」という欲張りさんには、お店の名前をあしらった「サロン ド クルミッ子(2,500円)」というスペシャリテがおすすめ。

とっても華やかな見た目なので、SNSでも話題にできそうですね!

かわいらしいグッズも見逃せない!

「クルミッ子マスキングテープ 」 1個410円(税込)

また、お菓子やカフェの他にも見逃せないのは、オリジナルグッズ。リスくんのレトロな雰囲気がいい味をだしています。自分用にはもちろん、お土産にもきっと喜ばれるはず!

今回の取材でお菓子の美味しさはもちろん、リスくんの可愛らしさに、すっかりファンになってしまいました。みなさんも鎌倉に訪れたときは、ぜひ足を運んでみては?

〈鎌倉紅谷 八幡宮前本店〉
■0467-22-3492
■神奈川県鎌倉市雪ノ下1-12-4
■月~金 9:00~17:30、土日祝 9:30~18:00
■無休
■WEBサイトhttps://www.beniya-ajisai.co.jp/shop/head/

〈Salon de Kurumicco(サロン ド クルミッ子)〉
■0120-36-9635
■神奈川県鎌倉市雪ノ下1-12-4 八幡宮前本店2階
■月~金 9:00~17:00(16:30LO)、土日祝 9:30~17:30(17:00LO)
■無休
■28席
■禁煙

稲垣恵美

SNSでは社長自ら広報担当としてPRしているので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
日比谷のまちを、おいしく生きる。
TOPに戻る