食パン専門店〈銀座に志かわ本店〉が9月13日オープン。コレ一本で勝負します!
2018.09.13

食パン激戦区に新星登場! 食パン専門店〈銀座に志かわ本店〉が9月13日オープン。コレ一本で勝負します!

空前の食パンブームが続く昨今、激戦区である銀座に新たに参入したのは〈銀座に志かわ〉。“食パン”と大きく書かれたのれんからは〈銀座に志かわ〉の本気度が伝わってきます。美味しさの秘密や意外な組み合わせをたっぷり教えていただきました!

木村 一実 / フリーランス

「美味しいもの、楽しいこと、素敵な人を日々探しています。」

木村 一実
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

こだわりのアルカリイオン水、使ってます!

〈銀座に志かわ〉のベースになっているのは、三重や愛知で多くのファンを持つ〈513ベーカリー〉の食パンです。
2016年の伊勢志摩サミットでパンを提供した実績もある〈513ベーカリー〉が、長年の研究を経てたどり着いたというその食パンは、現在、伊勢神宮にも奉納されているという逸品です。

そして、その奉納食パンにさらに改良を重ねて作られたのが〈銀座に志かわ〉の食パンです。改良の際に注目したのは、“水”。一流料亭やホテルに浄水器やアルカリイオン整水器を納めるOSGコミュニケーションと共に、食パンに使われる“仕込み水”を開発・研究の結果、通常の天然水よりもph値の高いアルカリイオン水を使うことで、甘く、柔らかく、口溶けの良い食パンが出来上がりました。

毎日、店内の工房で焼きたて!

店舗に並ぶ食パンは、店の奥にある工房から焼きたてが運ばれます。お値段は1本(2斤)800円。販売する商品はこれだけの一本勝負です。日常使いするには少々高価なお値段ですが、ちょっと贅沢したい時や手土産には喜ばれそうですね。

持ち帰り時は、口の大きなビニール袋に入れることで、焼きたてでも蒸気を逃がしやすいようこだわって作られています。紙袋は銀座らしい上品さ。画像では見えにくいですが、袋全体に水のしずくが描かれていて、水へのこだわりがここでも表されています。

おすすめの食べ方。意外な組み合わせが、合う!

美味しい証拠と言われる縦長気泡発見!
「まずはそのままお召しあがりください。」の直後、甘―い!とあちらこちらで声が。手に持つと弾力のあるフワッフワが、口の中ではとろけてしまいました。耳まで柔らかく、何もつけずにそのままどんどん食べられます。

断面が美しい!
驚いたのが、2日目のものでした。焼きたての1日目とはまた違い、しっとりと落ち着きが出ていて甘みも増しているような?焼きたてよりカットしやすくなっているので、サンドイッチなどにもおすすめです。

そして、ぜひ一緒に試してくださいと準備されたのは意外な食材ばかりでした。まずは“きんぴらごぼう“。甘辛いきんぴらとほんのり甘いパンが、合う!

食材は選びません!コンビニやスーパーで簡単に手に入るチーズやワインとも合うので、おもてなしとして振舞っても喜ばれそう!日本酒や炭酸飲料とも相性が良いようです。

お次は “奈良漬”。パリパリとフワフワが、合う!ふんわりと香る酒粕とパンの甘みが、合う!「発酵食品は合うと思います。」と話されていたように、味噌、麹、チーズ類との組み合わせは間違いなさそうです。

そして“塩辛“。え?マジで?と思いましたが、合う!こうなると、パンが美味しければ何でも合うのかも!?そして帰宅後、“タコわさ”で試したのですが、合う!ワサビが辛すぎると思っていた商品だったのですが、パンと合わせるとまろやかになって、旨味が増しました。“まさか”を合わせる楽しみがあり、新しい食パンコラボが誕生するかもしれません!

ライバルは高級菓子店!?

銀座に食パン戦争を仕掛けた〈銀座に志かわ〉ですが、ライバルはなんと、高級和菓子店や洋菓子店だと言います。たしかに、お店がある銀座という場所やそのたたずまい、持ち帰りの紙袋まで、まさに高級菓子店かな?と思いきや……。

掛けられたのれんには力強く書かれた“食パン”の文字。まぎれもなく食パン屋さんです!ちなみにこの“のれん”とスタッフさんたちの“エプロン”は、京都の一澤信三郎帆布製。帆布ののれんはまだ真新しく手触りはしっかりとしていますが、たくさんの人がくぐり、良い風合いになっていきそうです。

〈銀座に志かわ〉
住所:東京都中央区銀座1丁目27-12 キャビネットビル1F
電話番号:03-6263-2400
営業時間:10:00〜18:00(売り切れ次第終了)
※予約(取り置き)は電話にて。
公式ホームページ:http://ginza-nishikawa.co.jp/
アクセス:都営浅草線 宝町駅A1出口徒歩4分、東京メトロ有楽町線 新富町駅2番出口徒歩4分、東京メトロ銀座線京橋駅2番出口徒歩6分、東京メトロ日比谷線・JR京葉線八丁堀駅A2出口徒歩7分

木村 一実

一斤ペロリといきました。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
日比谷のまちを、おいしく生きる。
TOPに戻る