進化する日本橋の『アートアクアリウム』。『ECO EDO 日本橋』2018年の見所は?
2018.07.06

江戸情緒あふれる夏の人気イベント! 進化する日本橋の『アートアクアリウム』。『ECO EDO 日本橋』2018年の見所は?

江戸文化が息づく日本橋エリアの夏恒例イベント!『ECO EDO 日本橋 2018』とその目玉である『アートアクアリウム 2018』が、今年も7月6日〜9月24日まで開催。そのオープニングセレモニー&プレス内覧会に伺ったので、気になる様子をお届けします!

岡田 真麻 / Hanako.tokyo

「スイーツやチーズなど海外グルメが好きな新人ライターです。」

岡田 真麻
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

進化する『ECO EDO 日本橋 2018』、新たなインスタレーションも出現!

金魚を楽しむ文化が発祥した街・日本橋が“金魚の街”と化す本イベント。

コレド室町1・2の間、福徳神社に続く参道「仲通り」 には、金魚柄の提灯に加え、今年は水面に映る花火を表現したデジタルアートが出現!また花火や風のせせらぎのBGMがさらなる臨場感を盛り上げています。

また福徳神社から徳の森へと続く小径に新たに設置された「森の風鈴小径」も、江戸時代に生み出された納涼の知恵を五感で体感できる仕掛けの一つです。

その他バラエティ豊かな連携イベントも目白押し!是非、下記公式サイトでチェックしてみて下さい。

新作も多数!「真の日本」をテーマにした『アートアクアリウム 2018』の見どころとは?

幻想的な演出で毎年話題の水族アート展覧会『アートアクアリウム』。今年は「真の日本」をテーマに、金魚や錦鯉を中心とした約8000匹の観賞魚が、和文化をモチーフにした作品の中を舞い泳ぎます。新作や今年の見どころを中心にご紹介!

プロジェクションマッピングによって動く屏風絵を投影したダイナミックな新作「大政奉還金魚大屏風」は、大政奉還がもたらした日本の美術史の移り変わりを表現。その中を金魚が自由に泳ぐことで、屏風絵が完成するというもの。さらにその前に設置された「ラグーンリウム」に、屏風絵が映り込む演出にも注目!

センターにそびえる、錦鯉が地球をイメージした巨大球体水槽を泳ぐ「アースアクアリウム・ジャポニズム」。今年は上からも見下ろせる展示手法を取り入れ、新たな作品の楽しみ方が可能とのこと。

新作「フローティングリウム」では、錦鯉のルーツ、新潟県長岡市山古志から取り寄せた最高級品種をじっくり堪能できました。

特別に制作されたアート作品も!800年の伝統を受け継ぐ奈良県指定無形文化財の月山貞利氏と木村英智氏とのコラボレーションにより生まれた日本刀「翔英美天命」は、なんと金魚の彫刻が施されています。

その奥に配された掛軸のアートアクアリウム「床掛け金魚飾」も、日本刀「翔英美天命」に合わせた新たな映像が楽しめるそう。

金魚モチーフのバラエティ豊かなグルメ&グッズも要チェック!

「金魚スイーツ&バルさんぽ」と名打って、新旧の美食が集まる日本橋エリアに、金魚をモチーフにしたグルメが登場。その注目メニューをピックアップしてご紹介します!

都内屈指のラグジュアリーホテル〈マンダリン オリエンタル 東京〉の〈ザ・マンダリン オリエンタル グルメショップ〉からは、2種のグラスデザートがお目見え。

左「アクアリウム」、右「マンダリン オリエンタル 東京の水ようかん」各756円

堂島ロールでおなじみ〈Mon cher〉と木村英智氏が開発したロールケーキは、「更紗」と呼ばれる金魚の紅白カラーと、どこで切っても現れるゼリーの金魚がポイント!

〈門前茶屋 雲母橋〉「更紗金魚」1カット450円

今年初提供の9月限定メニューには、秋の恵みがつまったこんなインスタジェニックなパフェも!

〈XEX 日本橋 Salvatore Cuomo Bros./The BAR〉「葡萄をつかった贅沢金魚パフェ」1300円

バル・アルコールメニューも充実のラインナップ。

〈盤古殿 コレド日本橋店〉「金魚餃子セット」600円
左〈割烹 ふた麦 麦酒庵分店〉「金魚ラベルの日本酒」500円~、右〈WIRED CAFE News〉日本酒「金魚」842円

さらに、老舗の職人などが手掛ける金魚グッズも見逃せません!

〈伊場仙〉のオリジナル扇子や〈日本橋 箸長〉の「京焼 金魚箸置」、〈源氏物語 堀井〉の源氏小間物入れなど、気軽に楽しめるラインナップは、手土産にもぴったり!

猛暑が予想される本夏、気持ちだけでも涼しさを感じたいもの。日本橋エリアで、江戸情緒溢れる粋な納涼を楽しんでみては?

詳しくはこちら!

『ECO EDO 日本橋 2018~五感で楽しむ、江戸の涼~』
■2018年7月6日(金)〜9月24日(月・祝)
■日本橋エリア
■問い合わせ:日本橋案内所(コレド室町1 地下1階)03-3242-0010
http://www.nihonbashi-tokyo.jp/ecoedo2018/

『アートアクアリウム 2018 ~江戸・金魚の涼~ &ナイトアクアリウム』
■2018年7月6日(金)〜9月24日(月・祝)/会期中無休
■日本橋三井ホール(東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1 5F[エントランス4F])
■日〜金曜日 11:00〜22:30(最終入場:22:00)
土・祝前日 11:00〜23:30(最終入場:23:00)
アートアクアリウム:11:00〜19:00  
ナイトアクアリウム:19:00〜上記各曜日に準ずる
■当日:一般(中学生以上) 1,000円/子ども(4歳以上 小学生以下) 600円/3歳以下 無料
〈早割券〉をはじめ用途に合わせたさまざまな入場券をセブンチケットロゴおよび全国のセブン-イレブン店頭マルチコピー機にて販売中。
■問い合わせ:03-3270-2590
http://artaquarium.jp/nihonbashi2018/

岡田 真麻

錦鯉は見応えがありました!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
seibu_sidebar
TOPに戻る