暮らしに寄り添ってくれる自家焙煎珈琲と、路地裏で出会いました。〈HIBI COFFEE(ヒビコーヒー)〉~カフェノハナシin KYOTO vol.18
2018.05.12

インスタグラマーきょんさんの京都カフェ案内! 暮らしに寄り添ってくれる自家焙煎珈琲と、路地裏で出会いました。〈HIBI COFFEE(ヒビコーヒー)〉~カフェノハナシin KYOTO vol.18

いつもどこかのカフェで過ごしているという、インスタグラマーきょんさんが、京都のカフェ&喫茶店をご案内。そこで見つけた「ここにきたらぜひオーダーしたい一皿!」を、ピックアップ。第18回目はおヒゲがポイントな和やかバリスタ・茅原敬憲さんが営む自家焙煎珈琲店〈HIBI COFFEE(ヒビコーヒー)〉を訪れました。

きょん / インスタグラマー&キュレーター

「関西を中心に全国のカフェ情報をインスタグラムにて発信中。 ほぼ毎日どこかのカフェで過ごしてます。」

きょん
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

毎日飲みたい珈琲がここにある。

おヒゲがポイントな和やかバリスタ・茅原敬憲さんが営む自家焙煎珈琲店〈HIBI COFFEE〉さんのコンセプトは、"日々の暮らしにおいしいコーヒーを”。今回は、自然的に毎日飲みたいと感じさせてくれる魅力を秘めた珈琲を飲むため、京都路地裏探訪して参りました。

目印は突如として現れる”細い路地裏”。

大通り近くにも関わらず、店内はとても穏やか。

「カフェラッテ」500円

濃厚かつ爽やかな風味を持つ淹れたてのカフェラテは、美しいラテアートもばっちりと。カメラをパシャリとしたくなる気持ちは数回程度に抑えて、温かいうちに飲むのがベスト!また、女性に人気という「フレーバーラテ」550円は、キャラメル・バニラ・ティラミスの計3種類から選ぶことができます。

「チーズエッグトースト」600円

シンプルにバタートーストももちろん好きだけど、がっつりと食べたいときはこれもおすすめ!チーズの中に潜んだ玉子がかぶりつくと同時に溢れ出してくるというエンターテイメント性を持ち合わせています。

「チョコレートバニラマフィン」450円

チョコレートを「これでもかっ!」とかけたこちらのマフィンは、甘いもの欲が100%満たされること間違いなしの人気メニュー。海外から来るお客さんもオーダーすることが多いとか。

京都に行く機会がなかなかなくて…という方も、実店舗以外も、大阪や時には東京にもイベント出店されているほか、WEB SHOPでも珈琲豆を購入することができますよ。もし、どこかでこのおヒゲのロゴを見かけたら、ぜひ一度トライしてみてください。その瞬間から、ご自宅で毎日見かけることにきっとなるはず。

★今回訪れたのはここ!
〈HIBI COFFEE〉
■京都府京都市下京区七条通河原町東入材木町460
■8:00~18:00(11:30~14:00までテイクアウトのみ)
■定休日:火曜日、不定休
HIBI COFFEE HP

きょん

次回は5月26日に更新します!お楽しみに。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
日比谷のまちを、おいしく生きる。
TOPに戻る