撮影:Koji Hanabuchi
2022.04.19

夏のシドニーに旅する気分を味わおう! 〈bills〉から、彩り豊かで見た目にも楽しい、春夏のリフレッシュメニューが登場。4月19日 (火) から提供開始。

春夏、秋冬とメニューが入れ替わる〈bills〉。今回の春夏は、まだ海外旅行が難しいなか、夏のシドニーを訪れたような気分になれるメニューがラインナップ! 定番人気の「スイートコーンフリッター」から、オーストラリアの伝統焼き菓子「パブロバ」まで、見た目にも色鮮やかな食材の数々はどれも元気になれるおいしさです。

bills 銀座

今回試食させていただいたのは、この6メニュー。パッと見ただけでは、どんな味なのか想像がつかない斬新な食材の組み合わせ。それぞれレポートしていきます!

「ビーツのディップ - チコリ、デュカ」1,100円。
「ビーツのディップ - チコリ、デュカ」1,100円。

シャキシャキとした食感のよいチコリに、ビーツのディップをあわせたひと皿。オーストラリアではバーガーに挟むほど人気の野菜ビーツは、豆腐をミックスしてさっぱりとしたディップに。ヘーゼルナッツ、アーモンドを使ったスパイスミックス「デュカ」がアクセントになっていて、シンプルな素材が奥深い味わいに変化します。
ランチやディナーの前菜や、ワインにあわせて軽いおつまみにしてもいいかもしれません!

「ボンダイサラダボウル - キヌア、そばの実、生野菜、パンプキンシード、シトラスドレッシング」1,650円。
「ボンダイサラダボウル - キヌア、そばの実、生野菜、パンプキンシード、シトラスドレッシング」1,650円。

シドニーの「ボンダイビーチ」になぞらえた、彩り豊かで見た目にも夏らしいサラダボウル。スライスされたニンジン、大きめにカットされたキュウリ、細切りのズッキーニなど、フレッシュな生野菜は、食感の違いを楽しめる工夫が。

キヌアやそばの実、パンプキンシードの穀物とあわせて食べても、それぞれをシトラスドレッシングと和えて食べても◎。野菜のおいしさと穀物の歯ごたえをしっかり感じられる、大満足なメニューです。

「レンズ豆のブレゼ - ブッラータチーズ、クルトン、バジルオイル」1,700円。
「レンズ豆のブレゼ - ブッラータチーズ、クルトン、バジルオイル」1,700円。

こちらは、今回の春夏メニューでイチオシとのこと!
オーストラリアでも多く生産されるレンズ豆を、刻んだセロリ、ガーリック、トマトと3種類のハーブで煮込んだブレゼ(蒸し煮料理のこと)です。

どこかほっとする味付けで、やわらかく煮込まれたレンズ豆は、バジルの風味が夏らしい一品。とろけるようなブッラータチーズと、大胆にカットされたハーブ風味のクルトンとあわせて食べてくださいね。

「スイートコーンフリッター - ローストトマト、ベーコン、アボカドサルサ」1,800円。
「スイートコーンフリッター - ローストトマト、ベーコン、アボカドサルサ」1,800円。

毎年これを楽しみに〈bills〉に訪れる人もいるというほど、定番人気のメニュー。コーンやオニオン、パプリカの、ジューシーでほどよい塩気を感じる味わいは、何度食べても「また食べたい」と思ってしまうおいしさ。

サイドに添えられたアボカドサルサやローストトマト、肉厚のベーコンはコーンフリッターと相性抜群です。
ボリューミーで、ランチのメインにぴったり。この夏、一度は食べておきたいプレートです。

「自家製ココナッツブレッド」930円。
「自家製ココナッツブレッド」930円。

〈bills〉を手掛けるレストランター、「ビル・グレンジャー」がオープン当初から提供している「自家製ココナッツブレッド」が、この夏からクラシックメニューに仲間入り!

焼き菓子とパンのちょうど間のような存在感で、朝食にも、アフタヌーンティーのお茶うけとしても成立するようなひと皿。
さっくり軽やかな食感で、ココナッツやシナモンが香ばしくかおります。
ちょっと物足りないときに、他のメニューにあわせて食べるのもおすすめです。

「パブロバ - マンゴー、パッションフルーツ、ローズウォータークリーム」1,200円。
「パブロバ - マンゴー、パッションフルーツ、ローズウォータークリーム」1,200円。
「パブロバ - マンゴー、パッションフルーツ、ローズウォータークリーム」1,200円。
「パブロバ - マンゴー、パッションフルーツ、ローズウォータークリーム」1,200円。
「パブロバ - マンゴー、パッションフルーツ、ローズウォータークリーム」1,200円。
「パブロバ - マンゴー、パッションフルーツ、ローズウォータークリーム」1,200円。

オーストラリアで定番の焼き菓子「パブロバ」を、マンゴーとパッションフルーツの夏らしいフルーツでトッピングしたスイーツ!
外はさっくりしているのに、口に入れるとしっとり、噛みごたえもしっかり。中に入ったピスタチオの香ばしさとメレンゲの甘さ、フルーツの酸味がマリアージュする、新感覚デザートです。

bills 銀座

そのほかにも、パッションフルーツをつかったカクテル「パッションフルーツカイピロスカ」や、「ハイビスカス&ライム」のソーダなど、夏のメニューにぴったりなドリンク類も豊富にご用意。

bills 銀座

こちらの「黒ゴマ&バニラシェイク」は、黒ごまの風味がたまらなくおいしかったです。

夏らしいビタミンカラーの野菜やフルーツ、ハーブやバジルの使い方が、さすがはオーストラリアと感じるラインナップ。運ばれてきた料理は、どれもビジュアルからテンションの上がるような鮮やかさが印象的でした。

まだまだ海外旅行は難しいご時世ですが、〈bills〉のメニューをいただきながら、夏のシドニーを訪れた気分になっちゃいましょう!

〈bills 銀座〉店内。(C)Mikkel Vang
〈bills 銀座〉店内。(C)Mikkel Vang

「bills SPRING/SUMMER リフレッシュメニュー」
■提供店舗:国内全7店舗
(七里ヶ浜 / お台場 / 表参道 / 二子玉川 / 福岡 / 銀座 / 大阪)
■提供開始日:
4月19日(火) bills七里ヶ浜・横浜赤レンガ倉庫・お台場・表参道・二子玉川・銀座
4月22日(金) bills大阪
5月11日(水) bills 福岡
※店舗により価格が異なる場合あり。

〈bills 銀座〉
■中央区銀座2-6-12 Okura House 12F
■03-5524-1900
■8:30〜23:00
■不定休
■137席(メインフロア117席 / 個室 20席)
■禁煙
公式サイト

IMG_4854
山下あい / PR・フリーライター

「インテリア業界でPRを担当したのち、フリーランスへ。ライフスタイルまわりで、コンテンツ制作やライターとして活動。猫と料理が大好き。」

山下あいさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る