晴苺 岡山
2022.02.02

くだもの王国おかやまから、最高級ブランドいちご〈晴苺〉がやってきた! 期間限定、都内3店舗で『晴苺(はれいちご)のスイーツフェア2022』を開催。

岡山県といえば、ぶどうや桃がおいしいイメージ!ですが、ぶどうや桃のシーズンは夏から秋まで。冬から春まで楽しめるくだものを、岡山ブランドでつくろう!と生まれたのが〈晴苺(はれいちご)〉。2022年1月26日(水)〜3月5日(土)まで、〈晴苺〉の魅力をたっぷりと味わえるスイーツフェアを、都内の飲食店3店舗で開催中です。

由来は「晴れの国」から。

晴れの国の象徴である太陽のシルエットをラインで描き、その下にお祝いの場面で用いられる赤と白のストライプで、いちごを表現したロゴ。
晴れの国の象徴である太陽のシルエットをラインで描き、その下にお祝いの場面で用いられる赤と白のストライプで、いちごを表現したロゴ。
ツヤのある果皮が美しい!
ツヤのある果皮が美しい!
晴れの国の象徴である太陽のシルエットをラインで描き、その下にお祝いの場面で用いられる赤と白のストライプで、いちごを表現したロゴ。
ツヤのある果皮が美しい!

〈晴苺〉は、県のキャッチフレーズ「晴れの国」にちなんで名づけられたいちごブランド。
口いっぱいに広がる濃厚な味わいと、甘さを一層引き立てるちょうどよい酸味、中の果肉まで赤色なのが特徴です。
岡山県はくだもの王国と呼ばれ、白桃やぶどうなど、夏から秋にかけてフルーツの生産が盛んですが、晴苺のデビューにより、年間通してフルーツを楽しめるようになりました。

岡山県東京事務所 大田市場駐在 主幹/金澤淳さん。
岡山県東京事務所 大田市場駐在 主幹/金澤淳さん。

苺って、いろんな種類があるけど、ほかの苺と比べてどんなところが違うの?という質問に対して、

「〈晴苺〉は肉質が固いので日持ちがするんです。また、ビタミンCの含有量が高いということもわかっています。苺って、いろんな種類を並べて見るとわかるんですが、色もそれぞれ違っていて。〈晴苺〉は特に、果実のテリが非常に強くてきれいなんですよ」と答えてくださった金澤さん。

晴苺 岡山

確かに、果皮がツヤツヤ!

実際に試食した感想は…
ひと粒が大きく、しっかりとした歯応え。
甘みも酸味もどちらも感じられる、バランスのよいいちごだと感じました。
そして、切ったときに中まで赤いから、スイーツにしたときにも映えるんです!

〈晴苺〉をふんだんに使ったスイーツを楽しめる『晴苺のスイーツフェア2022』に参加するのは、これから紹介する3店舗。気になるスイーツがあれば、メモして出かけてくださいね!

1. 〈ビストロカフェももてなし家〉の「晴苺のパフェ」。

「晴苺のパフェ」1,680円。1月26日(水)〜2月1日(火)まで、20食/日。
「晴苺のパフェ」1,680円。1月26日(水)〜2月1日(火)まで、20食/日。

新橋のアンテナショップ、とっとり・おかやま新橋館2階の〈ビストロカフェももてなし家〉では、まるでショートケーキのような『晴苺のパフェ』が登場。
甘さと酸味のバランスがほどよい晴苺にあわせて、自家製生クリーム、カスタード、バニラアイス、ミルクプリン、晴苺のジャムを重ねています。

やわらかなカスタードに、アクセントのグラノーラ。
複雑な食感と、味の重なりが楽しく、ペロリと食べてしまいました!

1階では、晴苺をパックで買うこともできます!
1階では、晴苺をパックで買うこともできます!

2. 〈フォーシーズンズカフェ〉の「晴苺のショートケーキ」。

「晴苺のショートケーキ」780円。2月1日(火)〜7日(月)まで、30個/日。
「晴苺のショートケーキ」780円。2月1日(火)〜7日(月)まで、30個/日。

ふたつ目は、江戸川区・葛西で、厳選したフルーツをふんだんに使用したパフェやケーキ、ワッフルを販売する〈フォーシーズンズカフェ〉のスイーツ。こちらでは、甘さ控えめの上質な生クリームを贅沢に使用した、〈晴苺〉が主役の「晴苺のショートケーキ」を販売します。

下の方に見えている、苺のジャムが甘酸っぱくて、最後のひと口までおいしいケーキ。
なによりも、大粒の〈晴苺〉をこれでもか!と楽しめる、贅沢な味わいです。

3. 〈イマノフルーツファクトリー〉の「晴苺のサンド」。

「晴苺のサンド」850円。2月28日(月)〜3月5日(土)まで、30食/日。
「晴苺のサンド」850円。2月28日(月)〜3月5日(土)まで、30食/日。

日本橋茅場町の老舗果物店〈イマノフルーツファクトリー〉では、フルーツにあわせて作られたバタークリームと、大粒の〈晴苺〉をはさんだ「晴苺のサンド」を販売予定です。
使用する〈晴苺〉は、特に形が美しく、断面がきれいに見えるものを厳選。
毎日、市場へ足を運び、旬のフルーツを選び抜くこだわりのあるお店ならではですよね。

一見シンプルに見える、このサンドイッチ。
正直、ものすごくおいしかったです。
マシュマロのようにふわふわで甘いバタークリームに、ほどよい酸味の〈晴苺〉が包まれて、なんともいえぬ幸せのハーモニーを感じました!

晴苺 岡山

どれも期間限定のスイーツですが、まだまだ流通量の少ない〈晴苺〉をしっかりと味わうにはよい機会です。
近くをお散歩がてら、食べに行ってみてくださいね!

晴苺 岡山

JA全農岡山

〈ビストロももてなし家〉(とっとり・おかやま新橋館内)
■東京都港区新橋1-1-7 新橋センタープレイス
 とっとり・おかやま新橋館2F
■03-6280-6475
■10:00〜21:00
■無休

〈フォーシーズンズカフェ〉
■東京都江戸川区西葛西6-5-12
■03-3689-1173
■11:00〜21:00
■水休

〈イマノフルーツファクトリー〉
■東京都中央区日本橋茅場町1-4-7
■03-3666-0747
■8:00〜20:00、土10:00〜15:00
■日祝休

IMG_4854
山下あい / PR・フリーライター

「インテリア業界でPRを担当したのち、フリーランスへ。ライフスタイルまわりで、コンテンツ制作やライターとして活動。猫と料理が大好き。」

山下あいさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る