ロッテ〈YOIYO〉
2021.08.26

夜の時間を豊かにする「チョコレート」。 〈ロッテ YOIYO〉熟成クラフトウイスキー入りのチョコレートを食べ比べ。

ロッテから、“日本に酔うチョコレート”をコンセプトとした新ブランド〈YOIYO〉が誕生し、特設WEBサイトにて発売開始。「バッカス」の製造技術を活用し、なめらかなミルクチョコレートにお酒の味わいと香りを閉じ込め、その繊細な味わいがお家で楽しめます。お出かけしづらい今、ふらりと旅に出るような気分で味わってみませんか?

「駒ヶ岳」や「 屋久島」のパッケージで旅気分も楽しめる。

ロッテ〈YOIYO〉

新ブランド〈YOIYO〉の第一弾は、〈本坊酒造〉の「マルス信州蒸溜所」で蒸溜されているシングルモルトウイスキー 「駒ヶ岳」を使用した「YOIYO(KOMAGATAKE)」。第二弾は「シングルモルト駒ヶ岳 屋久島エージング」が発売されました。

※第一弾「YOIYO(KOMAGATAKE)」は売り切れ。第二弾は「シングルモルト駒ヶ岳 屋久島エージング」のみ販売中。

ロッテ〈YOIYO〉

夕暮れの黄昏時や夕食後に楽しめるチョコレートとして、”良い宵(よい)”という言葉から「YOIYO」と名付けられたそう。個性豊かな日本のクラフト酒と合わせるのは、厳選した良質なカカオ豆を使用したなめらかなチョコレート。さっそく2種類のチョコレートを食べ比べしてみます。

第一弾のYOIYO「KOMAGATAKE」はクリーンでリッチ。まさに育ちのよい味。

ロッテ〈YOIYO〉

クラフトウイスキーの長い歴史を持つ〈本坊酒造〉のマルス信州蒸溜所の蒸溜されているメインブランドの「駒ヶ岳」とコラボレーションした「YOIYO(KOMAGATAKE)」は、中央アルプスの木曽駒ヶ岳の地層で磨かれた雪解け水が仕込み水を使用。冬はマイナス15℃、夏は30℃以上となる寒暖差の中でじっくり熟成されたウイスキーと口どけの良いチョコレートのマリアージュが楽しめます。

ロッテ〈YOIYO〉

チョコレートの口どけとお酒の混ざり合いが楽しめるのはこの形。ヒョイッとつまんで、ポイッと口に放り込んだら、チョコレートが溶けていくのを目をつぶってじっくり待ちます。

ロッテ〈YOIYO〉

口の中でウイスキーがパッと華やかに広がったあと、チョコレートが追いかけていきます。お酒とチョコレートがとろけて重なり合ったら、そこでウイスキーを一口。まったりとした余韻を最後まで味わって。

第二弾の「YOIYO 屋久島エージング」は溢れ出る風味と味わいを堪能。

ロッテ〈YOIYO〉

第二弾の「YOIYO 屋久島エージング」は、世界自然遺産の屋久島にあるマルス屋久島エージングセラーで熟成させたシングルモルトウイスキーとのコラボレーション。「YOIYO」のために貴重な樽から選ばれた5年以上熟成されたウイスキーのトロピカルでフルーティ、バニラのような樽香など、屋久島熟成らしい個性的な味わいが楽しめます。
どちらのチョコレートも、ラミーやバッカスを毎年楽しみにしているファンの人はもちろん、洋酒好きな人は特に味わってほしいチョコレートです。

「YOIYO 屋久島エージング」発売に合わせて、ブランドサイトもリニューアルし、現地で収録した自然の音を聞きながら楽しめるので、是非音声をONにして楽しんでみて。

〈ロッテ YOIYO〉
【YOIYO「KOMAGATAKE」】
■4個セット(ギフトボックス入り)/10粒入り×4個 送料込価格 2,700円
■10個セット(10粒入り×10個)送料込価格 5,940円 

【YOIYO「YAKUSHIMA」】
■4個セット(ギフトボックス入り)/10粒入り×4個 送料込価格 2,775円
■10個セット(ギフトボックス入り)/10粒入り×10個 送料込価格 6,156円

公式サイト

葉月 遊
葉月 遊 / フリーライター、カメラ、デザイン

「雑誌やWebで執筆。昭和レトロやアンティークなど、ノスタルジックなものが好き。」

葉月 遊さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る