2018年日本初上陸予定!〈スターバックス リザーブロースタリー〉と世界1号店に行ってきました。
2017.12.16

Seattle Travel vol.1/美食City・シアトルでコーヒーツアー! 2018年日本初上陸予定!〈スターバックス リザーブロースタリー〉と世界1号店に行ってきました。

突然ですが、アメリカ西海岸の街シアトルって皆さんはどんなイメージですか? 野球のイチロー選手が所属していたシアトルマリナーズの本拠地があるとか、雨が多いとか、全米一住みやすい街らしいとか……、いくつか思い浮かぶかと思いますが、実は今、フードシーンが大いに盛り上がっているのです! 旅とグルメとお酒をこよなく愛する私、ライターの城リユアが、シアトルのHOTなフードシーンを取材、数回に分けてレポートしていきたいと思います‼ ぜひ最後までおつきあい下さいね。
城 リユア
城 リユア / ライター

「東京、ときどきベトナムで、エディター&ライターとして活動中。2019年11月に、企画・責任編集を担当した書籍『ダナン&ホイアン PHOTO TRAVEL GUIDE 〜絶景プロデューサー・詩歩が巡るベトナム』が発売。」

城 リユアさんの記事一覧 →
スタバ1号店

©Starbucks

ワシントン州シアトルといえば、言わずもがな、スターバックス発祥の土地! Since1971年。シアトル=コーヒーの街というイメージがありますよね〜(写真はスタバ1号店内で販売されているオリジナルグッズ)

世界でシアトルと上海にしかないスペシャルすぎる〈スターバックス〉とは?

というわけで第1回目は、シアトル発祥の〈スターバックス〉1号店と2018年に日本初上陸予定(場所は中目黒!)の〈スターバックス リザーブ ロースタリー〉へ潜入。加えて、シアトルの注目コーヒーショップを巡るコーヒーツアーにも参加してきました。

スターバックス・リザーブ・ロースタリー・アンド・テイスティングルーム

■こちらが、シアトルの〈スターバックス・リザーブ・ロースタリー・アンド・テイスティングルーム〉

明らかに普通のスターバックスとは違う! よくよく見ると、スターバックスの初代ロゴマークが掲げられています。

スターバックス・リザーブ・ロースタリー・アンド・テイスティングルーム
スターバックス・リザーブ・ロースタリー・アンド・テイスティングルーム

©Starbucks
■敷地面積1200㎡にものぼる広大な店内には、超大型ロースターが設置されています 

一歩足を踏み入れると、そこはまるでラボラトリー(研究室)のような雰囲気。スターバックスには、個性的な契約農家から仕入れた稀小な豆を、それに最も適した抽出方法で淹れてくれる“スターバックス・リザーブ”というシステムがあるのですが、世界中でも限られた店舗でしか飲めないこのスペシャルなコーヒー豆のすべてはこの店で焙煎され、世界中に運ばれているのです。

スターバックス・リザーブ・ロースタリー・アンド・テイスティングルーム

©Starbucks

どの国からやってきたのか、どんな農園で作られたのか。豆ごとにストーリーが書かれた紙を読みながらコーヒーを選べ、思い切りコーヒーの世界にTRIPできます。

スターバックス・リザーブ・ロースタリー・アンド・テイスティングルーム

©Starbucks

スターバックス・リザーブ・ロースタリー・アンド・テイスティングルーム

©Starbucks

■巨大焙煎機をチェックするマスターロースター

スターバックス・リザーブ・ロースタリー・アンド・テイスティングルーム

©Starbucks

オリジナルグッズはお土産にぴったり。

スターバックス・リザーブ・ロースタリー・アンド・テイスティングルーム

©Starbucks

店内には〈スターバックス リザーブ ロースタリー〉のオリジナルグッズも大充実。タンブラーなどのコーヒーグッズはもちろんのこと、自転車やパーカーなどのアパレルまでが売られた物販ゾーンは店内でかなりの割合を占めていました。
まだ日本未上陸のブランドだから、お土産に買って行ったら喜ばれそう。スペシャルな店内とお洒落なグッズに興奮して、私もついつい財布の紐が緩んでしまいました。

スターバックス・リザーブ・ロースタリー・アンド・テイスティングルーム

©Starbucks

■2017年には、〈スターバックス ・リザーブ・ロースタリー・シャンハイ〉がアジア初上陸したばかり(写真)

スターバックス・リザーブ・ロースタリー・アンド・テイスティングルーム

©Starbucks

■上海ではコーヒーのほかにも、お茶に力を入れている

スターバックス1号店はいまや観光名所に。

記念すべきシアトルのスターバックス1号店は、世界最古のフードマーケットとして知られる〈パイクプレイス・マーケット〉内に存在します。

シアトルのスターバックス1号店

©Starbucks

■スタバ1号店前には長い行列ができていました

シアトルのスターバックス1号店

©Starbucks

■当然、店内も行列が

実はこちらの“1号店”、本当は4号店なんですって。真の1号店はすでにビル自体が存在しておらず、2・3号店ともに郊外にあるため、シアトルを象徴する〈パイクプレイス・マーケット〉にあるこの4号店が、スタバ1号店の称号を与えられ今に至っているのです。

シアトルのスターバックス1号店

©Starbucks

まるで黒ビールのようなコーヒーはシアトルでは定番に!

日本では限られた店舗でしか飲むことのできないフレッシュなスタバの水出しアイスコーヒー「Nitro Cold brew Coffee」も、シアトルではもはや珍しい存在ではありません。

スターバックス

■Amazon本社のお膝元にあるスターバックスにもお邪魔しました

スターバックス
スターバックス

©Starbucks

■まるでクラフトビールを注ぐように、サーバーからコーヒーを注ぎ入れる「NEW Nitro Cold Brew」

スターバックス

©Starbucks

クリーミーな泡!

コーヒーの街を堪能すべくコーヒーツアーに参戦!

スターバックス行脚に飽き足らず、シアトルの注目コーヒーショップを巡るコーヒーツアーにも参加してみました。

SEATTLE BREWERY TOURS

■こちらの車に乗ってGO!  ツアーガイド兼ドライバーのダスティンさんが案内してくれます

今回は、コーヒーツアーのほか、チョコレートツアーやビールツアーなども行っている「SEATTLE BREWERY TOURS」のツアーに参戦です。シアトルには400以上ものコーヒーショップが点在。日本と同じくサードウェーブコーヒーブーム中で、産地や香り、クオリティにこだわったコーヒーを淹れるお店が増えているそう。

SEATTLE BREWERY TOURS

■コーヒーツアーで巡るのは3アドレス。巡るお店はツアー毎に異なります。まずは〈Caffe Appassionato〉へ

SEATTLE BREWERY TOURS
SEATTLE BREWERY TOURS

■店内に飾られたイラストや写真を指差しながらコーヒーやお店の歴史を説明してくれるガイド・ダスティンさん

ガイドさん:「コーヒーを初めて発見したのはKALDIさんという人物。先住民からデビルの実だと注意されていた豆を、連れていたヤギが食べたらハイテンションになってジャンプしはじめた。豆を火に入れてみたらいい香りがしてきて、匂いを嗅いだら3日間くらい眠れなくなり、これはすごい豆だと気付いたんだよ」

1台100万円する高級マシーンを使ったコーヒー!

驚きのトリビアを学んだところで次の店へ移動。歴史保存地区のパイオニアスクエアにある〈Caffè D’arte〉へ。ここではローストの深さ別にコーヒーを飲み比べることができます。

SEATTLE BREWERY TOURS
SEATTLE BREWERY TOURS

■こちらのマシーンはなんと1台100万円もするグラインダー。コーヒーにお好みの濃度のスモーキーなフレイバーを加えることができます

SEATTLE BREWERY TOURS

■シアトルでは、エスプレッソと、その苦味を飛ばす炭酸水、チョコレートがセットになって出てくるのが一般的なスタイル

SEATTLE BREWERY TOURS

■ジョニーデップ似のバリスタさんが作ったラテアートも必見なのだ

SEATTLE BREWERY TOURS
SEATTLE BREWERY TOURS

■最後は、エスプレッソが人気の〈CAFEÉ UMBRIA〉ヘ

SEATTLE BREWERY TOURS

■「エスプレッソ コンパ withクリーム」と、「マキアート」

SEATTLE BREWERY TOURS

■コーヒーツアー参加者は、「SEATTLE BREWERY TOURS」オリジナルTシャツとタンブラーがもらえます!

取材コーディネート:松田京子

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る