奥渋エリアに〈PEKO CISE tokachi ohira kitchen〉がオープン!
2017.11.23

肉食女子必見♡思わずシェアしたくなる赤身肉料理店。 奥渋エリアに〈PEKO CISE tokachi ohira kitchen〉がオープン!

〈PEKO CISE(ペコシセ)tokachi ohira kitchen〉は、北海道・十勝のブランド牛「十勝大平牛」の赤身肉を使ったメニューを提供するお店として、11月22日(水)にオープンしました。先日行われたメディアレセプションでは、旨味・肉質・価格が“最高にちょうどいい”十勝大平牛の絶品創作料理を、一足先に体験してきました!

桑原 慶子 / ハナコラボ

「「街ブラ」と「カメラ」が趣味のアラサーライター。女性視点で胸キュンな情報お届けします!」

桑原 慶子
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

話題の街、奥渋谷に誕生。

代々木公園のすぐそば、渋谷の喧騒から少し離れた奥渋谷エリアに〈PEKO CISE〉はオープンしました。聞きなれない店名の正体はアイヌ語で、「PEKO=牛」「CISE=家」を意味するそう。
北海道・十勝で育った十勝大平牛の赤身肉を「きちんと食べきる」をテーマにしており、昼はカジュアルなカフェメニューを、夜は温かみのある創作料理を気軽に楽しむことができます。

外観

気取らずカジュアルな雰囲気が魅力的。

知る人ぞ知る万能銘柄牛。

父に黒毛和種を、母にホルスタインの交雑種の牛を持つ「十勝大平牛」は、脂肪と赤身のバランスが良く、きめ細かい繊維と濃厚な味わいが特徴だとか。さらに、旨味・肉質・価格が“最高にちょうどいい”万能銘柄牛とも言われています。 

赤身肉尽くしのメニューを紹介。

「ポテトサラダ」420円

大きめにカットされた具材とホロホロお肉が相性抜群のポテトサラダは、もはや立派なおつまみ!

「十勝大平牛のタルタル」(820円)は、細かく刻まれたお肉が口に入れた瞬間からとろけだす逸品です。

「十勝大平牛のヒレカツレツ」1,780円

厚切りのヒレ肉を程よいレア感で仕上げたヒレカツは、衣にハーブを使用しているためちょっぴりスパイシーに。デミグラスソースとの相性も良くお酒が進みそう。

「ジュエルミート」2,500円 ※数量限定

北海道の郷土料理「豚丼」の香ばしい香りと独特の照り、甘辛い味付けからヒントを得て生まれた「ジュエルミート」。ジュエル(宝石)のように輝くお肉は水飴でコーティングされていて、ナイフを入れるとパリパリッと音が! 水飴の優しい甘さとお肉の旨味が調和した、お店自慢のメニューです。

「十勝大平牛の薪窯焼き」※価格はASK

店舗1階にある薪釜でじっくり焼き上げた一品で、口に入れた瞬間にスモーキーな風味と肉汁がジュワ〜っと広がります。こちらは食べたい部位とグラム数をお店の人に相談してオーダーするスタイル。(写真は800g)

薪釜

「十勝大平牛のボロネーゼ」1,200円

粗挽き肉がたっぷり入ったソースは程よくガーリックが効いていて、満腹でも食べたい〆にぴったりの逸品です。

ランチメニューも必見。

今回ご紹介したのは全てディナーメニューですが、「赤身肉をきちんと消費する」ことにこだわる〈PEKO CISE〉では、ランチタイムも絶品肉グルメを楽しむことができるのです! メニューは日によって異なりますが、800円(税込)で味わえる「ローストビーフ丼」や「ラザニア」など、十勝大平牛を使った限定メニューは必見です。(テイクアウト可)

都内で「十勝大平牛」を食べられる飲食店はココだけ! 皆さんも是非、絶品赤身肉料理を堪能しに行ってみてはいかがですか?


〈PEKO CISE tokachi ohira kitchen〉
住所:東京都渋谷区神山町4-18 フィル・トップ渋谷神山町1・2階
TEL:03-6407-1657
営業時間:
・ランチ 11:00〜15:00
・ディナー 17:00〜23:00
定休日:不定休
席数:60席
HP:http://pekocise.tokyo

桑原 慶子

「十勝大平牛」は脂がくどくないので、いくらでも食べられそう♩

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
Hanako w/ Seibu2_sidebar
TOPに戻る