最後に芽ねぎを散らして出来上がり。
2021.03.26

春だからおいしい「ちらし寿司」を食べたい! アンダーズ 東京の〈the SUSHI〉で贅沢な「サクラちらし寿司 ランチ」を堪能。

〈アンダーズ 東京〉の52階に絶景を一望できる人気のルーフトップ バー。その奥に本格江戸前寿司が味わえる、大人の隠れ家〈the SUSHI〉があります。通常はディナータイムのみの営業ですが、この春より、〈the SUSHI〉開業以来初となるランチタイムの営業を期間限定でスタート。この季節だからこそ味わえる“期間限定のランチ”をご紹介します。

ルーフトップ バーの奥にひっそりと佇む大人の隠れ家〈the SUSHI〉。

DSC_0177

ルーフトップ バーの奥にひっそりと佇む、〈the SUSHI〉の客席は、カウンター8席のみ。和のしつらえや寿司職人の匠の技を目の前で楽しめる大人の隠れ家的お店です。そんな贅沢な〈the SUSHI〉のカウンターで、ランチタイム限定の「サクラちらし寿司 ランチ」が楽しめます。

左右に分かれているカウンターは全部で8席。
左右に分かれているカウンターは全部で8席。
パーテンションが設置され、感染対策もバッチリで安心。
パーテンションが設置され、感染対策もバッチリで安心。
左のカウンター。
左のカウンター。
右のカウンター。
右のカウンター。
おしながきを眺めてワクワク。どんなちらし寿司がでてくるのか……。
おしながきを眺めてワクワク。どんなちらし寿司がでてくるのか……。
左のカウンター。
右のカウンター。
おしながきを眺めてワクワク。どんなちらし寿司がでてくるのか……。

ランチは、桜鯛や桜海老といった春に旬を迎える魚を使用したちらし寿司をメインに、シェフおまかせの本日の小鉢2種などコース仕立てで提供されます。

フレッシュな野菜たっぷりのサラダも絶品!

虎ノ門〈アンダーズ 東京〉

まずは「グリーンサラダ 自家製梅鰹ドレッシング」が運ばれてきました。ベビーリーフやラディッシュなどの野菜に、 自家製のドレッシングがかけられています。このドレッシングのほどよい酸味がサラダとよく合い、食欲を増進!柔らかなベビーリーフのほんのりとした苦味、爽やかな香りで春らしさを味わいました。最初の1皿目から春気分を堪能!

サラダを味わいながら、寿司シェフがちらし寿司を作っているところを眺める。
サラダを味わいながら、寿司シェフがちらし寿司を作っているところを眺める。
アジやゲソも入って具だくさん。
アジやゲソも入って具だくさん。
マグロをのせて。
マグロをのせて。
最後に芽ねぎを散らして出来上がり。
最後に芽ねぎを散らして出来上がり。
アジやゲソも入って具だくさん。
マグロをのせて。
最後に芽ねぎを散らして出来上がり。

春に旬を迎える魚を使用した『サクラちらし寿司 ランチ』。

虎ノ門〈アンダーズ 東京〉

桜鯛や桜海老など、春に旬を迎える魚を使用したちらし寿司をメインに、料理長おまかせの本日の小鉢2種もトレーに乗せて運ばれてきました。取材時の小鉢は「そらまめ豆腐」と「たけのこの土佐煮」。小鉢でも春らしさを味わえます。

具だくさんでキラキラ光ってる!まさに「ちらし寿司の宝石箱」!!。
具だくさんでキラキラ光ってる!まさに「ちらし寿司の宝石箱」!!。
イクラやウニなどの高級食材もたっぷり!シャリにもかんぴょうやしいたけ、ガリがまぜこまれています。
イクラやウニなどの高級食材もたっぷり!シャリにもかんぴょうやしいたけ、ガリがまぜこまれています。
ホッコリとした春の味「そらまめ豆腐」。
ホッコリとした春の味「そらまめ豆腐」。
シャキシャキした歯ごたえがたまらない「たけのこの土佐煮」。
シャキシャキした歯ごたえがたまらない「たけのこの土佐煮」。
食後は「季節の果物」。取材時はメロンといちご。
食後は「季節の果物」。取材時はメロンといちご。
ホッコリとした春の味「そらまめ豆腐」。
シャキシャキした歯ごたえがたまらない「たけのこの土佐煮」。
食後は「季節の果物」。取材時はメロンといちご。

この他に、赤だしのお味噌汁がでてきて大満足。さまざまな食材が織りなす食感や味わいに、春を目一杯堪能できました。

食後はルーフトップ テラス内「トライアングルエリア」でティータイム。

虎ノ門〈アンダーズ 東京〉

食後のデザートは、希望に応じてさくらガーデン(ルーフトップ テラス内トライアングルエリア)に移動し、東京の絶景と桜を眺めながら、日本茶に桜の花びらを浮かべた桜ティーと共にあじわうことができます。

東京タワーを一望できるテラスは解放感たっぷり!
東京タワーを一望できるテラスは解放感たっぷり!
今回は特別に、1階ペストリー ショップで販売されている「桜ボックス」(3,245円/テイクアウト時)の試食をさせていただきました。
今回は特別に、1階ペストリー ショップで販売されている「桜ボックス」(3,245円/テイクアウト時)の試食をさせていただきました。
虎ノ門〈アンダーズ 東京〉

毎年好評の「桜ボックス」は、桜ショートケーキ、桜オペラ、桜チーズケーキ、桜マカロン、桜ロールケーキ、桜チョコレートテリーヌ、桜ムース、桜タルトの8種入り。それぞれ春の食材を使用したスイーツをテイクアウトし、おうちでお花見が楽しめます。

どれから食べようか迷うくらいカワイイ。
どれから食べようか迷うくらいカワイイ。
桜を浮かべたお茶と桜スイーツ。
桜を浮かべたお茶と桜スイーツ。
左から「桜オペラ」、「桜ロールケーキ」。
左から「桜オペラ」、「桜ロールケーキ」。
ペストリーシェフがこだわった「桜オペラ」。
ペストリーシェフがこだわった「桜オペラ」。
桜風味のクリームやベリーのジャムなど層が美しい。
桜風味のクリームやベリーのジャムなど層が美しい。
どれから食べようか迷うくらいカワイイ。
桜を浮かべたお茶と桜スイーツ。
左から「桜オペラ」、「桜ロールケーキ」。
ペストリーシェフがこだわった「桜オペラ」。
桜風味のクリームやベリーのジャムなど層が美しい。

今年もお花見は自粛モードですが、ホテルの中は桜も活けられていて、目と舌で春を楽しむことができます。スモールサイズのスイーツが詰まった「桜ボックス」はもちろん、春の到来を満喫できるメニューもアリ。日曜日~木曜日限定の「ペリエジュエ フリーフロープラン」や「さくらアフタヌーンティー」など、公式サイトから予約するとお得になるそうなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

〈アンダーズ 東京the SUSHI 〉
『サクラちらし寿司 ランチ』
■東京都港区虎ノ門1-23-4 虎ノ門ヒルズ 森タワー アンダーズ 東京 52F
■03-6830-7739(受付時間 10:00~19:00)
■2021年3月29日(月) ~ 4月2日(金)、4月5日(月)~ 4月9日(金)
■11:30 ~ 15:00 (14:00LO)
※最新の営業時間はこちらをご確認ください。
■ 4,950円
ドリンクオプション
ペリエ ジュエのグラスシャンパン 1,500円
アンダーズ52(徳利 / 1合)2,200円
グラスビール 600円 ※税サ別

公式サイト

葉月 遊
葉月 遊 / フリーライター、カメラ、デザイン

「雑誌やWebで執筆。昭和レトロやアンティークなど、ノスタルジックなものが好き。」

葉月 遊さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る