日比谷 パティスリー パロラ
2020.11.06

ソムリエ厳選のワインとスイーツをペアリングで味わう。 ボルディエバターとコラボした日本初のスイーツ専門店〈パティスリー パロラ〉が〈日比谷OKUROJI〉にオープン。

2020年11月1日、高架下の新スポット〈日比谷OKUROJI(オクロジ)〉に、スイーツ専門店〈パティスリー パロラ〉がオープンしました。店内では、オリジナルスイーツやパフェをコースで味わえるほか、フランスの老舗バターブランド「BORDIER(ボルディエ)」の発酵バターをふんだんに使ったカヌレも日本で初めて販売します。今回は、スイーツのコースで提供されるスペシャリテを味わってきました!

フランス人シェフが手掛ける珠玉のスイーツたち。

日比谷 パティスリー パロラ
日比谷 パティスリー パロラ

有楽町駅と新橋駅の間の高架下を利用した飲食エリア〈日比谷OKUROJI〉に、11月1日、スイーツ専門店〈パティスリー パロラ〉がオープンしました。店内では、オリジナルスイーツにくわえ〈岩手県しあわせ牧場〉の濃厚でコクのあるミルキーな「グラスフェッドミルクの生クリーム」を、季節のフルーツと共にパフェやショートケーキで味わえます。

日比谷 パティスリー パロラ

さらに、日本で初めてフランスの老舗バターブランド「BORDIER(ボルディエ)」とのコラボレーションを実現。滑らかな口当たりと芳醇な香りが特徴のボルディエバターを100%使った「カヌレ」(300円)は、まわりはかため、中はしっとり食感の本格的な味わいです。

デセールコースのスペシャリテを堪能!

シェフ・パティシエ ALEXIS PAROLA ( アレクシ・パロラ)さん。
シェフ・パティシエ ALEXIS PAROLA ( アレクシ・パロラ)さん。
日比谷 パティスリー パロラ

今回は、店内で提供している「PAROLAのプレート・デセール・コース」(3,800円)のスペシャリテをいただきました。フランスやベルリン、スコットランドでシェフ・パティシエとして活躍し、2016年に来日後も自身のビストロを立ち上げ、〈TEPPANAKI 10〉の統括パティシエに従事したフランス人シェフのアレクシ・パロラさんが、美しいスイーツを目の前で用意してくれます。

日比谷 パティスリー パロラ

コースのスイーツには、一品ずつにソムリエがチョイスしたワインやノンアルコールのペアリングドリンクが付いてきます。また、苦手な食材に応じてメニューを柔軟にアレンジしてくれるため、スイーツとドリンクのペアリングを安心して味わうことができますよ。

日比谷 パティスリー パロラ

そして用意されたのが、レモンをモチーフにした見た目が美しい「レモンのスペシャリテ」。レモンの皮の部分はホワイトチョコレートで作られていて、中には酸味のあるミントジュレとクリームが入っています。この美しさ、思わずうっとりと見惚れてしまいます!

日比谷 パティスリー パロラ

レモン部分は固いため、コツコツと叩いて割ってからいただきます。一口食べると、酸味のあるジュレと、爽快なミントの香りが鼻を抜けていきました!まわりのクリームと一緒に食べれば、酸味が和らぎ、まろやかで優しい甘さに。コースでは、さらに2品のスイーツが味わえるなんて贅沢!食後のデザートや、ちょっとしたご褒美気分を味わいたいときに、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

「PAROLAのプレート・デセール・コース」ペアリングドリンク付き
◼︎季節のフルーツ&スパークリングゼリー
◼︎レモンのスペシャリテ
◼︎季節のフルーツ&岩手県「しあわせ牧場」よりグラスフェッド生クリームを使用したデセール
※要事前予約。
※アルコールが苦手な方にはノンアルコールも用意。

〈パティスリー パロラ〉
■東京都千代田区内幸町1-7-1 日比谷OKUROJI
■03-6807-5622
■12:00~20:00
■水休
■10席
公式サイト

稲垣恵美
稲垣恵美 / フリーライター

「北海道出身。食、お散歩、ゆるいもの、ライブなどが好きです」

稲垣恵美さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る