ピエール マルコリーニ 銀座本店
2020.01.23

食べるのがもったいない!!グラデーションのハートチョコ。 大人気ショコラティエ〈ピエール マルコリーニ〉2020年バレンタインの新作登場!

今年もバレンタインの季節がやってきました。〈ピエール マルコリーニ〉の2020年新作のバレンタインチョコレートは、ハートで可愛い見た目と個性的な味を持ち合わせた「グラデーション クール シリーズ」が登場。バレンタイン限定の商品も見逃せませんよ!

〈ピエール マルコリーニ〉のバレンタインがスタート!

〈ピエール マルコリーニ 銀座本店〉。
〈ピエール マルコリーニ 銀座本店〉。

日本でも大人気の〈ピエール マルコリーニ〉は、2015年にベルギー王室御用達の栄誉を授かったベルギーを代表するショコラティエ。カカオにこだわり、五感を刺激するクリエイティブなチョコレートを生み出しています。

ピエール マルコリーニ 銀座本店

〈ピエール マルコリーニ 銀座本店〉のショーケースには、すでにバレンタイン商品がずらり。

4種類の新作ハートチョコレート「グラデーション クール」。

上から時計回りに、「クール フランボワーズ」、「クール キャラメル ブール サレ」(NEW)、「クール ユズ」(NEW)、「クール ローズ パッション」(NEW)、「クール ノワゼット」(NEW)。
上から時計回りに、「クール フランボワーズ」、「クール キャラメル ブール サレ」(NEW)、「クール ユズ」(NEW)、「クール ローズ パッション」(NEW)、「クール ノワゼット」(NEW)。

新作の「グラデーション クール シリーズ」は、〈ピエール マルコリーニ〉で、一番人気の真っ赤なハートの「クール フランボワーズ」をベースに、ピンクからホワイトへとグラデーションのように変化するシリーズ。

「クール キャラメル ブール サレ」は、濃厚な塩キャラメルバター。
「クール ローズ パッション」は、ふんわりとした甘いローズとパッションフルーツ。
「クール ユズ」は、爽やかな柚子とみかんの香り。
「クール ノワゼット」は、ヘーゼルナッツプラリネの香ばしさとビスケットのサクサク感が特徴です。

「クール」は、ベルギーの公用語のひとつであるフランス語で「ハート」という意味。
「クール」は、ベルギーの公用語のひとつであるフランス語で「ハート」という意味。

チョコレートの個性をより楽しむ、おすすめの食べ方は、
(1)まず香りをかぐ。
(2)チョコレートを口に入れて味わう。
(3)最後に、飲み込んだ後の余韻を感じる。

さらに、ベルギーの方は、よくホットドリンクの上でチョコレートをかざし、少し柔らかくしてから食べるそう。私も真似をしてみましたが、口当たりがなめらかになっておいしさがUP!

ハートで感謝を伝えたい、おすすめバレンタイン商品!

「グラデーション クール 8個入り」3,132円。
「グラデーション クール 8個入り」3,132円。

ハートが、赤からだんだんとグラデーションになっているアソートメント。新作の「クール キャラメル ブール サレ」、「クール ローズ パッション」、「クール ユズ」と、真っ赤な「クール フランボワーズ」が、2個ずつ入っているクールシリーズを堪能できる商品です。

「バレンタインセレクション 9個入り」3,672円。
「バレンタインセレクション 9個入り」3,672円。

「グラデーション クール」の新作4種類と「クール フランボワーズ」、そしてブランドの代表的な「ピエール マルコリーニ グランクリュ」が入ったアソートメント。〈ピエール マルコリーニ〉のバレンタインを堪能したいという方は、ぜひこちらを選んでみて!

「マルコリーニ ボンボニエール」 880円。※陶器のみの価格です。
「マルコリーニ ボンボニエール」 880円。※陶器のみの価格です。

今年新登場したのは、チョコレートが1粒入る大きさのハート型の陶器「マルコリーニ ボンボニエール」。ボンボニエールは、ヨーロッパでお祝いごとの際に、砂糖菓子を入れて贈られる陶器や金属の入れ物のこと。
チョコを食べた後も、アクセサリーを入れたり、円錐お香のスタンドとして使えそう!

2020年のバレンタインは、〈ピエール マルコリーニ〉のハートのチョコレートで、大切な人や、自分へも、ありがとうの気持ちを伝えてみませんか?

〈ピエール マルコリーニ 銀座本店〉
■中央区銀座5-5-8
■03-5537-0015
■11:00~21:00、土~20:00、日・祝~19:00
■無休
公式サイト

横尾 有紀
横尾 有紀 / ライター

「音楽業界経由のフリーライター・イベント企画。阿佐ヶ谷在住。日本酒、コーヒー、おいしいごはんとカルチャー系イベント好き。」

横尾 有紀さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る