〈ギャラリー 京都寺町菜の花〉/京都
2022.04.11

今、見ておくべき「うつわ」のギャラリー 京都にオープンした〈ギャラリー 京都寺町菜の花〉へ。

うつわのギャラリーと呼ぶにはちょっと抵抗がある人もいるかもしれない。黒田泰蔵の白磁の作品と井上有一の書となると、ファインアートの世界だろう。よきものを鑑賞し、豊かな時間を紡ぎたい。京都に、ひっそりと新しいギャラリーが誕生した。
〈ギャラリー 京都寺町菜の花〉/京都

〈ギャラリー 京都寺町菜の花〉。主は、ひょいと暖簾から顔を出している高橋台一さんだ。お蔵の扉のような戸を開けて中に入ると、2つの空間に分かれている。小さいながら、内包する世界は深遠である。井上有一の今にも動き出しそうな力強い書と、静かに光を放つ黒田泰蔵の作品が置かれている。そもそもは、1905(明治38)年創業の和菓子店の3代目として生まれた高橋さん。25歳で店を受け継ぐと、15年後には直営店〈和菓子菜の花〉を神奈川県小田原に開く。

小空間ながら内包する世界はとてつもなく大きい。

黒田泰蔵の円筒。何ともいえない凜とした形。近寄りがたいオーラが。それを感じられるだけでも価値がある。
黒田泰蔵の円筒。何ともいえない凜とした形。近寄りがたいオーラが。それを感じられるだけでも価値がある。
パッキリと独特の文字が描かれた暖は、望月通陽(みちあき)の作品。小田原の〈うつわ菜の花〉の暖も同じ望月の作品だ。
パッキリと独特の文字が描かれた暖は、望月通陽(みちあき)の作品。小田原の〈うつわ菜の花〉の暖も同じ望月の作品だ。
黒田泰蔵の円筒。何ともいえない凜とした形。近寄りがたいオーラが。それを感じられるだけでも価値がある。
パッキリと独特の文字が描かれた暖は、望月通陽(みちあき)の作品。小田原の〈うつわ菜の花〉の暖も同じ望月の作品だ。

子どもの頃からうつわや骨董が好きだったという高橋さん、気がつけば、まるでうつわのコレクターのようになっていた。「といっても、私はコレクターではないんだけれど、自分の好きなうつわや書は、ぜひ見てもらいたいと思って」、ギャラリー〈うつわ菜の花〉も手がけた。「直感でいいと思ったものを手に入れる」と言うが、そのよすがとなるのが長年磨き上げてきた美意識だ。

〈ギャラリー 京都寺町菜の花〉は生まれたばかりのギャラリーだが、高橋さんにとってはすでに特別な存在となっている。「長く交流し、集め続けた黒田さんの作品に一番ふさわしいのは、東京ではなく、京都だという確信があったんです。だから、この場所にお店を、というお話をいただいたとき、“黒田さんのための空間”が空いたと思いました。黒田さんのために使いたい、と」

今、井上の書とともに、しっくりと京都という町になじんでいる黒田の作品は、大きく手を伸ばしてのびのびしているように見える。「どうだ、いいだろう」と威張るような作品では、まったくない。高橋さんも同様だ。「どうです、いいでしょ」なんて決して言わない。ただ淡々と、自分の好きな作品を並べ、ここに来る人が何か気持ちを動かして帰ってくれたらいい。ただただ、そんな思いなのである。

2つに分かれた奥の部屋は、茶室のような静寂さに包まれている。寅年の今年にふさわしい、井上有一の勢いある「虎」の書と、黒田の作品の削ぎ落とされた力強い形がおもしろい。
2つに分かれた奥の部屋は、茶室のような静寂さに包まれている。寅年の今年にふさわしい、井上有一の勢いある「虎」の書と、黒田の作品の削ぎ落とされた力強い形がおもしろい。

黒田は生前、高橋さんが井上の書を集めていると聞いて、「井上有一か。そんなにいいかな」と言っていたというが、今は、2人の作品が仲よくマッチしている。高橋さんの慧眼だ。2017年、〈和菓子菜の花〉の社長を勇退し、店を息子に譲った高橋さん。忙しいながらも、感性的な世界に邁進できる環境となった。そんな中での京都への進出である。「京都という町に腰を据え、ここから新たなスタートを切りたいと思っています。いったん、気持ちをリセットして、何年続けられるかわかりませんが、何を見せたいか、よく考えていきたい」。

次々と新しくおもしろい企画を繰り出してきた高橋さんだが、ご本人にとってはごく普通のことだ。これから、どんな驚きを与えてくれるのか、楽しみに待ちたい。

〈ギャラリー 京都寺町菜の花〉/京都

〈ギャラリー 京都寺町菜の花〉/京都

高橋さんが大切にする2人の作家のために開いたギャラリー。様々なことを教えてくれる作品群だ。
■京都府京都市中京区寺町通丸太町下ル下御霊前町633
■075-708-7067
■12:00~18:00 水休

Navigator…高橋台一(たかはし・だいいち)

今年で創業117年を迎える和菓子店の3代目。店名の〈和菓子菜の花〉は小田原市民に募って生まれた。社長勇退後はうつわと共に多忙を極める日々。

(Hanako1207号掲載/photo : Masatomo Moriyama text : Michiko Watanabe)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る