5009b085ae6133b25a3da6c185c673241
2018.12.24

京都の朝食ブーム最前線! NYから京都へ逆輸入!一汁三菜の朝食が楽しめる、烏丸六条〈LORIMER KYOTO〉とは?

そのバラエティの豊かさで、京都の食シーンを賑わせる「朝食」。今回は、一汁三菜の朝食が楽しめるブルックリン発〈LORIMER KYOTO〉をご紹介します。

続々と登場して変化する朝食シーンから目が離せない。

旅先では一食たりとも無駄にしたくない。そんなトラベラーにとってうれしいのが、近ごろの朝食の充実ぶり。喫茶店や料亭の定番に加え、人気のビストロが移転を機にモーニングを始めたり、炊きたてご飯が主役の和食も増えてきた。

7eddb242156074c23f432830cf3ac96d

なかでもユニークなのはブルックリン発の〈LORIMER KYOTO〉。

NYから京都へと逆輸入された、一汁三菜をモダンなカウンターで。

a58f33f8b9cd41f32f75d44978f6548c
秋から登場の一汁五菜2,000円(税込)。カンパチの西京焼きなど魚はその時々で。ローズマリー風味などのアレンジもある。
秋から登場の一汁五菜2,000円(税込)。カンパチの西京焼きなど魚はその時々で。ローズマリー風味などのアレンジもある。

選べる魚料理を主役に、白味噌の味噌汁を合わせた一汁三菜は、一日を気持ちよくスタートさせてくれる。

〈LORIMER KYOTO〉

10ff2775cc2074d40f08032a5c3a9ae3

一汁三菜1,500円(税込)。魚の捌き方レッスンも開催。
■京都府京都市下京区東洞院通六条下ル橋詰町143
■075-741-6439
■7:30~14:30(14:00LO) 水休 
■1F 10席、2F 12席/禁煙

今回教えてくれたのは…

大和さん_似顔絵

ライター・大和まこ
京都に暮らしてかれこれ20年。いつの間にかどの街よりも長く住んだ場所になった。苦手な朝も朝食のためなら起きられるタイプ。マガジンハウス『& Premium』では「& Kyoto」を連載中。

(Hanako1167号掲載/photo : Junpei Aburano (STUDIO CREW), Kunihiro Fukumori text : Mako Yamato)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る