新感覚スイーツ「kimono」も!京都ならではの伝統×モダンなおすすめスイーツ5選
2018.05.29

おしゃれなパッケージがギフトにもぴったり! 新感覚スイーツ「kimono」も!京都ならではの伝統×モダンなおすすめスイーツ5選

伝統とモダンが共存する京都、スイーツも例外ではありません!和柄パッケージが手土産にもぴったりの、おすすめの和洋折衷スイーツをご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

A.〈UCHU wagashi 寺町店〉/寺町丸太町
「今の時代の和菓子をつくって、100年後につなげていけたら」とわくわくする落雁をデザイン。和三盆糖の風味と口溶けを大切に、職人が手仕事で。千鳥の箱は和紙で包んだひと口サイズの「ochobo」詰め合わせ(抹茶やほうじ茶など)1,080円。〈京都タワーサンド店〉では一箱単位でフレーバーが選べる。550円(各税込)。

■京都府京都市上京区寺町通丸太町上ル信富町307 
■075-754-8538
■10:00~18:00 月休(祝の場合は翌休) 

B.〈IKARIYA BEIKA KYOTO〉/三条烏丸
バウムクーヘンなど、世界のさまざまなスイーツにお米を使い、新しいお菓子に。ポン菓子ショコラはサクサクしたポン菓子の食感がアクセント。ホワイトチョコを使ったいちご、煮出したほうじ茶のガナッシュを挟み、茶葉をトッピングしたほうじ茶など、全5種類。各602円。

■京都府京都市中京区高倉通三条下ル丸屋町166-1 
■075-748-1091
■10:00~20:00 月休(バレンタインなどイベントシーズンは営業)

C.〈宗禅〉/西陣
時間の経過によって食感が変化する冷凍わらび餅「串わらび」。10分ほどおいて少し溶かすとシャリシャリ&もちっ、解凍するともちふわ。キウイやさくら、京きな粉など、フレーバーもパッケージも新鮮。和の味は春からわらび餅が丸い形に一新。京都マルイ〈CoCo Color KYOTO〉などでも販売。各270円(税込)。

■京都府京都市上京区寺之内通浄福寺東角 
■075-417-6670
■10:00~18:00 月火休(祝の場合は営業) 

D.〈宇治紅茶館〉/宇治
ムレスナティーが楽しめる〈宇治紅茶館〉と〈レストランよねむら〉がコラボした「ICHIMATSU COOKIE」は注目の最新スイーツ。ムレスナティーの茶葉を使った紅茶や宇治のお抹茶のクッキー、ほうじ茶メレンゲ、チーズ胡椒など、お茶を中心にバランス良く組み合わせ。3,600円。手づくりのため数が多めに必要な場合は予約がおすすめ。

■京都府宇治市宇治妙楽46-2 
■0774-25-3711
■11:00~18:00 月休(祝の場合は翌休)

E.〈京纏菓子 cacoto〉/五条烏丸
貸衣装店の4代目と洋菓子店で修業した奥様がつくった、新感覚スイーツショップ。縁起が良い吉祥文様が描かれた「kimono」は、ホワイトチョコレートの中にスポンジやジャムなどをしのばせた、2口サイズ。あんこが入った矢絣、ドライフルーツを使った束ね熨斗(のし)など、全8種類。8個入り3,672円(税込)。

■京都府京都市下京区東洞院通松原下ル大江町553-5 
■075-351-2946
■10:00~18:00 火休(不定休あり)

(Hanako1146号掲載/photo : Satoshi Nagare styling : Makiko Iwasaki text : Aki Miyashita)

編集部

〈京纏菓子 cacoto〉の「kimono」がかわいい〜

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る