東北土産の新定番スイーツが登場。【宮城】お取り寄せして復興支援できる商品といえば?
2021.03.08

東北三県から自宅へ。 東北土産の新定番スイーツが登場。【宮城】お取り寄せして復興支援できる商品といえば?

ステイホームですっかり定着したお取り寄せ習慣。震災から10年の今、ご当地発のアイテムに改めて注目したい。今回ご紹介するのは、東北の中心地として知られる宮城県。都会的なセンスと斬新なアイデアが光るとっておきを厳選。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
コヤマ菓子店
〈コヤマ菓子店〉のはまぐりもなかくっきー
〈斉吉(さいきち)〉の金のさんま
〈ワンテーブル〉のLIFE STÖCK備蓄ゼリー
〈ワンテーブル〉のLIFE STÖCK備蓄ゼリー/右・バランスタイプ 30g アップル&キャロット味 168円、中・左・エナジータイプ100g ペアー味、グレープ味 各298円
〈FUNADE(フナデ)〉のアクセサリー
〈FUNADE(フナデ)〉のアクセサリー/右・Piece of Sea-六角形 2,000円、左・Triangle Pierce3,400円。

1.東北土産の新定番。和洋折衷の新感覚スイーツ。〈コヤマ菓子店〉のはまぐりもなかくっきー

創業130年の老舗も震災で店舗が流失。2019年、ようやく新店舗が完成した矢先、コロナ禍が直撃。だが、五代目の小山裕隆さんは気仙沼復興の牽引役として奮闘中。「はまぐりもなかくっきー」は、ふわサクの食感で人気を集めている。アーモンド5個入り1,100円。
■宮城県気仙沼市魚市場前1-31
■0226-22-0868
■9:00~19:00 水休

2.命がけで守ったタレがおいしさを紡ぐ。〈斉吉(さいきち)〉の金のさんま

三陸で水揚げされた新鮮で大きなさんまを、骨まで柔らかく甘いタレで炊いたご飯のお供。気仙沼の郷土料理として、地元はもちろん、全国にファンを持つ。大正10年の創業以来、代々継ぎ足してきたタレは震災当日、工場スタッフが持ち出し守られた。贈り物にもおすすめ。4切れ入り972円(税込)(斉吉 0120-251-761)

3.震災の経験から生まれた備蓄食。〈ワンテーブル〉のLIFE STÖCK備蓄ゼリー

災害直後は、まず水が不足する。そんな経験に基づき、開発されたゼリータイプの備蓄食。5年半保存可能で、種類はエネルギー補給と栄養補給の2タイプ。かさばらないのもありがたい。

■onetable.info@onetable.jp
https://lifestock.ontbl.com/LP1/

4.被災した大漁旗をリメイクデザイン。〈FUNADE(フナデ)〉のアクセサリー

漁師さんから譲り受けた大漁旗約300枚から生み出される、オリジナルのアクセサリーやポーチ。糸1本に至るまで無駄にせず、すべてハンドメイドでリメイク。石巻のお母さんたちも製作に携わっている。
■宮城県石巻市中央1-4-3
■0225-98-8683
■10:00~17:00 無休

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る