203

もっとパパたちにも学校に出入りしてほしい!|モデル asacoの4回目の育児 – fourth time around Learn 2021.03.09

ここ最近、女性蔑視発言の一件からさまざまな場所でジェンダー平等の声が聞こえてくるようになりました。
それこそ40代のわたくし、幼少期を「男性と女性」「父と母」その違いが明らかだった昭和の時代を生きてきたので、男女が平等に共存する社会が広がることはすばらしい!と、その動きをうれしく見守っている毎日です。

なのですが、ある日ふと、自分にとって一番近い場所でいつまでも解決しないジェンダー問題があることに気づいてしまったのです。

202

先日、まだまだ緊急事態宣言があけない中で、小学校の保護者会が初めてzoomで開催されました。
「おー! ついにzoom導入かぁ~」と、感慨深くなるわたし。なぜなら、去年の突然の休校期間は、どうしても家庭と学校がオンラインで繋がれなかったからです。

その経験を経て、学校が前向きにオンラインに挑戦していく姿にグッときたのも束の間、とある違和感に気づきました。
おそらく保護者たちもリモートワークが増えたであろう今、画面の向こうに映るのはほとんどが女性。そこに、パパたちの姿がほぼ見当たらなかったのです。

203

公立小学校通算7年目のわが家ですが、それこそ長女が入学してからしばらくの間、学校との関わりの煩わしさから、係はできるだけ避ける、保護者ともあまり関わらない、われながら非常に感じの悪い親だったと思います…。

それが、子どもたちが学校生活を送る間に、こんな私にも少しずつPTAの友だちができて、ついに小学生ママ4年目に学級代表をしたことで、ガラっと景色が変わることになります。
大変だ~と思って敬遠していた係も、いざやってみるといろんな保護者たちと関わる機会が増えて友だちが増えるし、学校の様子も分かるし、なんなら先生たちとも気軽にお話しできちゃう!

なんだ~意外と楽しいんじゃ~ん!って思ったのが純粋な感想でした。ただ、入り込めば入り込むほど、いつも腑に落ちないことがあって、それは学校に出入りしている保護者たちがほぼ「母親」であることでした。

学期ごとに必ず開催されるクラス単位の保護者会も、もちろんそこで選出されて係になる人も、顔ぶれはママたちばかり。なぜにこんなにパパの姿が見えないのだ!?と疑問に思ったのです。

思えばわたし、通算7年同じ公立小学校に通って、連絡先も知っていて気軽にごはんにだって誘えちゃうパパ友ってたった一人…。
ママたちに比べて断然関わってないんだから、そりゃそうなるんですけど、なんだか貴重な子育て期に共感し合えるパパたちと出会える機会を逃している気がして、とても残念なきもちになるのです。

204

うちの夫の政治くんは、会社勤めではないので家にいる時間も多く、家事もこなすし料理もするし、子どもたちの面倒も本当によくみてくれる、いわゆるイクメンです。
でも、学校のことになるとなぜだか毎度尻込みしがち。他はいろいろやってくれるのに、そこだけは頑なに避けようとするんです。

どうしても保護者会に出られないときは代わりに出席してくれますが、基本はわたし任せなので、あるとき「自分の子どものことなんだから、もっと関わってよ!」と詰め寄ると「だってさ、そもそも母親しかいないところに俺ひとりで参加するの気まずくない?」と返されて、妙に納得してしまったこともありました。

このモヤモヤを以前世田谷区のとあるイベントで知り合ったパパにはなしをしたら、偶然わが子たちが通う小学校の運営委員さんということが判明!彼のお子さんはまだ未就学児なのですが、学校の現状を伝えるといろいろと共感してくれて、「変えていこう」と突如一緒に動き出すことになりました。そこでまず考えたのが「世帯で受け持つ」ということ。

保護者会も基本世帯(夫婦)での参加、毎年クラスで2名選出される学級代表も夫婦連名、PTA役員、会長も然りです。そうすることで、個人で請け負う負担も半減して、夫婦で話し合いながら係を運営できるのでアイディアは2倍。
なにより、パパもママも関わる機会が増えて、学校内がより明るくなるんじゃないかなぁと思ったのです。

ちなみに、動き出す前に周りの友人たちにヒアリングすると、やっぱり学校によって違いは多少あるようで「うちの学校は、PTA会長夫婦でやってるよ~」なんてところが既にあったり、インターナショナルスクールは、わりとなんでも夫婦参加だって聞いたり。
役員は女性ばかりなのにPTA会長だけはなぜか男性が多い、という声もたくさん聞こえてきました。

205

とはいえ、この違和感に気づけるのも、わたしに上と下で10歳離れた子どもたちがいるからなのかもしれません。もし中1の長女と小5の長男ふたりだけだったら、疑問に思って動こうと思った時には子どもたちがその小学校を卒業しちゃうんですよね。

わたしはまだ、同じ小学校に今後10年ほどお世話になる予定です。
(通算17年?!)実は児童生徒はもちろん、先生方だって移動が激しい公立の小中学校、みんなにとっては通過点であるからこそ、学校に居座る時間が長い保護者やその地域に根付いた人たちが、学校そのものを見守ることが大切なのかもしれないなぁと感じました。

今までの当たり前に囚われることなく、いつでも新しい風を取り入れられる土台を作って、みんなで地域を象徴するような校風を築き上げる。
そのカラーを受け継ぐことで、町にも学校にも「らしさ」が生まれるような気がしています。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR