1

念願の対面イベント! 区議の友人とわたしたち区民のおはなし会をゆる〜くカフェで開催しました|4回目の育児 – fourth time around Learn 2021.12.28

早いもので、今回のコラムが2021年最後の投稿となります。昨年は締めくくりになにを書いたかなぁと見返してみると、そうだ! 「child at heart!」の活動を再開すると発表したのでした。

サイトの立ち上げから1年、当初は”子育てお悩み相談室”や美容のこと家族キャンプのことなどテーマごとに記事をアップすることがメインだったのですが、時間とともに変化がありました。

というのもコロナ禍の2021年、人に会えないはずがめちゃくちゃ人との出会いに恵まれた1年でした。春ごろ爆発的にシェアされたClubhouseや地域のFBページを通じて、わたしの住む世田谷にお友だちがたくさんできたのです。そのみんなが「世田谷をより良くしよう」と志のある人たちばかりで、気づけばわたしもいろんな地域活動に参加するように。パパママに向けた発信をメインに考えていた「child at heart!」は、自然と”世代を超えて地域で繋がろう”というメッセージを伝えるプロジェクトに変わっていったのです。

先日、コロナ禍でなかなか叶わなかった対面イベントをchild at heart!として初めて開催しました。第一弾は”talk together”と銘打って世田谷区議の中山みずほさんとのおはなし会。

2

さかのぼって10月31日の衆院選、今回も思ったほど投票率が伸びなくて、心底ガッカリした方も多かったのではないでしょうか。ご多分に漏れずわたしもその一人で、どうしたらこの状況から抜け出せるのだろう? と解決の糸口を探っていました。その中で閃いたのが「普段からもっとみんなで政治に触れようよ」ということ。なんというか、自分の暮らしのすぐそこに政治があると実感できれば、おのずと投票率も上がると思ったのです。

となれば、一番身近な区政から。みずほさんとはもともと友人で、区議になってからも気軽に連絡ができちゃう頼れる姉貴的存在。彼女のおかげでわたし自身もずいぶんと区政を自分ごとに感じられるようになりました。なんなら”選挙のときにポスター貼られてる人”みたいに感じていた区議さんの硬いイメージさえも払拭されて「この感覚をもっと世田谷のみんなにもシェアしたい」そんな想いから今回のイベントに至ったのでした。

だったら、とことん行政の堅苦しさをとっぱらお~! というわけで、おはなし会の場所に選んだのは、わたしがパワースポットと崇めるお洒落セレクトショップ”SISTER MARKET”併設のカフェ(店主のあかねちんに相談したら快諾してくれました、ありがとう!)。

そこにお手製のホットチャイとミントティーを持参して、ランチタイムはわたしが夫と手がけるマフィオでお弁当をご用意、あえてカフェイベントみたいなゆる~い雰囲気を演出して開催しました。

3

当日は1部と2部、2回開催をして、どちらの会も参加してくれた人たちの興味関心によってさまざまなテーマで大盛り上がり。実は、そこまで演出したにも関わらず、肝心な集客で少々苦戦をしてめちゃくちゃ凹んでいたのですが(こう見えてガラスのハートなんです、わたし(笑))、みなさんの熱意あふれる議論の数々がこれからの希望でしかなく「開催してよかった」と心から思える瞬間でした。

4

ちなみに、具体的にどんなことが話題にのぼったかというと、

【学校の校則】

・2ブロック(髪型)なんでいまだに禁止なの?

・公立校の校則はHPで閲覧できるようになってる

【制服のこと】

・卒業生から新入生へリサイクルできたらいいな!(ジモティと絡める?)

・私服と選べるようにしたい

 ・もともと経済格差が見えないようにするものだったのに、今は金額も高くて家計を苦しめる

【みんなの居場所】

・支援が必要な子が見えづらい

 ・ジニ係数(世帯収入の格差)実は世田谷はかなり高い

 ・両親共働きで子どもが一人で過ごす時間が増えている

 ・高齢者の一人暮らしも増えていて、一日誰とも話さないこともあるみたい

 ・そんなみんなが集える、地域に開けた場所がもっと欲しい!

【給食のこと】

 ・残飯どうしてる? 必要な人に届けられないかな

 ・学校にコンポストがあったらいいな

 ・ストローアクション(マイストロー持参or直飲み)をPTAで企画している

【環境のこと】

・世田谷区、コロナ禍で家庭ごみがめちゃくちゃ増えている

・トイレットペーパーの芯、お菓子の箱、ティッシュペーパーの箱は可燃ごみじゃなくて資源ごみ! その分別をするだけでごみ減量につながる

・年末年始、世田谷では"ごみ100t減チャレンジ"を掲げてるよ

・コンポストの助成金、またやって欲しい

みどり33(みどり率33%を目指す政策)現在25%くらいだけど、33%まで上げるには砧公園12個分の緑を増やさないと!

【公園のこと】

・禁止看板が多すぎる

・ボール遊びOKな公園って、世田谷に11コしかないらしい

・ポジティブな看板(できることが書かれた看板)に変えていきたい

・地域の人たちがもっと繋がれば、そもそも禁止看板なんて必要なくなるんじゃないか

5

……ざっと書き出しただけでもこれだけあります。話し出すと次から次へと話が膨らむんです。そして、個々に来てくださったみなさんが、会が終わる頃にはまるで”チーム世田谷”のような一体感。こうやって来年も、わたしは地域の方とつながる活動をいろんなテーマを掲げて続けていきたいなぁと思っています。

6

2021年、今年もわたしの拙い文章にお付き合いいただきありがとうございました。2週間に一度訪れる原稿の締め切りが、いつしかわたしにとってなくてはならない心地よいルーティンになりました。来年はすでにやりたいことがてんこ盛りすぎて、より一層熱い文章が多くなるかもしれませんが、ぜひとも温かく見守っていただけますと幸いです。

ではみなさん、良いお年を~!

2021年吉日 asaco

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR