n_IMG_4755

連載「拝啓、〈星〉へいらっしゃいませんか?」/第9回 シンガポール旅行に外せない!異国情緒漂う街「リトル・インディア」に行ってみた。【元ハナコのシンガポール書簡】 Learn 2018.02.28

第9回は多国籍国家・シンガポールの象徴的なエリア、リトル・インディアについて。建物やお店、寺院によって醸し出される雰囲気、街に漂う香り。訪れたのはインドだったっけ? と不思議な気持ちになる街をご紹介。

先日のお手紙に、リトル・インディアでのインド料理巡りにハマっていると書きました。というわけで今回はリトル・インディアとはなんぞや、そして個人推しのレストランについてまとめてみますね。

リトル・インディアの成り立ち

外務省統計によれば、インド系シンガポール人は、中華系、マレー系に続き、3番目に多い民族。このインド系シンガポーリアンが多く暮らすインド人街こそ、リトル・インディアです。

IMG_2357

イギリス統治下にあった1840年代、リトル・インディアがある場所には競馬場があり、これを社交場としてヨーロッパ人が住んでいました。しかし牛飼いが多いエリアでもあり、この作業を、同じくイギリスの植民地だったインドから集めた移民労働者に担わせるように。次第にモスクやヒンズー教寺院が建立され、インド系民族の街として定着していきました。

独特の建物が異国情緒を盛り上げる

同エリアに異国情緒を与えているのが、「ショップハウス」と呼ばれる東南アジアの伝統的な建物。赤や緑などの原色で塗られた外壁は、他のエリアで見られるパステルカラーのそれとは全く異なる雰囲気です。

IMG_23481

リトル・インディアのショップハウスは、さまざまな年代の建築様式が混ざっているのも見所。1840年代から1900年代に建てられた高さ低めのアーリー・ショップハウス、ローマの建築様式の影響を受けた1900年前後のファースト・トランジョン、1900年代から1940年代の富裕層に合わせた華やかなレイト・ショップハウス、幾何学的なデザインを施したアールデコなど、ディティールもチェクを。

IMG_23531

この街をさらに活気づけるのが、ショップハウスの壁に描かれた大胆なアート。

IMG_23661

実はこれ、年々増えています。「シンガポールアートウィーク」の一環として2015年から始まった「アート・ウォーク」にて、シンガポールの美術大学・ラサール芸術大学の学生がリトル・インディア内で壁画をはじめとする作品を発表しているのです。2018年のアート・ウォークの様子はこちら
エリアのメインロードとなるSerangoon Road(セラングーン・ロード)沿いには個性的な外観の寺院も。

IMG_23581

こちらは街の中心部にあるSri Veeramakaliamman Temple(スリ・ヴィラマカリアマン寺院)。

IMG_2359

シヴァ神の妻であるカーリーが祀られています。参拝可能ですが、入る際は靴を脱ぐのをお忘れなく。

IMG_23451

香辛料や色とりどりの果物、アクセサリー、雑貨、花環など、どこを見ても好奇心を刺激されるものがいっぱい。Serangoon Roadを中心に、路地を右へ左へとウロウロしてみてください。

カレー大好き。各地方のインド料理に出合えます

言わずもがなで、インド料理店がたくさん。チキンやマトンをミルクや生クリームを使った濃厚な味つけにまとめるのが特徴の北インド系、魚介類や豆を中心に酸味と辛味をきかせてさっぱりさせている南インド系など、各地方の味が揃います。

IMG_2368

日本人の口に馴染みやすくおすすめしたいのが、インド東部のベンガル地方と、北部のパンジャブ地方の味を提供する「mustard」。必オーダーは、ココナッツの実に入った海老カレー。スプーンでココナッツを削りながら食べ進めます。シナモンやクローブ、カルダモンが香るカレーは、クリーミーでマイルド。ごろごろ入っている海老も最高! テーブル数が少ないので予約必須です。

IMG_0852

【mustard】
■住所:32 Race Course Road, Singapore 218552
■アクセス:MRT・Little India駅より徒歩2分
■営業時間:11:30〜15:00(土16:00)、18:00〜22:45
■定休日:無休
■URL:http://www.mustardsingapore.com/

IMG_3473

続いて「Komala Vilas」。南部のタンジャーヴール出身、ラジュー氏によって1947年に創業した老舗ベジタリアン・レストラン。ここを訪れるのは「ドーサが食べたい!」という衝動に駆られた時。ドーサとはインド版クレープ。同店のドーサには少しチーズが含まれているのか、香ばしいのが特徴。表面パリパリのドーサを、5種のカレーや3種のおかずと合わせていただきます。
【Komala Vilas】
■住所:24-26 Race Course Road, Singapore 218548(他2店舗あり)
■アクセス:MRT・Little India駅より徒歩2分
■営業時間:11:00〜22:00
■定休日:無休
■URL:http://komalavilas.com.sg/

IMG_4755

「SARAVANAA BHAVAN」はホーカーセンターなどにも出店し、カジュアルに楽しめるのが魅力。ここのターリー(米やパンとおかずがセットになったインドの定食)はベジタリアン向けに構成されているにもかかわらず、1品1品のおかずが丁寧に作られていて、野菜だけとは思えないほど満足感あり。ビリヤニもおかずもほぼ毎日内容が変わるというから、何度行っても楽しめます。
【SARAVANAA BHAVAN】
■住所:84 Syed Alwi Road, Singapore 207663(他複数店舗あり)
■アクセス:MRT・Farrer Park駅より徒歩4分
■営業時間:9:00〜23:30(金土祝24:00)
■定休日:無休
■URL:https://saravanabhavan.com.sg/

ほかにも、シンガポール名物のフィッシュヘッドカレーが看板の「Muthu’s Curry」や「Banana Leaf Apolo」などご紹介したい店は山ほどありますが、刺激的なスパイスの香りを思い出したら、お腹がすいてきました。カレーを食べてこようと思うので、このあたりで……では、お元気で。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR