L10093733

モデル・斉藤アリスが英語と日本語で東京を案内! Alice’s TOKYO Walk vol.8〈Ameshin〉at Asakusa Learn 2018.02.11

「あれ?こんなお店あったっけ?」馴染みのエリアから少し足を伸ばせば、そこには私の知らないTOKYOがたくさん。そんなまだ見ぬTOKYOとの出会いを求めて、お散歩へ出かけました。

“Oh...I never knew there was a place like this!”
If I go a little farther from my favorite areas, there is so much more TOKYO that I haven’t yet found. So, I go out in search of new discoveries.

DSC000592

日本のお祭りを賑わせてきた伝統芸といえば飴細工。こちらはアメシンの創業者・手塚新理さんの作品「金魚」。独学で学び28歳という若さでこの工房を立ち上げました。

A traditional performance at Japanese festivals is sculpting candy. This piece, titled 'Goldfish ', was made by Tezuka Shinri, who founded his studio 'Ameshin' when he was 28.

a5b2e92cdf53c4c35a8d243cb56d260c

工房では飴細工づくりが体験できます。チャレンジするのは飴細工職人が最初に習うというウサギ。

You are able to try sculpting candy for yourself. Let's try to make a rabbit, which is a beginner's sculpture.

L10093602

まずは職人さんのデモンストレーションを見て、ハサミの使い方、カットや形成をする順番を教わります。飴は3分ほどで固まってしまうので、集中して作業する必要があります。

At first, you watch a demonstration by a professional and learn how to use the scissors, the way of cutting, and the shaping process. The candy will harden in around 3 minutes, so you have to stay focused.

L10093802

熱々の飴を受け取ったら、あとは時間との闘い。70〜90度くらいある飴は思った以上に熱くて柔らかい。飴が垂れないようにひっくり返しながら形を作ります。

Once you receive your ball of candy, the battle against time begins. The candy is 70〜90℃ and is hotter and softer than I expected. Sometimes you need to turn it upside down to prevent the candy from drooping.

L100937321

ハサミを入れた部分は冷めて固まりやすくなるので、切り出したらすぐに形を整える必要があります。耳や手足、尻尾など、バランスよく仕上げるのは至難の技。

The part of the candy you cut will cool and harden quickly, so you need to hurry. It is extremely difficult to cut out well balanced ears, hands, legs, tails, and so on.

L10094082

2回練習をしてから本番に挑みます。右が1回目で左が3回目。だんだん上達しているでしょ? 回を追うごとに、だいぶウサギらしくなりました。

After practicing twice, you make your final sculpture.
My first attempt is on the right and my last is on the left. I improved little by little, didn't I? It more closely resembled a rabbit as time passed.

L10094452

体験教室(1人3000円)には事前の予約が必要です。詳しくは電話またはHPのメールにてお問い合わせください。

You need to make a reservation in advance to participate in the workshop (¥3000 per person). Please check the homepage or call the number below if you have any questions.

DATA
Ameshin(飴細工 アメシン 浅草本店工房)
☎03-5808-7988

東京都台東区今戸1-4-3 1F
木休
11:00〜18:00

Taito-ku Imado 1-4-3 1F
Closed:THU

飴細工 アメシン 浅草本店工房

※飴細工の購入はスカイツリータウン・ソラマチ店のみ可能。

(photo:Haru Wagnus)

☆vol.7〈nukumuku〉at SangenjyayaClick here!

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR