スタジオに入ると、ずらりと並ぶカラフルな毛糸たち。これらはインテリアに馴染むカラーをセレクトしワークショップ用に染色した糸。インテリアに馴染むようなカラーを中心に約80種類ほどの糸をセレクト。

自分の好きなデザインをカタチに。 予約殺到の新感覚ワークショップ!〈KEKE〉で自分だけのオリジナルラグ作り体験をしよう。 Learn 2021.10.31

10月26日(火)、東京・根津にオリジナルのラグ作りを体験出来るタフティングスタジオ〈KEKE(ケケ)〉がオープン。家で過ごす時間が増えている今だからこそ、気持ちの上がるものに囲まれたい。よりお家時間が満喫する、自分だけの好きがつまった一点もののラグ作りを体験しよう。

オリジナルのラグ作りを体験出来るスタジオ〈KEKE〉がオープン!

初心者でも手ぶらで気軽に本格的なラグ作りを楽しめるため、今SNSで人気を集めているタフティングスタジオ〈KEKE〉。10月26日(火)から、実際にラグ作りを体験出来るワークショップの受付がスタート。

東京・根津 タフティングスタジオ〈KEKE(ケケ)〉ラグ作り体験

〈KEKE〉は、徳島でラグマットを製造するブランド〈MIYOSHI RUG(三好敷物)〉とパートナーシップを組みオープン。オーナーの中武薫平さんは、「ワークショップを通してラグを作る楽しさ、日本のタフティング業界を盛り上げていくことを目指したい」と語る。

〈MIYOSHI RUG〉が提携する 徳島の工場。
〈MIYOSHI RUG〉が提携する 徳島の工場。
こちらの工場では、熟練の職人が1点ずつ手作業でラグを作成。
こちらの工場では、熟練の職人が1点ずつ手作業でラグを作成。
工場長として、長年携わっている高尾公男さん。
工場長として、長年携わっている高尾公男さん。

ワークショップでは、自身で考えたデザインをもとに最大で60cm四方や長方形のラグが製作可能。糸はスタジオに並ぶ約80種類のラインナップから自由に選ぶことができる。完成したラグは、玄関やリビング、壁にかけたりしてみるのもよし。どこに配置するか、どんなデザインにしようか、と考えるだけでもワクワクする。

スタジオに入ると、ずらりと並ぶカラフルな毛糸たち。これらはインテリアに馴染むカラーをセレクトしワークショップ用に染色した糸。インテリアに馴染むようなカラーを中心に約80種類ほどの糸をセレクト。
スタジオに入ると、ずらりと並ぶカラフルな毛糸たち。これらはインテリアに馴染むカラーをセレクトしワークショップ用に染色した糸。インテリアに馴染むようなカラーを中心に約80種類ほどの糸をセレクト。

いざ、オリジナルラグ作りを体験!

まずは使用する糸をセレクト。カラーラインナップが豊富で、見ているだけで幸せな気持ちに。
まずは使用する糸をセレクト。カラーラインナップが豊富で、見ているだけで幸せな気持ちに。
色をミックスさせて使うのも可能とのこと。
色をミックスさせて使うのも可能とのこと。
本番の前に一旦練習。タフティングガンの使い方、コツを教わる。
本番の前に一旦練習。タフティングガンの使い方、コツを教わる。
自身でデザインした画像をスクリーンで映し出し、キャンバスの上にペンで印をつける。
自身でデザインした画像をスクリーンで映し出し、キャンバスの上にペンで印をつける。
ラグ糸をタフティングガンに通して、いざラグ作りをスタート。
ラグ糸をタフティングガンに通して、いざラグ作りをスタート。
曲線の部分が難易度が高く、かなり慎重に。一度スタートすると夢中になってしまう。
曲線の部分が難易度が高く、かなり慎重に。一度スタートすると夢中になってしまう。
東京・根津 タフティングスタジオ〈KEKE(ケケ)〉ラグ作り体験

ラグに使用できる色数は6色まで自由に選ぶことが可能。サイズも60cm×60cm程度内であれば、正方形や長方形、円形でもお好みの形が選べる。自身で考えたデザインは、予約日の7日前までに提出し、その際にラグ制作が難しいデザインの場合のみ修正。

東京・根津 タフティングスタジオ〈KEKE(ケケ)〉ラグ作り体験
東京・根津 タフティングスタジオ〈KEKE(ケケ)〉ラグ作り体験

4時間ほど作業して、完成!通常は約5〜6時間(12:00〜18:00)ほどかかるとのこと。

東京・根津 タフティングスタジオ〈KEKE(ケケ)〉ラグ作り体験
東京・根津 タフティングスタジオ〈KEKE(ケケ)〉ラグ作り体験
東京・根津 タフティングスタジオ〈KEKE(ケケ)〉ラグ作り体験

作業が完了したら、表面の糸が均等になるようにカットして調整。最後の仕上げである糊付けをして、滑り止めの網シートを貼り付けする加工も体験。出来上がったマットは、アトリエにて乾燥させて、その後自宅へ配送してくれる。

自身でデザインし、ハンドメイドで作ったからこそ愛着のあるラグマットに。部屋のどの場所に置こうかと悩む、届くまでの時間も楽しい。だいたいワークショップ終了後、1週間ほどで自宅に届くのだそう。

オリジナルアイテムも販売!

〈MARIA SAKURAI〉×〈KUMPEI NAKATAKE〉によるコラボレーションアイテム「DAYDREAM」。
〈MARIA SAKURAI〉×〈KUMPEI NAKATAKE〉によるコラボレーションアイテム「DAYDREAM」。
下は、〈MIYOSHI RUG〉とコラボした「凸凹BLOCK RUG」。
下は、〈MIYOSHI RUG〉とコラボした「凸凹BLOCK RUG」。

手軽に部屋の模様替えをしたい人には、〈KEKE〉と〈MIYOSHI RUG〉 の公式オンラインストアにてオリジナルラグの購入が可能。ハンドメイドならではの優しい風合いの、部屋が明るくなるユニークなラグたちがラインナップ。また、タフティングガンやヘッシャンといったラグ作りに必要な機材や資材の販売も予定しているという。是非そちらも合わせてチェックしてみてほしい。

今回教えてくださったのは。

右から、中武薫平さん、妹のちゆりさん。
右から、中武薫平さん、妹のちゆりさん。

グラフィックやインテリアなどに関わるデザインを手掛けながら、傍らで趣味制作していたラグが人気を集め、タフティングスタジオ〈KEKE(ケケ)〉をオープンした中武薫平さん。

家で過ごす時間が増えている今だからこそ、自分だけのこだわりのラグを敷いた部屋で、よりお家での時間を充実させよう。

〈KEKE〉
■東京都台東区池之端3-3-9 花園アレイ105
■12:00〜18:00
■月・水・金休
〈KEKE〉公式サイト
※ワークショップの予約は公式サイトから受付中。
〈KEKE〉公式Instagram
〈MIYOSHI RUG〉公式Instagram

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR