97F32233-5505-4DFC-AB57-02339228E51F

編集Tが通う、心やすまるカフェ&喫茶店。「渋カフェ」その16 本郷の〈万定〉がフルーツパーラーであり続ける理由。 Learn 2018.01.10

Hanakoスイーツ担当が、よく訪れるカフェ&喫茶店をご紹介しています。レトロなテーブル、懐かしくてかわいいメニュー。不思議と落ち着く「渋カフェ」。ウッディな世界でのんびりしたひとときを。前回の上野〈王城〉はコチラ連載トップはコチラ。16回目は本郷らしいお店の一つ〈万定〉。

A1396008-1B3E-4739-B87A-5BC8EBA9E3B4

本郷三丁目の駅からますぐ北へ。東大前の並木道の向かいに、ひっそりとハヤシライス、天然ジュースの文字が登場します。カレーライスの部分は、夏場ならツタの葉に隠れて見えないかも。

12E7984F-317A-4867-97C0-D81E817D8C73
FA35D03B-7CB1-494B-A0F1-A96DFBDE6E49

大正3年創業建築。昭和に入って表側を看板建築風に直したというお店は、当時の面影があちこちに。赤と黄色のストライプの庇が、なんとも印象的。看板には「フルーツパーラー」の文字が。

07DD5B7A-2ABC-46B9-8355-074A460ED189
4EE063C3-576F-4ED0-BD0C-7B6C091C1D74

メニューに天然オレンジジュース、いや、オレンヂジュース。350円。

84E99C3A-65B4-4DEC-B232-509069BAAB5D

レトロなテーブルに柑橘の鮮やかな色が映えます。他にバナナジュースやレモンスカッシュも。一度「カットフルーツもあるんですか?」 と尋ねたら、「昔はそういうのもあったけど」とマダム。聞けば「大正の創業時は表が青果店で、東大病院に行く人や教授たちが買ってくれていたけど、フルーツパーラーでカレーとハヤシを出したらそれが学生達にウケて、そのうち食事制限が一般化してお見舞いに果物を持ってく人も少なくなり、表の青果店は先代が亡くなった時に閉じてしまった」のだそう。

つまり「シャッターはそのときの名残り」だったのです。

AA761DD8-3CFB-4DB9-AF76-4FBBB529593D

パリみたいに年季の入った床。

496E3D37-F265-4149-A64A-ED92FB657DC7

いつしかここの看板メニューは、天然ジュースとカレーに。シンプルなスープカレーの味には、昔から変わらない、西洋へ憧れた昭和の夢がひっそりと。小麦粉から炒めて、野菜をペースト状にして煮込んだカレーは750円。トマトをしっかり使った甘辛のハヤシライスも人気。「フルーツメニュー全部は出来無いから、先代の意志をついで、フルーツパーラーとして天然ジュースだけは出し続けているんですよ」

794FB0B1-A56B-4785-BE2D-BA35FB78F0DF

懐かしい縦にスリットが入った窓ガラス。

71459968-54B5-4535-942A-D9D5AFF4730E

天井の大きな扇風機。中央のカウンター。関東大震災、戦争の被害も逃れた内装。往年の活気が見て取れます。

84F735D1-BE55-456A-8A3D-301692FF56AA

必見は昭和9年製のレジスター。今も現役でガチャン!とお釣りが登場します。マダムの上品な語り口が耳に心地よくて、来るたびについ色々質問してしまうのですが、文教エリアである本郷でずっと愛され続けているのは、レトロな空間だけが理由ではないのかもしれません。

〈万定〉
東京都文京区本郷6-17-1
電話:03-3812-2591
営業時間:11:00〜15:00
不定休
40席
禁煙

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR