RITUEL

花井悠希の朝パン日誌 vol.8 忙しいあなたに行ってほしい、駅近パン屋さん…〈RITUEL〉と〈テコナベーグルワークス〉 Learn 2017.10.02

お散歩しながら買いに行くのもワクワクしますが、駅近って、やはり魅力的。忙しくても美味しいパンを食べたい、そんなあなたに、駅から2分以内で着く(※私調べ)パン屋さんをご紹介します。ここなら乗り換えのタイミングにも寄れちゃいますよ。

通り抜けるはパリの風?…〈RITUEL〉の「タルト」と「エスカルゴ」

青山にお店のあるパリ発のブーランジェリー〈RITUEL〉が、この夏伊勢丹新宿店に、三越伊勢丹限定ブランド〈RITUEL le grand de blé〉(リチュエル ル グランド ブレ)としてオープン。

RITUELの看板商品「エスカルゴ」に加えて、食パンやバゲット、スティック状のパイまで、三越伊勢丹限定商品も多数あって、幅広いラインナップがずらりと並んでいます。ショーケースの中に整えられ並ぶ様は、綺麗にあたる照明も相まって、まるでジュエリーのよう。

その中で、私はこの3品をチョイスしました。

タルト ア ラ ポム(りんごのパイ)
タルト ア ラ ポム(りんごのパイ)

なんと気高くバターが香るパイなのか!

こんなにリッチな香りを放ち、バターのコク豊かな甘みを感じられるのに、口にねっとりと油分が残るわけではなく、サクッと軽い口切れで後味あっさりなんて、衝撃的です!

生地を薄く仕上げてあるからか、パイの主張が厚かましくないんです。涼しい顔で、すごいことやってのけちゃうタイプの人ですね。(←×人 ○パイ)

上のベイクドアップルは、りんごの酸味が生かされたフレッシュさもありつつ、シナモンの香ばしさも引き立っています。コク深いのにしつこくない、絶妙なバランスを感じずにはいられません。

タルト・オ・レギュム(さつまいものパイ)
タルト・オ・レギュム(さつまいものパイ)

一目惚れとは、まさにこの事。

見るからにしっとりと焼き上げられたさつまいもが、こぼれ落ちんばかりに積み上げられているこのルックス。あぁ、全さつまいも好きとこの眼福をシェアしたい。

リベイクしてみると、トースターのドアから、芳醇なバターの香りにのせて、フェンネルの香りが漂ってきて、おっ!?と好奇心をくすぐられます。

RITUEL

おやおや。

よく見れば、ゴロゴロとしたさつまいもの下に、ペーストにされたさつまいもがパイに塗られているじゃありませんか!さつまいも好きの心を掴んで離しませんね、リチュエルさん!(←謎テンション)

パイはしっとり感もありつつ、サクサクさらさらと解けていく食感。塩気が少しあるから、お芋さんを全力で引き立ててくれています。ねっとりというよりはホクホクと仕上げられたさつまいもを、パイのバターの強いコクでホールド!

そうか、私、焼き芋にバターを落として食べるのが好きなのですが、パイとさつまいもで同じ現象になっているのですね!これは大発見だ!(←大袈裟)

そして、そんなシンプルな美味しさだけかと思いきや、忘れちゃいけない散らされたフェンネル。噛むとハーブの清涼感が、風のように通り抜けていきます。目を閉じれば、初夏のヨーロッパの街並みすら見えてきそうな爽やかさ。フェンネルの香りがプラスされるだけで、どこにもないここだけのさつまいもパイに。

エスカルゴレザン
エスカルゴレザン

リチュエルを代表するパンであるエスカルゴレザンは、このパイの美味しさを心ゆくまで楽しめます!ぷりぷりのレーズンがいいアクセント!

RITUELはスカイブルーのショップ紙袋にも、パンを包んでくれるペーパーナプキンにも、パリのモチーフが可愛いイラストとなって散りばめられてるんです。このショップ紙袋を手にするだけでウキウキすること間違いなしですよ♪

みんなの好きを刺激するベーグル・・・〈テコナベーグルワークス〉のベーグル

代々木八幡駅または代々木公園駅からすぐに位置するこちら。

食感が「むぎゅむぎゅ」「ふかふか」「もちもち」と3種類あり、それぞれに合わせたフレーバーで展開されています。青のりチーズなど和風な組み合わせもあり、ここでしか出会えないようなフレーバーがたくさんあるのが魅力です!

ふか スパイスココナッツクリーム&煮りんご
ふか スパイスココナッツクリーム&煮りんご

「ふかふか」の略で「ふか」。

ベーグルらしいモチっと感がありつつ、歯切れのいい生地は、どんなフィリングやクリームがきても馴染んでくれる安定感があります。

練りこまれたスパイスココナッツクリームと煮りんごがしっかりと主張して、いいバランスです。

そして、煮りんごとクリームの部分、周りが少し空洞になっているのですが、この空洞こそ私的最高に美味なポイント!

テコナベーグルワークス

ココナッツがしゃりっと時折顔を出す、カルダモンの香り豊かなクリーム部分も、シャキシャキと食感を残した煮りんごのコク深い甘みもたまりませんが、その2つを包むようにあいた空洞には、2つの旨味が充満していて、噛んだ時にぱふっと抜けるその空気に2つの良さが混ざり合っていてたまらないのです。

この空気、ごちそうです!

ふか アールグレイキャラメルラムレーズン
ふか アールグレイキャラメルラムレーズン

紅茶の香りがふんだんに香り立ち、とても穏やかな心地に浸ります。紅茶の香りって、なぜこんなにも心静まり、優雅な気持ちにしてくれるのでしょう。そのベーグル生地を、目を閉じ味わい食べ進めると……出てきました。キャラメルクリームandラムレーズン。

もったりとしたキャラメルクリームが、舌に絡みつきます。キャラメルもラムレーズンも大好きな私に、畳み掛けるようにキャラメルのこっくりした甘みとラムレーズンの香りと味が広がり、代わる代わるやってくる大好き味の波にクラクラします。

私を取り合いしてる!?(←妄想がすぎる)

そしてトップに散りばめられたかぼちゃの種を噛んだ瞬間、お口いっぱいに秋がやってきました。涼しくなってきた今のムードにぴったりなベーグルです。

もち(クランベリーミルク)
もち(クランベリーミルク)

冷凍しておいたので半分に切ってトーストしました。

トーストされたカリカリ感と、内側の<ふか>よりも少し重めなもっちり生地との対比が楽しいです。ホワイトチョコの直線的じゃない、まあるい甘みは、しみじみともちもちの生地を介して広がって、穏やかな味わい。上の二つよりもシンプルなテイストですが、大粒のクランベリーのぎゅっとした果実感が、ホワイトチョコのまったりした風味にアクセントを与え、最後まで新鮮にいただけます♪

重めの食感から柔らかめの食感まで、甘いものに甘くないもの、和風テイストまで。自分の好きをピンポイントで突いてくるベーグルに、きっと出会えるベーグル屋さんです。

これから寒くなっていく季節にもありがたい駅近パン屋さん。ぜひ頭の片隅にでも覚えていてくださいね。

☆前回の記事はコチラから
☆連載一覧はコチラから

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR