埼玉 五千の龍が昇る聖天宮

本山順子の迷子のお守り〜お寺と神社、お散歩アラカルト〜 埼玉県坂戸市〈五千頭の龍が昇る聖天宮〉へ。【前編】初めてづくしの道教寺院をリポート! Learn 2020.06.06

モデル・本山順子が神社仏閣、教会や寺院を国内外問わずご紹介する本連載。第50回目は埼玉県坂戸市を街詣で。記念すべき50回目にあたる今回は、初の道教寺院〈五千頭の龍が昇る聖天宮〉にお邪魔してまいりました!道教とは、中国の三大宗教(儒教、仏教、道教)の一つで、「老師の学」とも呼称されているのだそう。それでは早速!詣でましょ〜う!

埼玉 五千の龍が昇る聖天宮

のどかな田園地帯に突如として現れる煌びやかな〈五千頭の龍が昇る聖天宮〉。仏教、儒教は聞き馴染みがあるけれども「”道教”は聞いたことないかも…」という方も多いのではないでしょうか?何を隠そう、私もこの連載を始めてから知りました。世界にはいろんな宗教があるんですね〜!受付の門から威風堂々のこの佇まいです。

獅子・唐獅子のメス。
獅子・唐獅子のメス。
獅子・唐獅子のオス。
獅子・唐獅子のオス。

道教では獅子・唐獅子さんがお出迎え♪可愛らしいですね〜!子どもとじゃれあっているのがメスで、銭を背負っているのがオスなのだそうで、それぞれ陰陽を表しています。

埼玉 五千の龍が昇る聖天宮

なんと驚くべきことにこの巨大な聖天宮、台湾の貿易商である康國典さんが神のお告げにより、個人で建てられたのだそう!台湾から一流の宮大工を呼び寄せて15年もかけて造られたそうです。うひゃ〜、恐れ入りました。

埼玉 五千の龍が昇る聖天宮
埼玉 五千の龍が昇る聖天宮

前殿の外側の壁には目を見張るような密度で石に彫刻が施されており、その緻密さに思わず「ぎょあーー!」と変な声が漏れ出てしまいます…!立派な龍が彫られた柱はなんと一枚の岩から彫られているのだそう。透し彫が施されており、石が何層にも重なっています。す、すごい…職人技!

埼玉 五千の龍が昇る聖天宮

前殿にはたくさんの神様がずらり!高さ3.5mもある一枚の楠の板から彫られており、写真中央の神様は「鎮守宝殿山門神」。門番として参拝者の通行を許可する神様なのだそう。この彫刻は大きな扉になっており、閉まると外側を向く造りになっていました。

埼玉 五千の龍が昇る聖天宮

台湾おみくじも発見!番号札を引き、表と裏にそれぞれ陰、陽が書かれている”シンプエー”という木札を落とします。「陰・陰」は番号札からもう一度引き直し、「陽・陽」はもう一度木札を落とします。「陰・陽」に揃ったら引いた番号のおみくじを引くことができます。神様が自分に合った番号を選んでくださり、許可があってはじめておみくじをひき、お言葉をいただけるのですね〜。ありがたや〜。

埼玉 五千の龍が昇る聖天宮

そしてまた前殿の天井がすごいことに!なんとこの「八卦天井」の中には500柱もの神様がいらっしゃるのだそう!全てのスケールの大きさに度肝を抜かれます…!

埼玉 五千の龍が昇る聖天宮
埼玉 五千の龍が昇る聖天宮
埼玉 五千の龍が昇る聖天宮

お守りも初めて拝見するような珍しいもので、生まれ年の色、性別により180通り(!)のお守りがあるのだそう。ご利益によって裏の図柄が代わり、その図柄がどれもかわいい…!訪れるたびにお線香の煙に3回くぐらせるとご利益が増すのだとか。

埼玉 五千の龍が昇る聖天宮

美しい回廊を抜けて、次回はいよいよ本殿へ!何もかもが初めてみるものでワクワクしてしまいます♪

初めて訪れた道教寺院。せっかくなので2回に分けてゆっくりとご案内させていただきたいと思います♪装飾の煌びやかさに圧倒されてしまいますが、実はチャーミングで朗らかな空気を纏う〈五千頭の龍が昇る聖天宮〉。お参りの仕方など、まだまだご紹介したいところがたくさん!それでは皆様も良いお参りを〜!

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR
お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選いま最も注目を集めるスポット・町田。活気あふれる商店街を始め、地元の人に愛される洋食店、100年以上続く名店など、気になるお店が盛りだくさんなんです。そこで、今回は“レトロ”をキーワードに、いま行くべきグルメスポットを厳選。次の休日、きっと町田に行きたくなる!(PR/町田市)Food 2023.03.22 PR
SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR