GINZA SIX

銀座へのお出掛け前にチェック! 美容・食・カルチャーの目利きが提案する〈GINZA SIX〉ワンランク上の楽しみ方 Learn 2017.09.03

今年春、銀座6丁目にオープンした〈GINZA SIX〉。美容・食・カルチャーの目利きに、全241店舗を誇る銀座の新ランドマークの楽しみ方を教えてもらいました!

最新複合商業施設は情報発信拠点。

GINZA SIX

銀座6丁目にオープンした〈GINZA SIX〉の魅力は商業施設面積約4万7000 m2 を生かした開放感。なかでも草間彌生の作品を展示した2階から5階までの吹き抜けは圧巻。フロアの随所にアートが展示され、店舗に併設されたギャラリーも多く、施設内を巡るだけで胸がときめく。

タイムアウト東京ディレクター・東谷彰子さんリコメンド!〜FOOD〜

古き良き百貨店の食堂がモダンに進化したような〈銀座大食堂〉はテラス席が心地いい。

GINZA SIX
GINZA SIX

〈銀座大食堂〉
■0570-001-432

「10の専門店がそろう〈銀座大食堂〉のおすすめはテラス席。各店からアラカルトメニューをオーダーできるのも魅力。昼と夜では雰囲気ががらりと変わり、銀座の夜景を楽しめます」(東谷さん。以下同)

「パフェアラモード」(1,000円)
「パフェアラモード」(1,000円)

通常の2倍の抹茶を使用した〈辻利〉の濃い茶のソフトクリームや旬に合わせ期間限定の〈綾farm〉の生ドライフルーツなどここでしか味わえない味も多く、日本の食文化を体感できる。

GINZA SIX

〈辻利〉
■03-6263-9988
「外国人エディターが全員うなったのが、銀座店でしか味わえない『辻利ソフト 濃い茶』(写真左584円)。夏限定『辻利ソフト 夏のパルフェ』(写真右880円)もおすすめ」

GINZA SIX

〈綾farm〉
■03-6263-9739
「旬の果実による『生ドライフルーツ』(フルーツ2種選べて2,400円)はネットでも購入できないここだけの限定品。生でドライとはパラドキシカルですが食べると納得!お酒にも合うんです」

〈ターミナルギンザ〉は、銀座観光の拠点に。

GINZA SIX

〈TERMINAL GINZA(ターミナルギンザ)〉
■03-3575-1327
「荷物の一時預かりや観光案内など国内外旅行者向けのツーリストセンター。併設された〈ローソン〉は24時間営業で寿司型パッケージのタオルや銀座老舗の逸品などのお土産も充実。注目は全国各地のお醤油が並ぶ棚」

GINZA SIX
東谷彰子

タイムアウト東京ディレクター・東谷彰子
とうや・あきこ/ロンドンを本拠地として39カ国で刊行されているシティガイド『タイムアウト』東京版のディレクター。東京の魅力を世界目線で発信。

美容エディター・平 輝乃さんリコメンド!〜BEAUTY〜

〈シャネル〉のコスメ自動販売機や〈ディオール〉のフレグランスを探せるデジタルツールなどハイブランによる仕掛けも話題に。マルセル・ワンダース設計の〈メゾンデコルテ〉、田根剛設計の〈クレ・ド・ポー〉などは眺めるだけで刺激される空間。

GINZA SIX

〈Maison DECORTÉ(メゾンデコルテ)〉
■03-6264-6706
「なんと180分100,000円という究極のコースも!120,000円の『AQ ミリオリティ インテンシブ クリーム』を全身に1個使い、肌やボディの状態に合わせたオーダーメイドなのでコスパはかえって高いと評判です」(平さん。以下同)

GINZA SIX

〈uka(ウカ)〉
■03-6263-9981
「オープン記念の限定ネイルオイルやコートが即完売するほど人気の〈uka〉。ショップの奥に驚くほど静かでリラックスできるサロンが。ショッピングの休憩がてらネイルケアもできます」

また内側からキレイになれる食べ物にも注目。上質な〈HACCI〉のはちみつや〈JOTARO SAITO〉のアイスバーもぜひ体感して。

銀座 HACCI

〈HACCI(ハッチ)〉
■03-6228-5698
「色とりどりのはちみつボトルを並べたウォールはフォトジェニック!写真を撮る人も多いそう。コスメからスイーツまで〈HACCI〉のはちみつビューティを全て体験できます。限定商品も販売」

GINZA SIX

〈JOTARO SAITO(ジョウタロウ サイトウ)〉
■03-6263-9961
「着物ブティックの奥にあるカフェは知る人ぞ知る穴場。色彩が美しく、上質な素材でつくられたアイスバーは、木箱に入れることもできギフトに最適。屋上庭園で水盤を眺めながら味わうのも贅沢です」。各550円~。

平 輝乃

美容エディター・平 輝乃
たいら・てるの/コスメやサロンなどの美容情報を各女性誌に発信。『GINZA SIX MAGAZINE』創刊号の美容ページも担当するなど館内の情報も網羅。

フリー編集者・長谷部 敦さんリコメンド!〜CULTURE〜

隈研吾設計の3,600,000円のモバイルハウスまで購入できる〈GINZA SIX〉は最旬のモノ情報をつかめる場所。書籍と並んでディスプレイされているアートや日本刀まで販売している〈銀座 蔦屋書店〉のなかでも特筆すべきなのは〈リシャール・ミル ライフスタイルラボラトリー〉。10,000,000円オーバーの超高級時計の世界観の一端を、誰でも気軽に垣間見られる貴重な空間!

GINZA SIX

〈銀座 蔦屋書店(ぎんざ つたやしょてん)〉
■03-3575-7755
「アートと日本文化をテーマにした書店。日本各地の工芸品やオリジナル雑貨のコーナーも充実していて、アートに詳しくなくても楽しめます。朝9時からカフェも書店もオープンし、朝は独り占めしている気分に」(長谷部さん。以下同)

GINZA SIX

〈Leica Store(ライカストア)〉
■03-6263-9935
「ドイツの老舗光学機器メーカー〈ライカ〉のストアにもギャラリーが併設。気軽にアートとしての写真を楽しめ、生活雑貨などカメラ以外のアイテムも充実してます」。双眼鏡ケース付き108,000円。

GINZA SIX

〈snow peak MOBILE(スノーピークモバイル)〉
■03-6263-9836
「〈GINZA SIX〉で販売しているモノでいちばん欲しいな、と思ったのがアウトドアメーカー〈スノーピーク〉が企画したモバイルハウス。隈研吾設計の木造トレーラーハウスをメインに販売する発想そのものが斬新」

GINZA SIX

〈CIBONE CASE(シボネケース)〉
■03-5537-3101
「日常づかいの雑貨からクリエイターの作品まで、なかなか目にしないとんがったモノがそろいます。持ち帰れるサイズの商品が多いのもポイント。ギャラリースペースでは企画展示も」。

右(16,000円)、左(5,000円)
右(16,000円)、左(5,000円)
長谷部 敦

フリー編集者・長谷部 敦
はせべ・あつし/『GoodsPress』『BestGear』編集長を経てフリーに。ギャラリー〈Basement GINZA〉のイベントも企画するなど幅広い分野で活躍。

GINZA SIX
GINZA SIX

〈GINZA SIX(ギンザ シックス)〉
銀座松坂屋跡地の6丁目にオープン。商業施設面積約47,000 m2 、全241店舗を誇る複合商業施設。館内には様々なアートが展示され、観世能楽堂を併設するなど、文化施設としても注目の的。
■東京都中央区銀座6-10-1
■03-6891-3390

☆〈GINZA-SIX〉のプレス内覧会レポはコチラ!
☆〈GINZA-SIX〉の地下2階フードフロアレポはコチラ!
☆老舗「てんぷら山の上Ginza 」レポはコチラ!

(Hanako1139号掲載/photo : MEGUMI (DOUBLE ONE) text : Noriko Maniwa illustration : Naoki Shoji)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR