金沢〈福光屋〉

金沢の日本酒飲み比べで“旅行気分”を楽しみましょ! 金沢〈福光屋〉の日本酒をお取り寄せしておうち時間をまったり過ごそう。 Learn 2020.05.01

女子旅に人気のスポット「金沢」。金沢で最も長い歴史を持つ〈福光屋〉は、日本酒を始め、発酵食品などを販売している酒蔵です。バリエーション豊富な日本酒の中から、おうち時間が楽しく過ごせる日本酒セットをご紹介します。

金沢からお土産が届いたみたいな気分が楽しめる「ひゃくまんBOX」。

金沢〈福光屋〉

今回オンラインショップで頼んだのは、石川県観光PRマスコットキャラクター「ひゃくまんさん」デザインの持ち手つきBOXに入った手軽な純米酒の詰合せです。

金沢〈福光屋〉

箱が可愛くてワクワク!!さっそく箱から取り出してみました。
〈福光屋〉の定番「福正宗」や「加賀鳶」、“ひゃくまんさん”がラベルになった「カップ酒」など計6種入っています。お酒は到着時、冷蔵で届いたので、すぐにでも飲めるのが嬉しい。

福正宗 ひゃくまんカップ 旨口&福正宗 ひゃくまんカップ 辛口 。

福光屋 金沢
金沢〈福光屋〉

まずは石川県観光PRマスコットキャラクター「ひゃくまんさん」をラベルにしたカップ酒からご紹介。
可愛くて思わずジャケ買いしたくなるようなユニークなパッケージが人気のカップ酒は、お土産や旅のお供にお勧めです。
おうちではキオスクで買えそうなおつまみと一緒に楽しめば、ちょっぴり旅情感も味わえるかも??

・福正宗 ひゃくまんカップ 旨口 200mL 1本
白色を基調としたラベルの「旨口」は、肴を選ばないさらりとした旨味が特徴。

・福正宗 ひゃくまんカップ 辛口 200mL 1本
黒色を基調としたラベルの「辛口」は、完熟醗酵によるみずみずしい香りと爽やかな酸味が特徴。

加賀鳶 純米吟醸&加賀鳶 極寒純米 辛口。

金沢〈福光屋〉
金沢〈福光屋〉

男女問わず人気が高いのは「加賀鳶 」。
値段も手ごろなので日常酒としてもお勧め。まずは2種の味を飲み比べてみましょう。

・加賀鳶 純米吟醸 180mL 1本
契約栽培の山田錦と金紋錦にこだわり、丹念に仕込んだ純米吟醸酒。豊かに広がる吟醸香と、お米の旨味がいきたキレの良い飲み口が特徴。フルーティーなのに呑み飽きず、とてもバランスの良いのが特徴。

・加賀鳶 極寒純米 辛口 180mL 1本
厳冬の時期に低温醗酵でじっくり仕上げたキレの良い純米酒。お米の旨味が広がるウマ辛いお酒です。
純米酒の定番としてビギナーから酒通に至るまで、全国のお酒好きから幅広く支持されているそう。

福正宗 純米辛口 生詰&福正宗 氷温生貯蔵酒 辛口ドライ。

金沢〈福光屋〉
金沢〈福光屋〉

金沢の居酒屋さんや商店でも取り扱っているポピュラーなお酒です。食事を選ばないので、こちらも食卓酒としてお勧め。

・福正宗 純米辛口 生詰 180mL 1本
加賀百万石の城下町として栄えた食の国「金沢」で、最も愛されている地酒「福正宗」は、〈福光屋〉の代表銘柄。和食はもちろん、イタリアンやフレンチなど、ジャンルを問わず相性が良く、幅広い温度帯で美味しく楽しめるオールマイティーなお酒。

・福正宗 氷温生貯蔵酒 辛口ドライ 180mL 1本
厳寒の酒蔵で仕込んだ純米酒を生のまま氷温で貯蔵した「福正宗 氷温生貯蔵酒 辛口ドライ」は、長らく地元金沢で多くの飲食店から支持されているお酒です。しぼりたての生の風味が生きた、軽やかでドライな味わいは、肉料理など脂っこいお料理との相性がいいかも!

話は変わりますが、乾きものがのっているお皿は、金沢をはじめとする、石川県の陶磁器の「九谷焼」です。金沢の雰囲気をとことん楽しむなら食器にこだわるのも楽しみ方の1つです。

コンビニでも揃う「金沢風」のおつまみで乾杯!

金沢〈福光屋〉
金沢〈福光屋〉

美味しいにお酒は「おつまみ」も大事。
コンビニでも日本酒を楽しむのにピッタリなおつまみを揃えることができます。

オンラインショップでは、他にも飲み比べセットが見つかります。どのお酒にしようか迷ったら、飲みごたえ十分な「飲み比べでセット」がお勧めですよ。

それでは、乾杯~!

〈福光屋〉
■「ひゃくまんBOX」2,750円(税込)。※送料別
■ 石川県金沢市石引2-8-3
■0120-293-285
公式サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR