「秘伝豆とクスクスのサラダ」
2021.03.09

第56回 日本の美味しさ簡単レシピ お豆がたっぷり入った絶品サラダ。「秘伝豆とクスクスのサラダ」の簡単レシピ。

旅行先で買ったり、おみやげでもらったストックフード、キッチンに埋もれてませんか?料理家さんたちが提案する、日本各地のストックフードを使った簡単レシピの連載をコツやポイントとともに紹介します。今回は、パティシエの中村樹里子さんが山形県の「秘伝豆」をアレンジしました。

本日のストックフードは…「秘伝豆」

秘伝豆

山形の専門農家から直接仕入れた大粒の青大豆。一晩水で戻して茹でれば枝豆のできあがり。甘みとコクが別格で、一度食べたらそのおいしさにやみつき。360g 1,080円(税込)(ほうさく世田谷店 03-5761-5433)

【From 山形県(白鷹町)】
庄内地方特産の枝豆といえば「だだちゃ豆」だが、秋に収穫される「秘伝豆」は大粒で味が濃い。

作り方はこちら

■材料(2人分)
・秘伝豆(水で戻したもの)…50g
・キュウリ…1/2本
・アボカド…1/4個
・セミハードチーズ…30g
・クスクス…50g
・水…50ml
・EXオリーブオイル…大さじ1
・ライム…1/4個
・ミント…20g
・塩…適量

「秘伝豆とクスクスのサラダ」

1.鍋に水を沸騰させ、塩ひとつまみとクスクスを入れて蓋をして弱火で1分、火を止めて5分蒸らす。

「秘伝豆とクスクスのサラダ」
「秘伝豆とクスクスのサラダ」
「秘伝豆とクスクスのサラダ」
「秘伝豆とクスクスのサラダ」
「秘伝豆とクスクスのサラダ」
「秘伝豆とクスクスのサラダ」
「秘伝豆とクスクスのサラダ」
「秘伝豆とクスクスのサラダ」

2.アボカド、キュウリ、セミハードチーズはそれぞれ5mm角に切り、キュウリは塩もみしておく。

3.ボウルに冷ました1と2、茹でた秘伝豆を入れ、EXオリーブオイル、塩ふたつまみ、刻んだミントを加え、ライムを搾り、しっかり混ぜる。【point】キュウリを軽く塩もみしてそのままクスクスと和えると、その水分と塩気が浸透しておいしくなる。

「秘伝豆とクスクスのサラダ」

4.皿に盛り、ミントの葉(分量外)を飾る。

「秘伝豆とクスクスのサラダ」の完成です。

「秘伝豆とクスクスのサラダ」

今回レシピを教えてくれた先生は…

中村樹里子さん

中村樹里子(なかむら・きりこ)/1980年生まれ。29歳で渡仏し、パティシエとして働く。現在は、東京・目黒にある〈Restaurant Kabi〉のデザートを担当している。

(Hanako1194号掲載/photo : Chihiro Oshima text & edit : Kayo Yabushita)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る