無題 (16)
2021.10.10

第100回 最高のお醤油が食べたい! ひとさしで高級料亭の味に!〈ヤマロク醤油〉の再仕込醤油「鶴醤」〜眞鍋かをりの『即決!2,000円で美味しいお取り寄せ』~

予算は即決価格の2,000円以内!眞鍋かをりさんがネットで見つけた美味しいお取り寄せ商品を紹介する本連載。今回は〈ヤマロク醤油〉の再仕込醤油「鶴醤」です。

みなさんは、普段どんなお醤油を使っていますか?好みもありますし、用途で使い分けることもありますよね。私はけっこうお醤油を色々試してみるほうで、いつもわりと良いものを買ってはいたのですが…今回おとりよせしたお醤油はあまりにも素晴らしくて、もうウチはこれで決まりかもしれません。お醤油の銘醸地・小豆島で150年の歴史を誇る〈ヤマロク醤油〉の再仕込醤油「鶴醤」。再仕込みとは、お醤油を作るときに入れる塩の代わりに、一度仕込んだお醤油を入れて作ったもの。つまり、原料も手間も2倍かかっているのです。

IMG_8653
IMG_8655
IMG_8656
IMG_8653
IMG_8655
IMG_8656

「鶴醤」一本 500ml 1,650円。こちらの蔵では本物の木桶で仕込んでいるだけでなく、絶滅の危機にある木桶を作って後世に残す取り組みもしています。ラベルにはしっかりと「再仕込醤油」の文字が。倍の原料が使われているだけあって色はかなり濃いめ。しかし、たまり醤油のようにトロっとはしていません。

それではいただきます。

image0
image1
image2
image0
image1
image2

お刺身につけて、ストレートにあじわってみます。大豆の香り、コクと旨味がぎゅっと凝縮されていて、それなのに塩分はやや控えめ。味わいの奥深さに驚きます。

image0 (1)

お料理に使っても、味わいがぐっと格上げされます。こちらは、ささみとネギに、再仕込醤油とごま油とすりごまをかけて和えたもの。シンプルなのに、色々と手間を加えたような一品に。照り焼きや煮物には、いつものお醤油に大さじ一杯ぶん程の再仕込醤油をブランドして作るだけで、出来上がりが全然違ってきます。他にも、冷奴や卵かけご飯に使えば何倍も美味しくなってしまいますよ。ちょっと手放せなくなりそう…!人気で品薄になる時期もあるようですが、この先も買い続けたいと思う一品です。

眞鍋 かをり
眞鍋 かをり / タレント

「1980年生まれ。横浜国立大学在学中からタレント活動を始め、ブログ執筆が話題となり「元祖・ブログの女王」と呼ばれる。現在はタレント活動と子育ての充実した毎日を送る。一人旅とチーズとワインが好きで、チーズについては「C.P.A チーズプロフェッショナル」という資格も持っているほど。眞鍋かをりオフィシャルブログ http://blog.livedoor.jp/kaworimanabe/

眞鍋 かをりさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る