〈noncaron〉京都
2020.11.28

第78回 インスタグラマーきょんさんの京都カフェ案内! 京都初!?ふっくらフォルムが愛らしい韓国マカロン専門店〈noncaron〉へ。~カフェノハナシ in KYOTO〜

いつもどこかのカフェで過ごしているという、インスタグラマーきょんさんが、京都のカフェ&喫茶店をご案内。そこで見つけた「ここにきたらぜひオーダーしたい一皿!」を、ピックアップ。今回は、知恩院前に建つ雑居ビルの4階にオープンした韓国マカロン専門店〈noncaron〉を訪れました。
〈noncaron〉京都
カフェは空の色が鮮やかに映える屋上に。
カフェは空の色が鮮やかに映える屋上に。
アトリエのような店内でも◎
アトリエのような店内でも◎
〈noncaron〉京都
カフェは空の色が鮮やかに映える屋上に。
アトリエのような店内でも◎

マカロンと聞いて、思い浮かべるあの少し円みを帯びたシャープな形よりも少しふっくらとしたボディが特徴的な韓国マカロン、こと”トゥンカロン”。

〈noncaron〉京都

知恩院前に建つ雑居ビルの4階にオープンした韓国マカロン専門店〈noncaron〉には、着色料不使用のとびきり可愛いトゥンカロンたちが勢揃いしています。

まさにアートなメニューの数々!

ブリュレ・抹茶・ヌテラ 380円
ブリュレ・抹茶・ヌテラ 380円

想像よりもずっと優しい風味なトゥンカロン。安定的で絶対的な組み合わせ”ヌテラ”、香ばしさとともに甘みを伝える”ブリュレ”、ほんわかした香りが鼻腔を抜ける”抹茶”。多彩な顔ぶれを前にして、どれをオーダーしようか迷うところだけど、一つ一つが見た目に反して軽やかなので、気になったものはとりあえず頼んでみる、というのもあり。

「ブルーベリー」450円
「ブルーベリー」450円

中には、フルーツで彩りを添えたトゥンカロンも。酸味がアクセントとして加わる”ブルーベリー”は、最後の一口まで楽しく味わえる上品な風味が特徴的。あっさりとしていてキレが良く、うまくまとまった甘酸っぱさにハマります。

「センタルギウユ」780円
「センタルギウユ」780円

日本語に訳すと、"生いちごミルク”の意となる一日30杯限定の”センタルギウユ”。果肉感を残したいちごソースの甘酸っぱさと牛乳のまろやかさが一体となったこちらのドリンク、この赤と白のコントラストを映し出すまでの工程がまさにアート。崩してしまうことに申し訳なさすら感じるけれど、よーく混ぜてからいただいて。

今まで食べてきたマカロンとの決定的な違い、見た目以上に素朴な甘さにあるように感じました。その甘さが、口の中でずっと余韻として残り続けるわけではなく、気がつけばすっと消えいくような、実にあっさりとした感覚。フォルムだけを切り取ると、今までにはない愛らしさを秘めた新しい姿をしているけれど、風味は主張控えめというギャップが素敵です、トゥンカロン。

〈noncaron(ノンカロン)〉

〈noncaron〉京都

■京都市東山区松原町272-5 4F
■11:00〜18:00 水休
■Instagaram:@non.caron

きょん
きょん / インスタグラマー&キュレーター

「関西を中心に全国のカフェ情報をインスタグラムにて発信中。 ほぼ毎日どこかのカフェで過ごしてます。」

きょんさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る