Le café de BenoÎt 京都
2020.08.08

第70回 インスタグラマーきょんさんの京都カフェ案内! 【京都】パリの屋根裏のようなコーヒーサロン〈Le café de BenoÎt〉へ。~カフェノハナシ in KYOTO〜

いつもどこかのカフェで過ごしているという、インスタグラマーきょんさんが、京都のカフェ&喫茶店をご案内。そこで見つけた「ここにきたらぜひオーダーしたい一皿!」を、ピックアップ。今回は川端通り沿いに5月30日オープンしたコーヒーサロン、〈Le café de BenoÎt〉を訪れました。
パリの屋根裏部屋を彷彿とさせる詩的で美しい内装。
パリの屋根裏部屋を彷彿とさせる詩的で美しい内装。
こんなところにも隠れたカフェ席が。
こんなところにも隠れたカフェ席が。
パリの屋根裏部屋を彷彿とさせる詩的で美しい内装。
こんなところにも隠れたカフェ席が。

川端通り沿いに5月30日オープンしたコーヒーサロン。空気感、空間デザイン、メニュー構成、それらすべてが調和することで生まれた独自の世界観に、ここが京都であることをすっかり忘れてしまうほど、思わずうっとりしてしまいます。

がっつりメニューからオーガニックジュースまで。

「Parisのカフェセット」2,500円(税別・カフェ・オレ+50円)※1日10食限定
「Parisのカフェセット」2,500円(税別・カフェ・オレ+50円)※1日10食限定
Le café de BenoÎt 京都
「Parisのカフェセット」2,500円(税別・カフェ・オレ+50円)※1日10食限定
Le café de BenoÎt 京都

バタートースト、ドリンク、フランス産エメンタールチーズ、フランス産ソーセージ、くるみ、ゆで卵、そしてフルーツの盛り合わせという、まるでホテルで供される朝食のようなフルセット。添えられたチーズは、そのまま味わってももちろんいいけど、個人的にはトーストにペーストしてもおすすめ。バターとはまた違った味わいの膨らみを楽しめます。

「アランミリアのセット」2,900円〜(税別)
「アランミリアのセット」2,900円〜(税別)
※写真はライチネクター(3,100円)×エルメス。
※写真はライチネクター(3,100円)×エルメス。
Le café de BenoÎt 京都
「アランミリアのセット」2,900円〜(税別)
※写真はライチネクター(3,100円)×エルメス。
Le café de BenoÎt 京都

「果実を飲む」という表現がぴったりなアラン・ミリアのジュース(ライチ・マンダリン・ピーチ)を、特別なグラスとともに提供。グラスは、バカラ・エルメス・サンルイの3ブランドから好みのものをチョイス。このほか、先ほどの「Parisのカフェセット」でもお伝えした、バタートースト、チーズ、ソーセージ、くるみ、ゆで卵、もセットに。

「カフェ・グルマン」1,500円(税別)※13時以降にオーダー可。
「カフェ・グルマン」1,500円(税別)※13時以降にオーダー可。

サンミッシェルのガレットをはじめ、さまざまな国のお菓子を一口サイズで提供する、フランス式のおやつセット。コーヒーを飲みながら一口、本読みながら一口、またコーヒーを飲みながら…なんて楽しみ方もできる、カフェ時間のおともに最適メニュー。

Le café de BenoÎt 京都

店幅約105cmというひっそりと奥まったミニマム空間。時間の経過とともに加速していく外の世界とのギャップがたまらなく素敵な場所、それが〈Le café de BenoÎt(ル カフェ ド ブノワ)〉。忙しさなんてものが全くないひとときに、気がつけばすっかりリラックスムードへ突入してしまいました…。この感覚を日常でも保つことができたら、毎日がより幸せになりそうな気がします。

〈Le café de BenoÎt(ル カフェ ド ブノワ)〉

■京都市左京区川端通二条下る孫橋町31−14
■9:00〜16:00 日・祝 水午後休(不定期の水休)
■Instagram:@le_cafe_de_benoit

きょん
きょん / インスタグラマー&キュレーター

「関西を中心に全国のカフェ情報をインスタグラムにて発信中。 ほぼ毎日どこかのカフェで過ごしてます。」

きょんさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る