喫茶カレーの真骨頂。〈喫茶茶の間〉でいただくどこか懐かしい、家庭的なカレーの味わい。~カフェノハナシin KYOTO vol.49〜
2019.08.24

第49回 インスタグラマーきょんさんの京都カフェ案内! 喫茶カレーの真骨頂。〈喫茶茶の間〉でいただくどこか懐かしい、家庭的なカレーの味わい。~カフェノハナシin KYOTO vol.49〜

いつもどこかのカフェで過ごしているという、インスタグラマーきょんさんが、京都のカフェ&喫茶店をご案内。そこで見つけた「ここにきたらぜひオーダーしたい一皿!」を、ピックアップ。第49回目は、初めて食べたその瞬間から記憶に焼き付き虜となった喫茶カレーのある〈喫茶茶の間〉さんを訪れました。
きょん
きょん / インスタグラマー&キュレーター

「関西を中心に全国のカフェ情報をインスタグラムにて発信中。 ほぼ毎日どこかのカフェで過ごしてます。」

きょんさんの記事一覧 →

ふとしたとき求めたくなるのが、喫茶カレー。

chanoma

酷暑で茹だりそうな日も、極寒で凍えてしまいそうな日も、ふとしたとき求めたくなるのが、喫茶カレーの存在。素朴な見た目でありながら、お店それぞれ異なる個性を持つ喫茶カレーの中でも、初めて食べたその瞬間から記憶に焼き付き虜となった上京区にある〈喫茶茶の間〉さんのカレーは、やみつき間違いなしの魅力を秘めています。

クラシカルな喫茶空間。

chanoma3

常連客で賑わう懐かしさに満ちた喫茶空間。

chanoma4

ムードを醸すクラシックデザインの床。

一瞬で虜になるカレーがここに。

chanoma5
ビーフカレーセット(11時〜):950円

ここを訪れたからには迷わずオーダーしたいビーフカレー。ソースポットになみなみと入ったルーを、セルフでかけて楽しむスタイル。刺激的で、だけども家庭的で、実に味わい深いその旨味が味覚に浸透するまでの時間、約0.5秒ほど。ルーだけでもいけちゃいそうなほど美味なのに、ライスに乗ったコーンフレークが放つ快音が、手に持ったスプーンにアクセスをかけてくれるのです。無意識に「これこれ!」と言葉を発したくなる味わいに、一瞬でファンになりました。

chanoma6
バターコーンカレー(11時〜):970円

ビーフカレー以外に、もう一つカレーメニューの存在が。それがこちらの「バターコーンカレー」。バターで炒めたコーンの風味がライス&ルー全域に広がり、絶対的な”美味い”マリーアージュを演出。見た目的に大きな変化はないようだけど、一口食べればコーンに感謝したくなるほど、味覚的存在感は抜群です。食べ終えてもなお舌に残る余韻がその証。

chanoma7
スペシャルブレンド:400円

ホットなカレーを食べた後に飲むホットなコーヒーも、さらにホッとできるから大好きです。ブレンドは、スペシャルブレンドとアメリカンブレンドの2種類。辛いもの食べた後だし、辛さ和らぐ飲み物がいいなという方は、カフェオーレやミックスジュースもあり。

chanoma8

ルーの辛さは、マイルド〜大辛の4段階で選ぶことができ、”普通”でもなかなかガツンとくる味わい。甘めが希望の方はマイルド、辛いものならどんとこいっ!という方は、大辛にチャレンジを。また、+50円で生卵トッピング、+100円でご飯大盛りをいただくことも可能で、なんとルーに関しては一杯までお代わり無料という寛大なサービスも!

〈喫茶茶の間〉

■京都府京都市上京区下長者町室町西入ル南側
■075-441-7615
■7:30〜16:30 L.O 土曜日 9:30〜16:30 日・第2・4土曜休

☆前回の「個性派ミルフィーユとの美味しい出会い。アートなスイーツを求めて〈piu cafe〉へ。~カフェノハナシin KYOTO vol.48〜」はこちらから。

今月のスペシャル

おこもりホテル特集!【Hanako特別プラン】で泊まれるホテルも!…知っておきたいお得情報が満載。おこもりホテル特集!【Hanako特別プラン】で泊まれるホテルも!…知っておきたいお得情報が満載。
TOPに戻る