【京都】憧れの祇園ステイもリーズナブルに!祇園・烏丸エリアにあるスタイリッシュなホテル4軒
2020.07.24

ホテルはアクセス重視の方必見。 【京都】憧れの祇園ステイもリーズナブルに!祇園・烏丸エリアにあるスタイリッシュなホテル4軒

京都の人気観光エリア、祇園・烏丸には魅力的なホテルが満載。そこで今回は、コスパ抜群の祇園・烏丸エリアのホテルをご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.無骨さがたまらないリノベーションホテル。〈RC HOTEL 京都八坂〉/祇園

京都 RC HOTEL 京都八坂
地下のランドリーにはアーティストLyの壁画が。
京都 RC HOTEL 京都八坂
スイッチや蛇口などディティールも凝っている。

蔓がからまる古いマンションをリノベーションした新感覚のホテル。配線が剥き出しになったコンクリート打ちっぱなしの客室に、アンティークの家具が並び独特の雰囲気を作り出している。場所は観光客で賑わう八坂通り沿い。窓からは八坂の塔が見えて、現代的な客室デザインとコントラストのある風景を作り出している。エントランスには小さなバーを併設。

京都 RC HOTEL 京都八坂
コンクリート打ちっぱなしの客室。

現代アーティストの展覧会や屋上での野点など、イベントも開催。

〈RC HOTEL 京都八坂〉
敷地内にはテイクアウト専門のカフェ〈ROCCA&FRIENDS TRUCK〉が出店。
■京都府京都市東山区八坂上町370
■075-354-5406
■2名1室料金 18,000円~ 
■10室 

2.コンパクトなスペースにうれしい機能が満載。〈京都 グランベルホテル〉/祇園

京都 グランベルホテル

東京都内に3店舗構えるデザイナーズホテルの初となる京都店。「祇園の継承×日本のクリエイティブ」をコンセプトに、気鋭のデザイナー斉藤上太郎氏のファブリックと輸入物の家具を組み合わせるなど、和と洋を組み合わせた内装が面白い。コンパクトながら十分な機能と遊びが両立した客室で、「予算は抑えたいが、ビジネスホテルでは味気ない」というお客のわがままに見事に応えてくれる次世代型ホテルといえる。

京都 グランベルホテル
京都 グランベルホテル

〈京都 グランベルホテル〉
1階のレストラン〈TAKEDOKORO竹処〉では、京都の名物など、和洋種類豊富な朝食ビュッフェをいただける。
■京都府京都市東山区大和大路通四条下ル大和町27
■075-277-7330 
■1室26,800円~ 
■全105室

(Hanako特別編集『Hanako TRIP ひみつの京都 完全版』掲載/photo:Kunihiro Fukumori text:Ai Kiyabu)

3.町の人々と交流するアクティビティが魅力。〈THE SHARE HOTELS RAKURO Kyoto〉/烏丸丸太町

京都 THE SHARE HOTELS RAKURO Kyoto
和洋室タイプのスーペリアルーム。
京都 THE SHARE HOTELS RAKURO Kyoto
ライブラリーには、京都の編集者・〈らくたび〉の若村亮さんが選んだ京都関連本が並ぶ。

金沢の〈HATCHi〉などで知られる〈ザ シェアホテルズ〉が京都にも。町とつながるきっかけを提供する場「洛と人をむすぶ路」をコンセプトに、宿泊者だけではなく地域の人も利用できるライブラリー&ラウンジを備える。

京都 THE SHARE HOTELS RAKURO Kyoto
1階には朝・昼・晩と利用できるレストラン「ツナグ」が。名物はフライドチキンとハイボール。唐揚げ1ピース280円~。

屋上には京都御所の緑をのぞむ見晴らしの良いウッドデッキテラスがあり、ヨガなどのイベントも開催。エントランスと中庭には、スーツケースを持った京瓦の守り神「鍾馗さん」の姿が。

〈THE SHARE HOTELS RAKURO Kyoto〉
■京都府京都市中京区常真横町186
■075-221-0960
■1泊1室14,000円(税・朝食別)~ 
■全56室

(Hanako特別編集『Hanako TRIP ひみつの京都 完全版』掲載/photo: Makoto Ito Yoshiko Watanabe text: Ai Kiyabu, Mako Yamato)

4.“本物”にこだわり抜いた妥協のない空間。〈node hotel〉/四条烏丸

〈node hotel〉四条烏丸
【ROOM】現代美術作品をじっくりと鑑賞。「アートコレクターの住まい」をイメーゲストを迎える幻想的な空間。四条烏丸ジした客室。バリー・マッギー、大竹伸朗、荒木経惟ら有名作家の作品が、存在開放感たっぷりの高天井なロビーの頭上感を保ちつつも空間になじんでいる。

スタイリッシュなホテルのコンセプトは、「アートコレクターの住まい」。迫力のある大開口のエントランスから足を踏み入れると、出迎えてくれるのは、ベルナール・フリズや五木田智央など、珠玉の現代美術コレクション。家具やインテリアもホテル独自のデザインで、手仕事によるもの。「茶道や伝統工芸など、京都らしい文化は色々とあるけれど、うわべだけ表現しても意味がない。それよりも、妥協なく〝本物〞を追求する姿勢こそ〝京都らしさ〞だと考えました」とスタッフ。プライベートな空間で、〝本物〞に触れる贅沢な時間を堪能しよう。

〈node hotel〉四条烏丸
【FURNITURE】職人の手仕事を感じる家具。館内の家具はほぼすべて国内外の職人によるハンドメイドで、このホテルのためにデザインされたもの。
〈node hotel〉四条烏丸
【PUBLIC】アートファンのための社交場。展覧会やポップアップイベントなどを行うためのギャラリー、様々な時間帯・用途で使えるレストランを併設。

〈node hotel〉
建築家・高松伸氏が手掛けた斬新な空間。4名で利用できるコネクティングルームもある。
■京都府京都市中京区四条西洞院上ル蟷螂山町461
■スタンダードダブル 1泊1室16,000円〜(朝食付・税込)
■全25室

(Hanako特別編集『Hanako TRIP 今、泊まりたいのはライフスタイルホテル。』掲載/photo:Noriko Yoshimura text:Yoshie Chokki)

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る