東京マリオットホテルのテラス席で「御殿山サクラボックス」を味わう。
2021.04.09

うららかな春の風が吹くテラスで「春の旬」を楽しみたい! 東京マリオットホテルのテラス席で「御殿山サクラボックス」を味わう。

〈東京マリオットホテル〉の1階レストラン〈ラウンジ&ダイニング G〉で、3月13日~4月17日の期間、春を感じる華やかなお料理の三段重「御殿山 サクラボックス」を提供。御殿山庭園の豊かな緑を望む「GOTENYAMA テラス」でうららかな春の風に吹かれながら、優雅なひとときを過ごしてみませんか?
葉月 遊
葉月 遊 / フリーライター、カメラ、デザイン

「雑誌やWebで執筆。昭和レトロやアンティークなど、ノスタルジックなものが好き。」

葉月 遊さんの記事一覧 →

桜の名所「御殿山」で愉しむお花見。

品川〈東京マリオットホテル〉

〈ラウンジ&ダイニング G〉の屋外スペースとして、毎年賑わう「GOTENYAMA テラス」は、江戸時代から桜の名所として親しまれています。そして4月からは新緑が美しい季節が始まり、キラキラ輝く木漏れ日が爽やかなテラスで、お重スタイルの「御殿山 サクラボックス」が味わえます。

品川〈東京マリオットホテル〉
席のタイプはいろいろ。
品川〈東京マリオットホテル〉
ソファタイプの席もあり。

「Gotenyama Sakura Box ~御殿山サクラボックス~」。

品川〈東京マリオットホテル〉

「御殿山 サクラボックス」は2名分からの予約制。真っ白なお重に桜模様の掛け紙が、箱をあけるワクワク感を盛り上げてくれます。“花より団子”とよくいいますが、もうすでにお重に目が釘付けになっています(笑)。

品川〈東京マリオットホテル〉
蓋を開けるとフワッといい香りが漂います。
品川〈東京マリオットホテル〉
さて、どの順番に食べようか……?
品川〈東京マリオットホテル〉
スープは「ミネストローネ」。

春の香り漂う贅沢な「美食」の数々。

品川〈東京マリオットホテル〉

【一の重】
・ハマグリのマリニエール
・海老とホタテのムース カネロニ仕立て
・スコッチサーモンの手毬寿司
・ローストビーフ アスパラ うどのロール仕立て 山椒風味
中央はカブなどを梅酢に漬けた「ピクルス」。

品川〈東京マリオットホテル〉

【二の重】
・筍、コゴミ、そら豆のフリット
・桜鯛のロースト 桜エビのパートと共に
・桜姫鶏のロール ふきみそ風味
・富士桜ポークのカツロ―ル

品川〈東京マリオットホテル〉

【三の重】
・桜ブランマンジェ
・桜求肥スティック
・桜ブールドネージュ
・フィナンシェ
・ボンボンショコラ
・レモンタルト
・抹茶ムース

色とりどりの春を愛で、香りを愉しみ、味わう。

品川〈東京マリオットホテル〉

お重は、前菜、メイン、スイーツの3段で構成されています。

【一の重】は前菜的なお料理が詰まっています。
「ハマグリのマリニエール」は、九十九里産のハマグリと野菜をブルノワ(角切り)にしたものをハマグリの出し汁と合わせてあります。春の海を思い出させるハマグリの味わいがたまらない一品。
「海老とホタテのムース カネロニ仕立て」は、海老とホタテのムースを葛で作ったシートでカネロ二風にしたもので、ふんわりと柔らかくクリーミーな味わいとともにエビやホタテの旨みが口の中に広がります。
「ローストビーフ アスパラ うどのロール仕立て 山椒風味」は、しっとりとしたローストビーフと共に、アスパラやうどのシャキシャキとした食感が楽しめます。
「スコッチサーモンの手毬寿司」は、スコットランド産サーモンを手毬寿司にし、その上にマスの子と粒状のオリーブオイルがのせられています。

品川〈東京マリオットホテル〉
「スコッチサーモンの手毬寿司」。
品川〈東京マリオットホテル〉
「ピクルス」。
品川〈東京マリオットホテル〉
「ローストビーフ アスパラ うどのロール仕立て 山椒風味」。
品川〈東京マリオットホテル〉
「ハマグリのマリニエール」。
品川〈東京マリオットホテル〉
「海老とホタテのムース カネロニ仕立て」。

メインはお魚もお肉も春らしさいっぱい!口の中で春が広がる。

品川〈東京マリオットホテル〉

お次は【二の重】はメインとなるお料理が詰められています。
春の旬をフリットにした「筍、コゴミ、そら豆のフリット」は、サクサクした衣の歯ごたえと山菜の香りがマッチした一品です。
「桜鯛のロースト 桜エビのパートと共に」は、愛媛産の桜鯛に桜エビのパートを付けてローストしたものと、桜の葉を巻き付けています。淡白な味わいの桜鯛に桜エビと桜の葉の香りがよく合います。
「富士桜ポークのカツロール」山梨県産富士桜ポークを、よもぎを練り込んだパンで包んで揚げた“カツサンド”的なお料理。
「桜姫鶏のロール ふきみそ風味」青森産の桜姫鶏に、うるいとふきみそを入れて焼いたものです。春の山菜を代表するふきの苦みと独特な香りと桜姫鶏の相性はバツグンです。

品川〈東京マリオットホテル〉
「桜鯛のロースト 桜エビのパートと共に」。
品川〈東京マリオットホテル〉
「筍、コゴミ、そら豆のフリット」。
品川〈東京マリオットホテル〉
「桜姫鶏のロール ふきみそ風味」。
品川〈東京マリオットホテル〉
「富士桜ポークのカツロール」。

さまざまな食感と風味で春を味わう「スイーツ」。

品川〈東京マリオットホテル〉

最後の【三の重】はスイーツが詰められています。
包み紙に包まれている「フィナンシェ」は、桜風味。しっとりおいしい焼き菓子です。
桜の花の塩漬けがトッピングされた「桜ブランマンジェ」は、甘酸っぱいイチゴも入っています。桜の塩味がアクセントに!
ドライフルーツやグラノーラをマシュマロで固めた「桜求肥スティック」は、求肥のモチモチ食感と、グラノーラのサクサク食感が楽しめる絶妙なスイーツ。
桜の花型のチョコレートがのった「桜ブールドネージュ」は、花弁のようなオレンジをトッピング。
ラズベリーと四角いチョコレートがのせられているのは「ボンボンショコラ」。チョコレートの中に、ラズベリーのクリームとサクサククリスピーな生地がたっぷり。
「レモンのタルト」はレモン風味のタルトに、桜のクリームが詰まっています。
緑で黒豆と金箔が散らされているスイーツは、「抹茶ムース」。抹茶のほろ苦さで後味サッパリ。

品川〈東京マリオットホテル〉
「桜ブランマンジェ」、「ボンボンショコラ」。
品川〈東京マリオットホテル〉
「桜求肥スティック」、「桜ブールドネージュ」。
品川〈東京マリオットホテル〉
「レモンタルト」、「抹茶ムース」。
品川〈東京マリオットホテル〉
「フィナンシェ」。

春の美食を「パチリ!」撮ってじっくり味わう。

品川〈東京マリオットホテル〉

最後に「御殿山 サクラボックス」を味わいながら、その美しさを写真に収めました。ふっくらしたハマグリとカラフルな野菜がキラキラ。

品川〈東京マリオットホテル〉
葛でできた「カネロニ」はツルンとした舌触り。山椒の葉の透け感が美しい。
品川〈東京マリオットホテル〉
オレンジ色がマス子。黄色がオリーブオイルの玉。分かるかな?
品川〈東京マリオットホテル〉
雨露のようなナパージュがキラキラ光るレッドカラントと桜の花びらが芸術的。
品川〈東京マリオットホテル〉
いちごと桜がよく合うブランマンジェ。

食べるのがもったいないと思いつつ、お料理をあっという間に食べてしまいました。そんな儚さも春の桜っぽいですよね(笑)。桜を見逃してしまった人も、御殿山の新緑と旬の食材が織りなす美しい「御殿山 サクラボックス」で春気分を楽しんでみませんか?

〈東京マリオットホテル〉「御殿山 サクラボックス」
■東京都品川区北品川4-7-36 東京マリオットホテル内「ラウンジ&ダイニングG」
■03-5488-3929
■~2021年4月17日(土)
■12:00~17:00
■1名 6,650円(2名より予約制)
※悪天候時は室内での提供となります。※税サ別
公式サイト

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る