【鎌倉の暮らし】コーヒー店オーナー・長谷川瑞穂さん「土地勘もなかったが、地元のお客さんたちとコミュニティが生まれる。」
2020.06.02

Good Lifestyle in Kamakura/vol.3 【鎌倉の暮らし】コーヒー店オーナー・長谷川瑞穂さん「土地勘もなかったが、地元のお客さんたちとコミュニティが生まれる。」

山と海に囲まれて、のんびりしたこの場所には、暮らしを大切にする人達が集まっています。鎌倉だからこそできる特別な時間の過ごし方や、生活や仕事の輪でつながった信頼できるお店を9組のみなさんに教えてもらいました。今回は〈BREATHER COFFEE〉オーナー・長谷川瑞穂さんの鎌倉の暮らしをご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
〈BREATHER COFFEE〉逗子

逗子にある〈ブリーザーコーヒー〉のオーナー夫妻である長谷川瑞穂さんと晃平さん。明るく、立ち寄りやすい雰囲気のお店に、近所のお客さんが次々と吸い込まれていく。「私たちが働いていたメルボルンのカフェのように、フランクに話せるようなカフェを目指しています。従業員は私たち人だけなので、ほとんどの時間をお店で過ごします。その分、楽しく働くということを意識していますね」

〈BREATHER COFFEE〉逗子
〈HOUSE YUIGAHAMA〉直伝!紅茶を発酵させたやさしい酸味のコンブチャ

土地勘もなく、知り合いもいなかったが、フレンドリーなお店に呼応するかのようにやってくる地元のお客さんたちと話し、情報交換。するとコミュニティが生まれる。

〈BREATHER COFFEE〉逗子
〈パラダイスアレイ〉の食パンでつくるシナモントースト!
〈BREATHER COFFEE〉逗子

「逗子・葉山海街珈琲祭を行ったときも、そうしたつながりから什器を貸してくれたり、手伝ってくれる人たちがいました。のんびりだけど、あたたかい」コーヒー一杯とちょっとの元気をもらえる、そんなお店だ。

〈BREATHER COFFEE〉逗子
画家・嶋野ゴローが描いたお店の目印にもなっているオーバーグラスドローイング

【My Hot Places】

1.〈VERVE COFFEE ROASTERS〉/若宮大路
「開放的な空間がメルボルンを思い出させてくれて好きです」

2.〈808Cafe 10R〉/逗子海岸
「野菜たっぷりホットサンドは格別でリピートしてしまいます」

3.〈ticking store〉/逗子
「私のスタンダードな古着屋さんです」

4.〈ちんや〉/逗子
「精米具合を自由に頼めるお米屋さん。ぬかももらえます」

Profile/長谷川瑞穂(はせがわ・みずほ)

メルボルンで夫の晃平さんと出会い、帰国後の2018年、逗子に〈BREATHER COFFEE〉をオープンさせる。

〈BREATHER COFFEE〉
■神奈川県逗子市逗子7-6-33 塩沢ビル 1F
■046-815-6885
■7:00(土日8:00)〜18:00 水休
■10席/禁煙

※新型コロナウイルスの影響で、今号で紹介する店舗や場所の情報は変更の可能性があります。また、外出自粛に関する状況は日々変化します。慎重な判断の上での行動をお願いいたします。

(Hanako1185号掲載/photo:Yumi Saito text:Eriko Matsumoto , Tomohiro Okusa, Akemi Kan , Reina Shirasaka edit:Kei Kimura ,Hanako Kajiyama ,Kana Mizoguchi(Mo-Green)coordination : Yukie Mori (BRISA ))

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る