【料理が好きになるキッチン。】#3 国際薬膳師、家庭薬膳アドバイザー・有田千幸さん
【料理が好きになるキッチン。】#3 国際薬膳師、家庭薬膳アドバイザー・有田千幸さん

【料理が好きになるキッチン。】#3 国際薬膳師、家庭薬膳アドバイザー・有田千幸さん Learn 2022.12.06

キッチンに立つのが楽しければ、毎日の料理はもっと楽しい。 必要なのは収納の工夫?道具の選びかた?暮らし上手の3人の自宅キッチン訪問から、料理時間を支える目からウロコの習慣まで。 理想のキッチンを手に入れるための、「学び」をたくさん集めました。

ダイニングとフラットに融合したキッチン。

シンクのある調理台とダイニングテーブルが境目のないひと続きの平面に。ダイニングテーブルの高さに揃えることで、目線が下がり、部屋全体が広く感じられる効果も。
シンクのある調理台とダイニングテーブルが境目のないひと続きの平面に。ダイニングテーブルの高さに揃えることで、目線が下がり、部屋全体が広く感じられる効果も。
棚の上に調味料や薬膳酒を入れたガラス瓶が並ぶ。「自作の発酵食品など、状況を常にチェックしたいものを目につくところに置いています」と有田さん。鍋類は目立たぬ下段に。
棚の上に調味料や薬膳酒を入れたガラス瓶が並ぶ。「自作の発酵食品など、状況を常にチェックしたいものを目につくところに置いています」と有田さん。鍋類は目立たぬ下段に。

築40年超えの3LDKのマンションを建築家の夫が全面改装したこの家。壁を取り払ってワンルームに改変し、一面の壁に見えるクローゼット収納が部屋と部屋を分ける役目を担っている。まず目に飛び込んでくるのが、〝アイランド型キッチン・ダイニング〞とでも呼べそうな広々とした空間だ。
「従来のカウンターキッチンはダイニングと接していても段差や仕切りがありましたが、思い切って調理台とテーブルを地続きにすることで一体感を持たせました」

特製黒ごまダレを敷いた上に茹でた玄米麺と人参の千切りをのせた和え麺でお昼ごはんに。目の前で調理されるので家族や友人との会話も弾み、皆が積極的に手伝ってくれるという。
特製黒ごまダレを敷いた上に茹でた玄米麺と人参の千切りをのせた和え麺でお昼ごはんに。目の前で調理されるので家族や友人との会話も弾み、皆が積極的に手伝ってくれるという。

モルタル仕上げにウレタンを厚く塗った特注の大型天板にはシンクとコンロが備え付けられている。食べ手の目の前で作った料理をそのままスライドさせて「さあ召し上がれ」。作る人も食べる人も、ずっと一緒に時間を分かち合える。生活感が出てしまいがちな要素である大型冷蔵庫や食器棚、乾物や缶詰などはキッチンの向かいにあるパントリーに隠し、天板の下にはミニ冷蔵庫と電子レンジとオーブンを設置。毎日使う調理器具や調味料のみをキッチン周りに置くようにしているという。
「キッチン背面の棚はもともと主人のレコード棚として作ったのですが、今では完全に調味料や鍋の収納スペースになりました」

棚の上にはガラス瓶がずらり。容器はガラスと決めることで、メーカーや大きさが異なっていてもなんとなく統一感が生まれ、出しっぱなしでも気にならない。棚は天板の高さに揃え、それより上の壁面にはあえて棚を付けず余白を残すのもすっきり見える秘訣だ。LDKという既成概念から解放され、パントリーを別に設けたからこそ広い空間が確保でき、ダイニングとフラットに融合するユニークで温かいキッチンが生まれた。

LEARNING.1 収納場所はキッチンに限らない。

DMA-hanak0841

キッチンと反対側の壁は部屋の間仕切りも兼ねたクローゼットと収納スペースになっている。左側は奥行きが深いパントリーで大型冷蔵庫とワインセラーもここへ。右は食器棚。

LEARNING.2 よく使う道具はワゴンを活用。

名称未設定のデザイン (16)

イタリア〈B-LINE〉の名品「ボビーワゴン」はキャスター付きで側面すべてに回転式の引き出しやポケットがあり、香辛料やカトラリー、秤などを見た目以上にたっぷり収納。

LEARNING.3 第二のシンクを設ける。

DMA-hanak0781

メインのシンクとは別にある「パーティシンク」はお酒を冷やしたりするのに重宝する場所。蛇口の後ろに備えたら野菜の水切りや洗い終わった食器を置くのにとても便利。

LEARNING.4 壁はすっきり、余白を残す。

DMA-hanak0818

グレーの壁にはあえて何も飾らず、試作やオリジナルのレシピをメモした付箋だけが貼られている。「キッチンは野菜の切れ端などをとりあえず漬けてみる実験場でもあります」

photo : Keisuke Fukamizu text : Mari Matsubara edit : Tami Okano

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR