46bfa44ffe55b2b4ce6dfa5cc49f7f72-1-1024x683

ミツバチにもらうもの【親子ではじめるエシカル暮らし・27】 Learn 2021.03.12

食卓で欠かせないもののひとつ。それは、蜂蜜です。

パンとヨーグルトを食べるのが定番の我が家の朝食では、蜂蜜はなくてはならない存在。とくに4歳の息子は「はちみつは〜? はちみつかけて〜」と、毎日うるさいくらいで、我が家のプーさんと呼んでいます。

46bfa44ffe55b2b4ce6dfa5cc49f7f72-1-1024x683

疲れた時は紅茶やハーブティーにいれたり、果物を漬けたり、時にはお菓子作りに使ったりと、使用頻度が高いので、普段使いの蜂蜜は生活クラブの純粋蜂蜜を大瓶で購入しています。長野県で養蜂を続けてきた会社で生産している国産蜂蜜とトレーサビリティ(商品の生産段階から消費段階までの流通経路のことを言います)が徹底された輸入蜂蜜は、クセがなく何にでも使え美味しい上に、値段もお手頃。日々安心して食べられます。

966b576643e184f8cc8a72cced4ee618-1-1024x683

量り売りのお店で購入した非加熱、無農薬のピュアハニーは、爽やかな柑橘の香りが鼻にぬけて「レモンのにおい〜!」と娘の大好物に。

f1b190c9dc5ece669576f5511e665604-1-1024x683

ちょっと鼻が垂れてきたり喉が痛い時はニュージーランドのマヌカの木から採れるマヌカハニー。ものすごいコクだし、高価だけれど、初期の体調不良に効果テキメン。(表記されているMGOという数値が高いほど栄養価も高く、お値段も上がっていきます…)

と、このようにさまざまな場面で味覚の面でも体調の面でも支えてくれている蜂蜜ですが、近年続いているミツバチ減少の危機について、知っているようで深く知らないなあ…と、子どもと読める本を購入してみました。

「ミツバチの本」シャーロット・ミルナー作・絵 (合同出版)
「ミツバチの本」シャーロット・ミルナー作・絵 (合同出版)

当たり前の話ですが、ミツバチがいなければ蜂蜜は手に入らないし、それどころかほとんどの作物は地球から消えてしまうのですよ…ということを含めたミツバチの世界の話が、小さい子にもわかりやすく、大人のわたしも知れる本。

いかにミツバチが働き者で、可愛らしくて、ものすごいコミュニケーション方法を持っていて、決して危険ではないということが、この本を通してよくわかり「へええ〜〜〜!!」と思わず感嘆の声をあげたくなりました。

ミツバチは一億年も前、恐竜が生きていた頃から地球を飛び回っていた。そしてミツバチがいたからこそ、あらゆる生物が地球で生きることができた。そんなミツバチがこの数十年で急速に減り危機に瀕している。ミツバチの暮らせる野花や草が育つ場所が減っていること、農薬使用の増加、気候の急変といった、わたしたちの暮らしの変化がミツバチに大きな影響を与えていると思うと、気持ちが震えます。

この本の最後にはミツバチのためにできることが書いてありました。

それは庭や、庭がなければプランターに、ミツバチの好きな花をたくさん植えること。そしてその花を薬品を使わず育てること。

DSCF8106-1-1024x683

刺すと針ごとお腹もちぎれてしまう(つまり死ぬ)ミツバチは、滅多なことがないかぎり刺すことはなく、ただコロニー(一匹の女王蜂を中心に集団で生きているミツバチの群れのこと)のために蜜を集めたいだけ。ちっとも怖い存在ではないのです。

春がやってきます。ミツバチが好きだという花や草をたくさん植えながら、ミツバチのこと、この世界の問題とわたしにできることを、もっともっと知っていきたいな、と思うのです。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR