京都 鞍馬寺

本山順子の迷子のお守り〜お寺と神社、お散歩アラカルト〜 【京都】義経ゆかりの地!大自然に囲まれた〈総本山 鞍馬寺〉を参拝 Learn 2022.06.04

モデル・本山順子が神社仏閣、教会や寺院を国内外問わずご紹介する本連載。第89回は京都の鞍馬山に街詣で。現在放送中の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で登場する源頼朝の腹違いの弟・源義経“牛若丸”が幼少期に修行したと伝えられている〈鞍馬寺〉にお伺いさせていただきました。以前、この連載でも登場した鎌倉の〈鶴岡八幡宮〉に訪ねて以来ずーっと気になっていたので、念願叶っての参拝です。それでは早速!詣でましょ〜う!

京都 鞍馬寺
京都 鞍馬寺
京都 鞍馬寺

京都市街からバスを乗り継いで向かうこと1時間。青紅葉の新緑に映える真っ赤な灯籠と仁王門がどどんと現れます。秋の紅葉の季節や雪景色もさぞ美しいでしょうね〜!そして〈鞍馬寺〉ではなんと狛犬ではなく“阿吽の虎”さんがいらっしゃるんです。それは御本尊のうちの一尊である毘沙門天のお使いの神獣で、その毘沙門天の御出現がトラの月、トラの日、トラの刻であったことから、特に大事にされているのだそう。表情豊かでかわいらしい!

京都 鞍馬寺

しばらく進むと朽ちた鳥居とお社跡がある一帯が。こちらには鬼一法眼社と魔王の滝があったようです。朽ちてはいるのですが不思議と寂しい感じがしないのはきっとこの場所がきちんと整備されていて、お寺の方々が気に留めていらっしゃっているからなのではと感じました。帰り際には、野生のたぬき(初めて見ました!とってもかわいい!)もお散歩していて、動物たちにとっても憩いの場所のようです。

京都 鞍馬寺

ひゃー!っと素っ頓狂な声をあげてしまうほどの大きな杉の木が3本、その前には素敵な立派な割拝殿がお目見え。真っ直ぐに天を衝くように伸びる御神木の“大杉さん”は京都市天然l記念物に指定されていて、樹齢はなんと800年。

京都 鞍馬寺
京都 鞍馬寺

〈由岐神社〉はこの鞍馬の土地に元々いらっしゃった神様で〈鞍馬寺〉の鎮守社。御祭神は大己貴命(大国主命)。そして10月22日には日本三大火祭・京都三大奇祭である「鞍馬の火祭」が行われます。叡山電車の鞍馬駅にはお祭りで実際に使われる大きな松明が展示されていました。この松明に火を灯して街を練り歩く様子は、きっとすごい迫力でしょうね〜!

京都 鞍馬寺

風が気持ちいいこの季節、木漏れ日が美しい、くねくねとしたつづら折り参道を鳥やカエルの声、虫の羽音に耳を傾けて歩くこと15分ほどで中門に辿り着きました。中門の前には先ほどの鬼一法眼社と魔王の滝の鳥居の一部や祠らしいものが大切に保管されていて、なんだかその様子がしっとりと美しく目に映ったのが印象的でした。

京都 鞍馬寺

それからさらに転法輪堂を抜けて15分ほど歩くと本殿金堂に到着です。なんと言ってもこの石畳に刻まれた金剛床が印象的ですよね!御本尊は尊天様。毘沙門天、千手観世音、護法魔王尊の三身を一体として“尊天”と称する唯一無二の大変珍しい御本尊が祀られていらっしゃいます。

京都 鞍馬寺
京都 鞍馬寺

さらに本殿金堂の先に進み、奥の院へ。こちらからは一層、自然が深まり瑞々しくも荘厳で、この土地そのものの力が感じ取れるような一帯に足を進めていきます。15分ほど登った山頂の大杉権現社の御神木は倒木し、お社も無くなっていましたが、この土地からの力は存分に感じ取ることができました。

京都 鞍馬寺

5分ほど下り、鳥やカエルの会話が賑やかな不動堂を抜け、さらに下った所に鎮座するのは奥の院魔王殿。その名の通り、魔王尊を祀られています。魔王と聞くとびっくりされるかもしれないのですが、この辺りはまるで朝のように新鮮で清らかな空気が立ちこめており、不思議と何かがピッタリ止まっているように感じるんです。私はこの場所が鞍馬山のおヘソなのかなぁと感じました。

登るにつれて、全く異なる空気を纏う鞍馬山。大自然に包まれてゆっくりと呼吸をし、思い思いに時間を過ごすと、自分の生まれ持った本来の五感を取り戻せるような感覚があります。街の喧騒に疲れたり心がざわつくときは、自分の気持ちにそっと耳を傾けて自然に身を委ねてみることこそがなによりの薬だなぁと感じ、力みなぎる良い参拝となりました。感謝。それでは皆様も良い参拝を〜!

〈総本山 鞍馬寺〉

https://www.kuramadera.or.jp/

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR