徳成さん連載 第36回

餃子がもっともっと好きになる情報満載! 料理研究家ウー・ウェンさん、再び!包まない餃子「肉餅」を学ぶ〜徳成祐衣の果てしなくギョーザな日々〜 Learn 2022.03.09

〈クックパッド〉広報の徳成祐衣さんが、愛してやまない餃子の絶品おうちレシピやとっておきのお店を紹介する連載。第36回は、憧れの料理研究家、ウー・ウェンさんのご自宅で包まない餃子「肉餅(ロービン)」を学んできました。

徳成さん連載 第36回
徳成さん連載 第36回
徳成さん連載 第36回

ささっと丸く生地を広げるウー先生。その上に200〜300gほどある餡を1/4のスペースを残し、のせていきます。素人の私はこれを包むなんて、生地が破れてしまうのではないかと勝手に不安になってしまったのですが、ウー先生はいとも簡単に生地を持ち上げながら折りたたんでいきます。す、すごい…!

徳成さん連載 第36回
徳成さん連載 第36回

あっという間に餡が見えなくなりました。先生の手でまあるく整えられ、このまま焼くのかと思いきや、それをさらに綿棒で伸ばします。たっぷりの餡が詰まっているだけではなく、折り畳まれて層になっているなんて信じられない!軽々と美しく仕上げるウー先生にうっとり。

徳成さん連載 第36回
徳成さん連載 第36回
徳成さん連載 第36回

弱めの中火で熱したフライパンに入れたら一度ひっくり返し、フタをして時々返しながら焼くだけ。「餃子よりあっという間でしょ!」という先生の言葉にハッとしました。いくつも生地を伸ばし、ひとつひとつ包む餃子より早くできるメニューなのです。なるほど、小麦粉生地に野菜と肉の餡。これは「包まない餃子」…日本ではそう言ってもいいのかも。

徳成さん連載 第36回
徳成さん連載 第36回

焼き上がりを切ると、蒸気がふわ〜!そそられる焦げ目とその香りに思わず微笑んでしまいます。切り口を見ると層ができているのが分かります。外は香ばしくカリッと、中は蒸されていて、じゅわっとしっとり、絶品です。お箸が止まりません。ウー先生の味付けは、多くの香辛料が入っているイメージの中国料理とは全く異なり、お肉の旨味と野菜の風味が絶妙に感じられるものでした。食べれば食べるほどカラダが喜んでいるような気がする…というより、カラダが欲しているのかもしれない。

徳成さん連載 第36回

ウー先生はお会いすると毎日の料理で健康になる「医食同源」の知恵を教えてくださいます。“心身ともに健康を保っていくことが大事ないまこそ、特別な料理ではなく、旬の食材を使った毎日の料理が一番大切だ”ということ。食べたものがカラダを作っていく。こんな世の中だからこそ、自分や家族のカラダを守るためにいいもの、おいしいものを食べた方がいい。当たり前のことに気付かされます。

徳成さん連載 第36回

貴重なお話を伺っているうちに、トマトとふわふわ卵のスープも出来上がっていました。餃子と同じく、完全食である肉餠とビタミンとタンパク質が摂れるスープ。素材の持ち味が最大限に引き出されていて本当においしい。

家庭で健康になる、健康を作っていく。自然体でそれを体現しているウー先生は、やっぱり私の憧れです。包まない餃子ともいえる、肉餠。みなさんもぜひ作ってみてくださいね。

過去の連載はこちら


徳成祐衣の果てしなくギョーザな日々。 一覧

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR