京都 RAU

「色」をテーマにした魅惑のショコラ。 【京都発・バレンタイン期間限定】まるでアート。美しすぎるチョコレートで話題の〈RAU〉が東京進出! Learn 2022.02.07

2月に入り、バレンタインのチョコレート選びを楽しんでいるスイーツ好きの皆さんへ朗報です!2019年に京都でスタートしたパティスリー「RAU」が2月14日(月)までの期間で東京にも進出。「いつか見たことのある風景、情景」を独自の感性により表現したという話題のビーントゥーバーチョコレートをレポートします!

「玉川髙島屋」本館6階。50店舗以上のショコラトリーが出展。
「玉川髙島屋」本館6階。50店舗以上のショコラトリーが出展。
世界中から集められた名だたるショコラティエの出展ブースが並ぶ催事場。その中で、エレベーターを出て左端に位置するお店が〈RAU〉。
世界中から集められた名だたるショコラティエの出展ブースが並ぶ催事場。その中で、エレベーターを出て左端に位置するお店が〈RAU〉。
ショーケースがないのが目印。美術品のように並べられたチョコレートのサンプルは、全て本物です。
ショーケースがないのが目印。美術品のように並べられたチョコレートのサンプルは、全て本物です。

期間限定でオープンする『RAU Valentine’s Pop Up Shop』。都内では「池袋西武百貨店」と「玉川髙島屋」の二箇所で出店しています。今回は、「玉川髙島屋」本館6Fで開催中の、年に一度のショコラの祭典『アムール・デュ・ショコラ』に潜入しました!

「色」を表現したボンボンショコラ。

「Iro-Iro」(2粒:864円 / 6粒:2,484円 / 9粒:3,564円)※写真は9粒。
「Iro-Iro」(2粒:864円 / 6粒:2,484円 / 9粒:3,564円)※写真は9粒。
左から「Lemon」「Fuji」「Ao」。
左から「Lemon」「Fuji」「Ao」。
2粒はちょっとしたご褒美に最適。シンプル可愛いパッケージは、食べ終わった後名刺やカード入れにも使っても◎。
2粒はちょっとしたご褒美に最適。シンプル可愛いパッケージは、食べ終わった後名刺やカード入れにも使っても◎。

RAU CHOCOLATEのボンボンショコラは、宝石のような菱形のチョコレートの中心に、それぞれの色の線が一本入ったアイコニックな形。「Shiro」「Midori」「Beni」など、それぞれに色の名前が付けられた全9種類です。9つの色それぞれがシェフの思い描く色からインスパイアされる風景をイメージしたフレーバーになっているんだとか。いろんな色、いろんな味わいの詰まったという想いがこもった「Iro-Iro」という名前も印象的!

京都 RAU

その中でもどんな味がするのか気になった「Fuji」と「Murasaki」を試食してみました。「Fuji」は「水が輝き、花が咲き誇る季節」をイメージしたビターボンボンショコラ。華やかなショコラの味わいと共に、湖のほとりでお花見をしているような感覚に。「Murasaki」は、樽熟成させた赤ワインのような深みがあり、葡萄畑やワイナリーの情景が浮かんできました・・・!単にチョコレートを食すだけでなく、その香りや味わいとともに世界中を旅している気分になれる魅惑の食体験。ぜひ、目を閉じて、ショコラが紡ぐ情景を頭の中でイメージしながら楽しんでみて。

シンプル、だけど斬新。「Nami-Nami」。

「Nami-Nami」(3本入:1,512円/6本入り:2,700円 / 12本入り:5,400円)。
「Nami-Nami」(3本入:1,512円/6本入り:2,700円 / 12本入り:5,400円)。
左から「抹茶(ゴマサブレ)」「プラリネ(プレーンサブレ)」「ショコラ(ショコラサブレ)」。
左から「抹茶(ゴマサブレ)」「プラリネ(プレーンサブレ)」「ショコラ(ショコラサブレ)」。
京都 RAU

フランスと京都の街で見た屋根瓦の風景や形状をイメージした「Nami-Nami」は、お店で一番人気の商品。
プレーン・ショコラ・ゴマの波型サブレに、それぞれ3種の軽やかなクリームと濃厚な板チョコレートを挟んだ、サクサク食感の楽しいクリームサンドチュイールです。どこから見ても美しい見た目にうっとり…!ギフトやおもたせにすると、ぎゅっと敷き詰められた箱の中身に、きっと嬉しい驚きを届けられますよ。

「Tablet Gateau Chocolat」(Bitter/Gin:2,138円 、Milk/Rum:1,944円)※写真はBitter/Gin。
「Tablet Gateau Chocolat」(Bitter/Gin:2,138円 、Milk/Rum:1,944円)※写真はBitter/Gin。
京都 RAU

ビーントゥーバーの風味をダイレクトに感じるタブレットショコラを模したガナッシュと、クリームのしっとり食感を同時に楽しめる贅沢なガトーショコラ。チョコレートの奥深さを知りたいならぜひ選んで欲しい!

「キャラメルサンドクッキー」3枚入:1,744円、5枚入:3,121円。
「キャラメルサンドクッキー」3枚入:1,744円、5枚入:3,121円。

表面を香ばしくキャラメリゼしたクッキーに、きび砂糖を使用して焚き上げた自家製バターキャラメルクリームを挟んだキャラメルサンドクッキーも隠れた人気を誇るお菓子。バニラビーンズをたっぷりと使用した優しい甘さのバニラキャラメル味と、キャラメルクリームの中にピーナッツの自家製プラリネを挟んだ塩プラリネ味の2種類です。とろけ出さないようギリギリまで柔らかさを調整した滑らかなクリームと、ほろほろとした優しい食感のクッキーの組み合わせがたまらない…!

「オランジェット」2,700円。
「オランジェット」2,700円。

皮の苦みや柑橘特有の鮮烈な香りから、果実を丸ごとかじった時のような味の力強さを感じられる「オランジェット」。気づいたらなくなっている程中毒性があるので、複数買いをおすすめします。

京都 RAU

まるでアート作品のような見た目と、バリエーション豊かな味わいで想像力を掻き立てるパティスリー〈RAU〉。都内で購入できるのはバレンタインまでの期間限定です。売切必至なのでお早めに。

『RAU Valentine’s Pop Up Shop』

【出店店舗】
※いずれも2月14日(月)までの期間限定

■東京
・池袋西武百貨店(豊島区)
・玉川髙島屋(世田谷区)

■東海・関西
・あべのハルカス近鉄本店(大阪)
・大阪髙島屋(大阪)
・ジェイアール京都伊勢丹(京都)
・京都髙島屋(京都)
・ジェイアール名古屋タカシマヤ(愛知)※Nami-Nami、Iro-Iroのみ

〈RAU〉
■京都市下京区河原町通四条下ル2丁目稲荷町318-6 1F/3F
■10:00~20:00
■不定休
公式サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR