グランスタ幅広
グランスタ正方形v2

夜飲みは東京駅で決まり! ジャンルは色々!リニューアルした〈グランスタ八重北〉で食べたい、多国籍グルメ5選 Food 2022.11.18PR

JR 東日本東京駅構内八重洲北口の改札外にある商業施設〈グランスタ八重北〉に新たな店舗が仲間入り。和食はもちろん、台湾、韓国、イタリアなど、様々なジャンルの飲食店がオープンし「夜飲みにぴったり!」と話題なんです。そんな注目スポットをハナコラボ パートナーがリポート。おすすめの5店舗とともに、施設の魅力を紹介します。(PR/JR東日本クロスステーション)

グランスタ八重北をハナコラボ パートナーが体験!

左から斉藤アリスさん、木村ミサさん。
左から斉藤アリスさん、木村ミサさん。

「東京駅はよく利用する」という、ハナコラボ パートナーでモデルの斉藤アリスさんと木村ミサさん。「帰省する際に新幹線を利用するため、空き時間にごはんを食べることが多いです。グランスタ八重北は知人におすすめされていたのでずっと気になっていました」(斉藤さん)。「私も仕事帰りなどに立ち寄ってごはんを食べることが多いですね。多国籍料理が集まっていると聞いたので、いまからわくわくしています」(木村さん)。はやくも胸が高鳴る2人。夜のグランスタ八重北で、おいしいお酒と料理をいただきます!

【注目グルメ1】東京駅で台湾にいるような気分に!〈日式台湾食堂 WUMEI(ウーメイ)〉

「飯・麺線セット」1,320円。小鉢2品は、数種類の中から日替わり。
「飯・麺線セット」1,320円。小鉢2品は、数種類の中から日替わり。
左から「WUMEI 名物搾菜」330円、「おつまみトマト」440円、「台湾オムレツ」770円、「WUMEI 特製水餃子」5個 440円。
左から「WUMEI 名物搾菜」330円、「おつまみトマト」440円、「台湾オムレツ」770円、「WUMEI 特製水餃子」5個 440円。
左から「小籠包」2粒 440円、「アボカドチーズ」550円。
左から「小籠包」2粒 440円、「アボカドチーズ」550円。
ドリンクは冷蔵庫から直接取るスタイル。
ドリンクは冷蔵庫から直接取るスタイル。
左から「台湾ビール パイナップル」「台湾ビール マンゴー」各660円。
左から「台湾ビール パイナップル」「台湾ビール マンゴー」各660円。
乾杯!
乾杯!
店内は、台湾の飲食店をイメージ。
店内は、台湾の飲食店をイメージ。

日本人好みに味付けした台湾のローカルフードを始め、系列の中国料理店〈御殿場 名鉄菜館〉から伝わる中華スパイスの効いた料理など、豊富なメニューがお手頃価格で食べられるのが魅力。まずは、店内にある冷蔵庫から好きなドリンクを選びます。1番人気は台湾発のフルーツビールで、週末は70本売れることもあるとか。「開けた瞬間からフルーツの甘い香りが。アルコール度数も2.8%と低いから飲みやすいです」(斉藤さん)。
乾杯したあとは、お待ちかねの料理。まずは、たくさんある一品料理の中から6品注文。中でも「WUMEI 名物搾菜」は、塩抜きして、醤油やラー油、胡麻油などを配合した名鉄菜館のオリジナルメニュー。

麺線のとろとろ食感に感動!
麺線のとろとろ食感に感動!
小籠包は火傷しないように、肉汁をすすってから…。
小籠包は火傷しないように、肉汁をすすってから…。
おいしいお酒と料理をいただきながら、2人の会話は弾みます。
おいしいお酒と料理をいただきながら、2人の会話は弾みます。

「『おつまみトマト』や『アボカドチーズ』など、女性が好きそうなおつまみをちょこちょこつまめるのはうれしい。切り干し大根が入った『台湾オムレツ』は新鮮で、自宅でも再現してみたいと思いました」(木村さん)。
メインは選べるご飯料理(魯肉飯をチョイス)と台湾のソウルフード「麺線」、小鉢2品がついた「飯・麺線セット」をシェア。「麺線は想像以上に麺がとろとろで驚き。もつ煮込みや鰹出汁のスープは臭みもないですし、セットの魯肉飯との相性もぴったり」(斉藤さん)。

ジャンルは色々!リニューアルした〈グランスタ八重北〉で食べたい、多国籍グルメ5選

〈日式台湾食堂 WUMEI(ウーメイ)〉
■1F 八重北食堂
■03-6665-7686
■11:00~23:00(LO22:30)
■43席

【注目グルメ2】新しいインド料理に出会える。〈Bangera’s Spice Bistro & Cafe〉

左から「カマンベールチーズ・クルチャ」900円、「インド風スコッチエッグカレー」1,400円。
左から「カマンベールチーズ・クルチャ」900円、「インド風スコッチエッグカレー」1,400円。
奥から「ひよこ豆のサラダ」550円、「ココナッツオイルのエビのアヒージョ(リーフブレッドつき)」990円。
奥から「ひよこ豆のサラダ」550円、「ココナッツオイルのエビのアヒージョ(リーフブレッドつき)」990円。
「MR バンゲラ気まぐれデザート」600円。
「MR バンゲラ気まぐれデザート」600円。
インドのビールは初体験!
インドのビールは初体験!
2人が注文したのは、インド発のクラフトビール「BIRA」各858円。そのほか、ウイスキー、カクテル、ワインなど種類豊富。
2人が注文したのは、インド発のクラフトビール「BIRA」各858円。そのほか、ウイスキー、カクテル、ワインなど種類豊富。
本格的なバーカウンターもある店内。
本格的なバーカウンターもある店内。

木村さんもファンだという、日本初の南インド・マンガロール料理専門店として人気を博した〈バンゲラズキッチン〉の姉妹店。インド全域の郷土料理に加え、現地で愛されるインド中華、各国料理とのコラボレーションなど、独創的なメニューがいただけます。
まずは、インドで人気のクラフトビール「BIRA」で乾杯。前菜は、ベジタリアンが多いインド・中東でよく食べられる豆料理「ひよこ豆のサラダ」と、スペイン料理のアヒージョとインドでよく使われるココナッツオイルを組み合わせた「ココナッツオイルのエビのアヒージョ」。「『ひよこ豆のサラダ』は、パプリカやきゅうりと一緒にスパイスで和えているから意外とさっぱり」(斉藤さん)。

大きなスコッチエッグに驚く2人。斉藤さんは、クルチャの上にスコッチエッグをのせ、カレーをON。
大きなスコッチエッグに驚く2人。斉藤さんは、クルチャの上にスコッチエッグをのせ、カレーをON。
「クリーミーなアヒージョは初めて。セットのリーフブレッドにつけて食べるのがたまらない!」(木村さん)
「クリーミーなアヒージョは初めて。セットのリーフブレッドにつけて食べるのがたまらない!」(木村さん)
おいしい料理とお酒ですっかり上機嫌。
おいしい料理とお酒ですっかり上機嫌。

メインは「インド風スコッチエッグカレー」。ゆで卵をマトンキーマで包んで揚げたスコッチエッグは食べ応え抜群。外と中にカマンベールチーズを入れ、香ばしく焼き上げた小麦粉のパン「カマンベールチーズ・クルチャ」を添えて。「辛口だけど、まろやかで老若男女に愛される味。辛さ調節できるので、もっと辛いのでもいいかも。ビールがすすみます」(木村さん)。

ジャンルは色々!リニューアルした〈グランスタ八重北〉で食べたい、多国籍グルメ5選

〈Bangera’s Spice Bistro & Cafe〉
■1F 八重北食堂
■03-6665-9673
■11:00~23:00(フードLO22:15、ドリンクLO22:30)
■カウンター11席、テーブル20席

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR